29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

PCでチェックマーク(レ点)やチェックボックスの四角を文字入力する方法

   

チェックマーク(レ点)やチェックボックスの四角を入力したい!

PCを使って文章や資料を作っている際、チェックマーク(レ点※)やチェックボックスの四角を入力したい!
と思うことがあります。

特に持ち物の一覧や買い物リストなど、物品の過不足チェックに使用する文章や資料(チェックリスト)を作っている際に、こう感じることが多いはず。
ですが、チェックマークやチェックボックスの四角図形の入力方法が分からず、困っている方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、Windows PCを使った文字入力を行っているときに、チェックマーク(レ点※)やチェックボックスの四角の図形を入力する方法をご紹介します!

※チェックマーク(チェックボックスに付けるマークのこと)とレ点(漢文訓読の際、1字返って読むことを表す『レ』の符号のこと)は、厳密には異なる記号・文字です。しかし形状が似ていることから、チェックマークのことをレ点と呼んでいる方もいらっしゃるため、本エントリーではチェックマーク(レ点)と表記しています。

チェックマーク(四角形なし)を入力する方法

Windows PCでのチェックマークの入力は、実はとっても簡単!

Windows 10の初期設定のIME(Input Method Editor =入力方式エディター)であるMicrosoft IMEでは、『ちぇっく』※という文字入力を行ってから入力変換することで、各種チェックマーク文字列に変換・入力が可能です。

※『ちぇっく』ではなく、『チェック』という文字列でも変換・入力が可能です。

たとえば『✓』という文字列(四角形がないチェックマーク)を入力したい場合、『ちぇっく』という文字列を入力。
その後変換キーを押下して文字を変換しようとすることで、以下画像のように候補文字列が表示されます。

『✓』という文字列を日本語変換により表示している様子

『✓』というチェックマークは上記変換候補では6番目の文字であり、これに変換することで入力可能です。

四角形の図形(チェックボックス)がある状態のチェックマークを入力する方法

『✓』(四角形がないチェックマーク)ではなく、『☑』というようなチェックマークの周囲に四角形の図形がある状態のチェックマークを入力したいケースもあるでしょう。
この形状のチェックマークを入力したいときは、チェックマーク(四角形なし)を入力する方法と同様の方法で入力可能です。

『ちぇっく』という文字列を入力してから入力変換を行うと、候補文字列の中に以下のようなチェックマークの周囲に四角形の図形がある状態のチェックマークが見つかります。

『☑』という文字列を日本語変換により表示している様子

この文字列に変換を行うことで、入力を行ってください。

四角形の図形(チェックボックス)を入力する方法

ここまでにご紹介した文字入力の方法では、チェックを付けたことを表すチェックマークの入力が可能です。

しかし場合によっては、チェックマークは手書きで記入するので、チェックマークを付ける位置を示す四角形(白抜きの四角・中抜きの四角)だけを入力したい!
というケースもあるでしょう。

つまり『□』という文字列を入力したい、ということですね。

Windows PCで『□』文字を入力したい場合には、こちらもMicrosoft IMEであれば、以下画像のように『しかく』という文字を入力してから変換することで、入力できます。

『□』という文字列を日本語変換により表示している様子

『□』文字と、物の名前を並べて表示することで、以下のように簡単にチェックリストを作ることができます。

□ ハンカチ
□ ティッシュ
□ 折り畳み傘

※メモ帳で作った遠足の持ち物チェックリストの例

『□』という文字列を使ってチェックリストを作成している様子

『□』文字を使って作成したチェックリストは、プリンターで印刷してチェックを行う人に配布。
そしてチェック者が鉛筆やボールペンなどの筆記具を使ってチェックマークを付けていくことで、物品の過不足チェックなどに活用できます。

以上、参考になさってくださーい!

 - Windows, デジタル・家電

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク