29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

ELECOM ビジネスバッグ BM-BG01BKは通勤用バックにおすすめ!

      2018/04/22

今回は、2か月ほど前に購入した通勤用のビジネスバッグが、とても使いやすかったのでご紹介します!

仕事や通勤に使用しているビジネスバッグの肩紐が取れそう!?

とある仕事で遠方に出張に行かなければならなくなり、荷物をビジネスバッグに詰めていた時のこと。
荷物をバッグに詰め終わり、チャックを閉めようと、ふとバッグのサイド部分をみると、肩紐とバッグをつないでいる部分の肩紐の糸がほつれ、肩紐が今にも取れてしまいそうな様子。

これでは困る、ということで、出張が終わって帰ってきたら、ビジネス用のバッグを買い換えることに。

肩紐だけを買い換えるのでもOKだったんですが、バッグ自体も長年使用しており、かなり各所が傷んでいました。
そのため良い機会だと思い、バッグ自体を買い換えることに。

仕事や通勤に使用する新しいビジネスバッグに求める条件

はるるが、仕事や通勤に使用するビジネスバッグに求める条件は以下のとおり

ノートパソコンに追加して、多少の荷物が入るサイズであること

はるるの仕事は、頻繁に出張や宿泊が必要な遠方への外出があるわけではありません。
外出があったとしても、月に数回片道1~2時間程度の場所への出張くらいでしょうか。

そのためバッグの主な使用用途は、自宅と会社の往復、つまり通勤です。

仕事柄、ノートパソコンは必須ですが、それ以外に必要な物はあまりありません。
他にはペンとノートなどの筆記用具が入れば十分。

ただ通勤の際は、他に仕事用の資料や書籍などを入れるので、ノートパソコンに追加して、多少の荷物が入るサイズのものが必要です。

軽いこと

高級なかばんでありがちなのが、バッグ自体がとても丁寧に作られており、かなり重いこと。

あれ、見た目の高級感がスゴイし、きっと頑丈で壊れなそう。
だから一見すると、とても良さそうに感じます。

ですがビジネスバッグは、移動の際に荷物を持ち運ぶためのもの

だから軽いに越したことはありません。
バッグ自体が重いと、中に入れている荷物の重さとあいまって、移動の際に手や肩がすぐに痛くなってしまうので。

肩紐が付属する、または付けられること

はるるは自宅から会社まで20分ほどの道のりを、毎日雨の日も風邪の日も自転車で通勤しています。
この時、精密機械であるノートPCを入れたバッグを、自転車のかごに入れておくと、ガタガタとした振動でノートPCが壊れてしまいそうな気がします。

そのためはるるは通勤の際には、自転車のかごにビジネスバッグを入れず、肩紐を使って肩にかけて持ち運んでいます。

また出張で長距離を歩く際は、重い荷物を手で持っていると、すぐに手が疲れてしまうため、なるべく肩にかけて移動するようにしています。

以上のような理由から、肩紐は必須です。

最初から付属するのがベストですが、別売で肩紐を付けられるなら、それでもOKです。

これまでに挙げた3つの条件を満たす、仕事・通勤用のビジネスバッグを探そうと、『通勤用 ビジネスバッグ』、『通勤用 ビジネスバッグ ノートパソコンが入る』といった検索キーワードで検索を行い、見つかったページを見ていると、なんとそのものズバリなバッグを発見!

しかもこれが、はるるがビジネスバッグに求める条件をすべてクリアしており、とても良さそうな感じ。
というわけで、さっそくこのバッグを購入することに。

ELECOM 通勤用ビジネスバッグ BM-BG01BKを買いました!

こちらがはるるが購入したELECOM(エレコム)さんの通勤用のビジネスバッグ、BM-BG01BKです!

ELECOMの通勤用のビジネスバッグ BM-BG01BK

販売元のELECOMさんの商品紹介ページによると、その最大の特徴は、『通勤にこだわる』、『通勤用 BUSINESS BAG』とのこと。

BM-BG01BKの製品の特徴が記載されたメーカーのwebページのスクリーンショット

(ELECOM – BM-BG01BK商品紹介ページより引用)

この通勤用に細部までこだわった作りが、はるるのビジネスバッグの使用用途にピッタリだった、というのが購入の一番の決め手。

実売価格は6,000円前後!

BM-BG01BKは、2016年1月現在の定価が、税抜き13,320円、税込み14,386円と結構高いです。
ただAmazonさんでは、税込み6,000円弱で販売されているので、とても高額で買いづらい、というわけではありません。

1万円を超えると高いなぁと感じますが、6,000円前後であれば、他のバッグに比べ安価で買いやすいんじゃないでしょうか。

ELECOM 通勤用ビジネスバッグ BM-BG01BKの特徴

はるるが購入したBM-BG01BKは、以下のような特徴を持っています。

ELECOMさんが開発しているビジネス用バッグシリーズ、BIZGEAR SERIESの一つ

BM-BG01BKは、ELECOMさんが開発しているビジネス用バッグシリーズ、BIZGEAR SERIESの一つで、通勤用ビジネスバッグであることを売りにしています。

BIZGEAR SERIESのロゴ

BIZGEAR SERIESでは、通勤用ビジネスバッグであるBM-BG01BKに加え、営業用ビジネスバッグ(BM-BG02BK)出張用ビジネスバッグ(BM-BG03BK)が販売されています。

BIZGEAR SERIESの製品ラインアップ

(ELECOM – キャリングバッグ商品紹介ページより引用)

詳細は後述しますが、BM-BG01BKでは通勤に特化したさまざまな工夫が施してあり、とても便利です。

軽い!大きめのノートPCが入る!

BM-BG01BKは、バッグ自体の重さが約950gと、比較的軽いバッグと言えます。
これは材質がポリエステルであることに由来するのではないかと。

この軽さのおかげで、バッグが重くて持ち歩きが大変!
なんて感じることは一切ありません。

またバッグのサイズは、外形が幅430mm×奥行130mm×高さ330mmと、大きめです。
これにより、最大16.4インチ相当のノートPCが入るそうです。

ただこれはノートPCの液晶モニタの周りのベゼルの幅によっては入らない可能性もあるので、事前にPC収納部の内寸をよく確認された方が良いでしょう。
PC収納部の内寸は、幅385mm×奥行45mm×高さ260mmです。

肩紐が付属している!

はるるのビジネスバッグに求める必須条件のうちの一つである肩紐、BM-BG01BKでは標準装備です。(取り付け・取り外しが可能。)
しかも肩当てパッドのようなものが付いており、肩に肩紐が食い込まず、重いものを持った際の痛みがかなり軽減されます。

BM-BG01BKの肩紐

ちなみにこの肩当てパッド、肩に当てる内側の面に滑り止め加工がしてあるため、滑りにくいのも素晴らしいです。

さらにさらに、肩紐が絡まってもすぐに解除できるように、肩紐の回転による肩紐のねじれを吸収する仕組みのフックになっています。

肩紐のねじれを吸収する機構

そして肩紐を装着するバッグ側の留め具は金属&頑丈な革製です。
これはそう簡単には壊れなそう!

こういった肩紐周り一つとっても、よく考えれているなぁ、と関心。

取っ手がやわらかソフト素材で覆われており、痛くない!

こちら、BM-BG01BKの取っ手部分。

BM-BG01BKの取っ手を持っている様子

取っ手の周りがやわらかソフト素材で覆われており、重い荷物を入れた際にも、手が痛くなりにくいように配慮されています。

取っ手を一つに合体することはできません!

重い荷物を運ぶバッグでは、搭載されていることが多い機能の一つに、取っ手を一つに合体する機能があります。

BM-BG01BKではこの機能は搭載されていません。
その代わり、取っ手がバラバラにならないようにまとめるような機能が搭載されています。

BM-BG01BKの取っ手をまとめておくためのボタン

ボタンを外して、もう片方の取っ手とまとめてボタンをとめることで、取っ手がバラバラにならないようにまとめることはできますが、取っ手を一つに合体するような仕組みとは少し違います。

とても豊富な収納スペース!

BM-BG01BKには、通勤の際に便利な多数の収納スペースが用意されています。

そこでここからは、そのとても豊富で便利な収納スペースについてご紹介します!

取り出しやすいペットボトルホルダー!

このバッグでは外側の取り出しやすい位置に、500mlのペットボトルを入れておくためのスペースがあります。

BM-BG01BKのペットボトルホルダー

中身は以下のように防水素材で作られており、夏場などの暑い時期にペットボトルの外側が結露で濡れてしまっても、バッグの内部に水分が浸透してしまわないように工夫されています。

BM-BG01BKのペットボトルホルダーの内装

またこのスペースは防水加工されているため、ペットボトルの代わりに折りたたみ傘を入れておいても良いそうです。
たしかにこの位置であれば、サッと折りたたみ傘を取り出せるので、突然の雨の際にも安心ですね!

ペットボトル入れの横には、よく使うものを入れておくスペースがある!

先ほどご紹介したペットボトル入れの左側には、よく使うものを入れておくための大きめのスペースが、外側と内側の2箇所に存在します。

BM-BG01BKのペットボトルホルダー横の荷物入れ

まずは外側ですが、このようにA4用紙よりも一回りほど小さいサイズのポケットとなっています。

荷物入れ外側の収納スペースの内部

ここには訪問先の地図を印刷したものや、受付の際に提出する書類なんかを入れておくと、さっと取り出せるので便利ではないかと。

次に内側のスペースですが、こちらはファスナーを全開にすると、かなり大きく開けることが可能です。

荷物入れ外側の収納スペースの内部

ここにはペン差しやスマホサイズのガジェット(ウォークマンやポケットWi-Fiなど)を入れておくためのポケットが用意されています。

荷物入れ外側の収納スペースの内部の各種ポケット類

またこのスペースには、10インチのタブレット(画像のタブレットはXperia Z4 Tablet SGP712)も余裕で入るので、通勤電車の中でタブレットを取り出す際も楽チン!

荷物入れ外側の収納スペースに10インチのタブレットを入れている様子

またこのスペースには、以下のようなプラスチック製のフックが付いています。

荷物入れ外側の収納スペース内部に設けられたフック

このフックは通常時、バッグの中に隠れているので、自宅の鍵やパスケースを付けておくと便利かも。

バッグ背面には、大きめの書類が入る書類入れを装備!

こちらはこのバッグの背面。

BM-BG01BKの背面

この面には、A4サイズの書類を折りたたまずに入れられる、大きめの書類入れがあります。

BM-BG01BKの背面の書類入れ

大きさの目安として、10インチのタブレットを入れようとすると、こんな感じになります。

BM-BG01BKの背面の書類入れに10インチのタブレットを入れている様子

ちなみにこの書類入れ、入れるところにはファスナーの代わりに磁石がついており、パチと開け閉めができるので、開閉が簡単です。
反面ファスナーでしっかりと、入口を閉じることができないので、重要な書類などを入れるのは避けた方が良いでしょう。

尚、バッグ全体の大きさを10インチのタブレットと比較すると、こんなサイズ感となります。

BM-BG01BKと10インチタブレットとのサイズの比較

メインとなる荷室は、大きめの1気室!

メインとなる荷室は、以下のようにファスナーがバッグの高さの半分ほどまで開くようになっており、かなり大きく開けることが可能です。

BM-BG01BKのメインの荷室の内部の様子

こちらが内部の小分けポケット部。

BM-BG01BKのメインの荷室内部のポケット類

こちらにも小さめのポケットが多数用意されており、各種電子機器や薬などの小物を入れておくのに活用できます。
またポケットの一部には、機材の飛び出し防止用に面ファスナー(マジックテープ)が用意されています。

次に荷室内のメインとなるスペースはこんな感じ。

BM-BG01BKのメインの荷室内部の様子

後述するノートPCのスペースとの兼ね合いからか、あまり幅(奥行き)がありません。
ノートPCを入れなければ、中の布製の仕切りが多少凹むことで幅を確保できますが、あまり分厚い資料を入れると、バッグがパンパンになってしまうでしょう。

さらに別の角度から見ると、こんな感じです。

BM-BG01BKのメインの荷室内部の様子

これを見ると、幅(奥行き)があまりないことがよく分かるのではないかと。

最大16.4インチ相当のサイズのノートPCを入れることが可能!

BM-BG01BKでは、先にも書いたとおり、最大16.4インチ相当のノートPCが入るそうです。
PC収納部の内寸は、幅385mm×奥行45mm×高さ260mmのため、これより小さいサイズのものであれば、問題ありません。

以下の画像の上側に見える4.5cmほどのスペースが、ノートPCを入れるスペース。

BM-BG01BK内部のノートPCを入れるスペース

ノートPCの飛び出しを防ぐための面ファスナー(マジックテープ)は、こちらにもしっかりと設置されています。

BM-BG01BK内部のノートPCの飛び出しを防ぐ面ファスナー(マジックテープ)

このノートPCを入れるためのスペースは、他のスペースと違い、耐衝撃性のあるクッション素材で覆われており、内部の電子機器の保護が考えられています。
そのため壊れやすいものは、こちらのスペースに入れると良いでしょう。

尚、はるるが仕事で使用しているDELLさんのXPS13(9350)という、13.3インチのノートPCを入れると、以下のようにスペースがかなり余ります。

BM-BG01BK内部のノートPC収納スペースに、ノートPCを入れている様子

この状態では内部でノートPCが動いてしまうため、小型のノートPCを入れる際は、以下のようなインナーケースに入れた方が、より安全かも。

サイズ感としては、13.3インチのノートPCを入れようとすると、以下のような感じになります。

BM-BG01BK内部のノートPC収納スペースに、ノートPCを入れている様子

ノートPCの飛び出しを防ぐための面ファスナー(マジックテープ)部には、もう一つポケットが用意されており、ここにも10インチのタブレットを入れることが可能です。

BM-BG01BK内部のタブレット収納スペース

ファスナーは頑丈かつスムーズに動く!

BM-BG01BKの開閉部に使用しているファスナーは、一部を除きそのほとんどが以下のように両開きタイプのもの。

BM-BG01BKの頑丈なファスナー

これがとても頑丈そうなもので、そうそう簡単には壊れなそうです。
また動きがスムーズ、そして取っ手が大きくつかみやすいので、開け閉めしやすいのもグッド!

BM-BG01BKはたくさんの荷物を場所を決めて、整理して入れておけるので、物を探す手間がなくて使いやすい!

ここまでBM-BG01BKの各収納についてご紹介したとおり、このビジネスバッグでは、たくさんの荷物を場所を決めて整理しておいておくことが可能です。
というか、荷室が仕切りで細かく別れており、そういう使い方を想定して作られたビジネスバッグ、というように感じます。

あらかじめ物を入れておく位置を決めて入れておくため、あれ?スマホはどこに入れたっけ?
といったように、物をどこに入れておいたか分からなくて困った!なんてことは起こりません。

はるるは、バッグのどこに何を入れておくかを決めて使うのが好きなので、こういった細かい仕切りがあるのはとても助かります。
そのためこういったビジネスバッグの使い方が好きな方には、BM-BG01BKは、とてもおすすめな素晴らしいビジネスバッグです!

ただその反面、大きなバッグに仕分けのない大きめの荷室があればOK!
そこに物をどんどん入れておきたいんだ!
という使い方が好きな方には、このビジネスバッグは仕切りが多く、場所によって使い方が限定される点を使いにくく感じるのではないかと。

ELECOMさんが開発しているビジネス用バッグシリーズ、BIZGEAR SERIESはどれも便利そう!

先にご紹介したとおり、今回ご紹介したビジネスバッグ、BM-BG01BKは、ELECOMさんが開発しているビジネス用バッグシリーズ、BIZGEAR SERIESの内の1つ。

bizgear-series

(ELECOM – キャリングバッグ商品紹介ページより引用)

他に営業用ビジネスバッグ(BM-BG02BK)や、出張用ビジネスバッグ(BM-BG03BK)が販売されており、どれもよく考えられていて、とても便利そうです。
そのため、営業用バッグや出張用バッグをお探しの方は、これらの購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

通勤用ビジネスバッグ BM-BG01BK

営業用ビジネスバッグ BM-BG02BK

出張用ビジネスバッグ BM-BG03BK

ビジネス用バッグをお探しなら、ELECOMさんのBIZGEAR SERIESはとてもおすすめです!

正直に言うと、BIZGEAR SERIESを知るまでは、ELECOMさんのバッグというとパソコン運搬用のバッグ、というイメージしかありませんでした。
ですが実際に通勤用ビジネスバッグ BM-BG01BKを購入して使ってみたところ、これがとってもよく考えられていて便利で驚きました。

他にも営業用ビジネスバッグ(BM-BG02BK)出張用ビジネスバッグ(BM-BG03BK)が販売されており、ビジネスバッグをお探しの方の多様なニーズに答えられるのではないかと思います。
そのためビジネスバッグの購入を検討されている方には、おすすめ度大です!

 - Windows, デジタル・家電, ファッション・小物, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク