29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

サーバーラックに格納式ディスプレイやキーボードを追加するのに必要なもの

   

サーバーラックに格納式ディスプレイやキーボード、タッチパッドを追加したい!

通常ラックマウント型筐体のサーバーでは、本体の前面部や背面部に液晶モニターの接続端子やUSBポートが設けられており、ここにディスプレイやUSBキーボードを接続すれば、操作が可能です。
そのため、サーバーラック内に格納式ディスプレイやキーボードは、必須ではありません。

ですがサーバー本体での直接操作が必要なときに、毎回ケーブルを接続するのは面倒です。
またケーブルの脱着作業中に他の稼働中のサーバーの本体やケーブル類にぶつかるなどし、障害発生の原因となってしまう恐れがあります

さらに頻繁にケーブルの脱着を行っていると、将来的にサーバー側の端子部が破損したり接触不良を起こしやすくなる、といった問題が起こる可能性もあるでしょう。(抜き差しの際には、端子部に力がかかるため。)

この点、格納式ディスプレイやキーボードを、サーバーラック内に追加・設置しておけば、本体での操作が必要なときにモニターをラックから引き出すだけで使えるので、とっても便利。
しかも一度設置してしまえば、使用時のケーブル脱着操作は不要であり、障害発生の原因となったり、端子部周辺の破損も起こりません。

こういった理由から、サーバーラックに格納式ディスプレイやキーボード、タッチパッドを追加したい!
と考えている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、サーバーラックに格納式ディスプレイやキーボード、タッチパッドを追加するために必要な機材と、その接続方法の概要をご紹介します!

Schneider Electric(旧APC)社の格納式ディスプレイやキーボードを追加するのに必要なもの・設置方法

サーバーラックに格納できるディスプレイやキーボード製品は、複数のメーカーさんから販売されています。
今回はその中から、Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック = 旧APC社)さんの製品を使った構成をご紹介します。

1台のLCD Consoleで1台のラックサーバーの操作を行う場合

Schneider Electricさんの機材を使用し、1台のLCD Consoleで1台のラックサーバーの操作を行う場合には、以下の機材が必要となります。

LCD Console:

AP5717Jは、LCD Consoleという1U筐体サイズのハードウェアです。
筐体内に液晶ディスプレイとキーボード、タッチパッドを搭載しており、これ一つでサーバーの操作が可能となります。

サーバーラックに設置するために必要なレールや、サーバーとの接続用ケーブルも同梱されています。
ただしレールをサーバーラックに固定するためのケージナット類が付属しないため、別途以下製品が必要です。

ケージナットセット:

設置方法は簡単で、AR8100を使ってLCD Console(AP5717J)付属のレールをサーバーラックに固定。
その後レールにLCD Consoleを付属のネジで固定します。

設置が完了したら、LCD Console背面にある特殊な出力端子※とサーバー間を、LCD Console付属のケーブルで接続すれば、すぐに使用可能です!

※映像出力端子の形状に似ており、ケーブルの途中で映像出力端子とUSBケーブルに分岐する特殊な出力端子。

1台のLCD Consoleで複数台のラックサーバーの操作を行う場合

Schneider Electricさんの機材を使用し、1台のLCD Consoleで複数台のラックサーバーの操作を切り替えて行う場合には、さきほどご紹介した1台のLCD Consoleで1台のラックサーバーの操作を行う場合に必要になる機材に加え、以下の機材も必要です。

KVMスイッチ:

KVM0108Aを使用すれば、1台のLCD Consoleで最大8台のサーバーの操作が可能です。

またこれでは足りないようであれば、KVM0116Aを使うことで最大16台のサーバーの操作が可能となります。

サーバーモジュール:

Server Module KVM-USBは、KVMスイッチとサーバー間の接続に使用する専用のケーブルです。
そのため操作を行うサーバー台数分用意する必要があります。

LANケーブル:

サーバーモジュールとKVMスイッチ間は、市販のLANケーブルを使用して結線します。
KVM0108A/KVM0116Aのユーザーマニュアルには、『Cat 5e/6ケーブルを使用』という記載があるため、Cat5eかCat6のLANケーブルを使用すると良いでしょう。

こちらもサーバーモジュールと同様に、操作を行うサーバー台数分用意する必要があります。

例:KVM0108Aと組み合わせて4台のサーバーを操作する場合、1台のKVMスイッチ(KVM0108A)と4つのServer Module KVM-USB及びLANケーブルが必要となります。

LCD Rear Mounting Kit(KVM-LCDMOUNT):※必須ではない

KVM-LCDMOUNTは、LCD Console(AP5717J)の後部にKVMスイッチ(KVM0108A)を設置し、1UスペースにLCD ConsoleとKVMスイッチを収めたい場合に使用します。
必須ではありませんが、必要な場合は併せて用意ください。

設置時は、1台のLCD Consoleで1台のラックサーバーの操作を行う場合の設置手順の後に、KVMスイッチをラックに取り付けて※1から、以下のように配線を行います。

LCD Console AP5717J → LCD Console付属のケーブル※2 → KVMスイッチ KVM0108A → (LANケーブル → サーバーモジュール KVM-USB → サーバー)※3

※1 LCD Rear Mounting Kitを購入した場合は、併せて取り付けを行います。
※2 KVM-LCDMOUNTを使用する場合は、LCD Console付属のケーブルは使用しません。
※3 カッコ内の部分は、サーバーの台数分の機材の購入・配線が必要です。

以上、サーバーラックに格納式ディスプレイやキーボード、タッチパッドを追加したいときは、参考になさってくださーい!

 - Windows, デジタル・家電

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク