29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

タスクマネージャーが、起動した直後にフリーズしたような状況の対処法

   

PCを使っているときに、現在のCPU使用率やメモリ使用量を確認したい!
または稼働しているプロセスの一覧を確認し、CPU負荷の高いプロセス・プログラムを調べたい!
といった目的で、Windows OSに標準搭載されているタスクマネージャーを起動することがあります。

そしてタスクマネージャーを起動した際に、こんな問題が発生して困ってしまった…。
なんて方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

タスクマネージャーがフリーズしているのか、起動した直後から動かず、表示が変わらない!?

Windowsのタスクマネージャーは、起動してから『パフォーマンス』タブを開くことで、以下のようにCPU使用率やメモリ使用量を確認できます。※

Windowsのタスクマネージャー

※Windows 10のタスクマネージャーの『簡易表示』では、CPU使用率やメモリ使用量を確認できないため、『詳細』表示に切り替える必要があります。

また『プロセス』タブを見ることで、稼働しているプロセスの一覧を確認可能です。

これらの表示は一定時間が経過するごとに自動更新され、常に最新の情報を見ることができる仕組みとなっています。

ところがタスクマネージャーを起動後、一度だけ現在の状況が表示され、その後は最新の情報が更新・表示されず。
一見すると、タスクマネージャーがフリーズ(動作が停止)しているかのような挙動となっている、という問題に遭遇することがあるのです。

そこで今回は、タスクマネージャーがフリーズしているかのように見える状況のときに、試してほしい対処方法をご紹介します!

タスクマネージャーのフリーズのような挙動について

タスクマネージャーがフリーズ(動作が停止)しているかのように見える状況では、大別すると以下の2パターンのケースが考えられます。

  • PCに高い負荷がかかっていて、タスクマネージャーの表示・更新さえも困難な状況であり、タスクマネージャーの表示処理が著しく遅延。
    その結果、フリーズしているかのように見える状況。
  • PCが高負荷状態ではないが、負荷とは異なる何らかの理由により、フリーズしているかのように見える状況。

前者では、タスクマネージャーの起動や表示・更新が遅く、タスクマネージャーのタブの切替操作なども、スムーズにできないことが多いです。

それに対して後者では、タスクマネージャーの操作やアプリを使った作業の操作、表示などに遅延・支障はなく、サクサクと操作可能である。
にも関わらず、なぜかタスクマネージャーに最新の情報が表示・更新されない、という状況です。

そしてこれからご紹介する対処方法では、後者のケースについて改善できる可能性があります。

前者のケースについては高負荷状態となっていることが原因なので、負荷の原因となっているプロセス・プログラムを停止する。※
あるいはハードウェアの性能を上げる、といった方法で正常に表示できるようになるはずです。

※プロセス・プログラムを正規の手順で終了しなかった場合、何らかの問題が発生する可能性があるため、停止する際は可能なかぎり正規の手順で停止(終了)操作を行ってください。

タスクマネージャーがフリーズのような挙動となっているときに、試してほしい対処方法

先にも書いたとおりWindowsのタスクマネージャーは、一定時間ごとに最新の情報に更新する仕組みとなっています。
そして初期設定状態のWindows 10であれば、1秒に1回更新する仕様です。

これについては、タスクマネージャーを『詳細』表示で開き、『パフォーマンス』タブの『CPU』セクションに記載されている『稼働時間』と、グラフ表示部などの更新状況を見ることで確認できます。

タスクマネージャーの『パフォーマンス』タブ上の『CPU』セクションに表示されている『稼働時間』の表示位置

初期設定状態のWindows 10では『稼働時間』とグラフ表示部などが毎秒更新されており、1秒に1回画面表示を更新していることが分かる、というわけです。

※上記画像中に表示されているXeonというCPUは、主にサーバー用途で使用されているIntel社のCPU製品です。

実はWindowsのタスクマネージャーでは、この1秒間に1回更新するという仕組みを『更新の頻度』という設定項目により変更可能です。
そのため、更新頻度を高めて各種情報をリアルタイム(により近い間隔)で取得する。
またこれとは反対に更新頻度を下げたり、完全に停止(一時停止)することも可能です。

そしてPCが高負荷状態ではないにも関わらず、タスクマネージャーがフリーズしているかのように見える状況では、更新を停止する設定が適用されており、自動更新が停止している可能性があるのです。

したがって『更新の頻度』を『一時停止』以外の設定とすることで、タスクマネージャーの更新を再開できます。

タスクマネージャーの『更新の頻度』の設定を変更する方法

タスクマネージャーの『更新の頻度』の設定は、画面上部の『表示』メニューをクリック。
表示されたメニューの中から『更新の頻度』を選択することで、変更可能です。

タスクマネージャーの『更新の頻度』の設定メニュー

『更新の頻度』は『高』、『通常』、『低』、『一時停止』のいずれかを選択可能であり、それぞれ以下のような意味となります。

  • 『高』:0.5秒に1回更新する
  • 『通常』:1秒に1回更新する(Windows 10の初期設定状態)
  • 『低』:4秒に1回更新する
  • 『一時停止』:自動更新を行わない

尚、『更新の頻度』に『一時停止』を指定している場合には、一切自動更新が行われません。
ですが手動での更新は可能であり、画面上部のメニュー部で『表示』、『最新の情報に更新』とクリックするか、『F5』キーを押下することで、手動で表示されている情報を更新できます。

またWindows 10であれば、『更新の頻度』に『一時停止』を指定している状況では、以下のように『CPU』セクションに『一時停止』と表示されます。※

タスクマネージャーの『パフォーマンス』タブ上の『CPU』セクションに表示されている『一時停止』の表記

そのためこの部分を見ることで、『更新の頻度』に『一時停止』が設定されているかを確認可能です。

※Windows 10 1909のタスクマネージャーで表示されることを確認。

以上、参考になさってくださーい!

 - Windows, デジタル・家電

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク