29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

高性能でオシャレ!ポータブル(外付けUSB)ブルーレイドライブ BDR-XD05R 購入レビュー

      2016/09/10

ポータブル(外付けUSB)ブルーレイドライブが欲しい!

先日このブログでご紹介したとおり、はるるは最近仕事用のノートPCのバッテリーが弱ってきたことから、新しくDELLさんのXPS13(9350)というノートPCを購入しました。(DELL XPS13(9350)は、軽量コンパクトで持ち運びやすいので、仕事用のノートPCにおすすめ!)

このXPS13(9350)、その軽量薄型コンパクトさは素晴らしいんですが、その弊害としてDVDドライブやブルーレイドライブなどの光学ドライブが搭載されていません
そしてBTOによるカスタマイズでも、搭載することはできません。

これはXPS13(9350)の高さ15mm(最薄部9mm)という薄さを考えると、仕方のないことです。

スポンサーリンク

会社や自宅など、光学ドライブを搭載した別のPCが近くにあれば、そのPCでメディアをISO化して、XPS13(9350)でマウントすれば問題ないんですが、出先だとそうも行きません。

仕事をする上では、お客様から出先でCDやDVDなどのメディアでデータをいただいて、それを見ながら商談・作業をする、なんてこともあるわけですから。

そこでXPS13(9350)を購入する際に、あわせてポータブル(外付けUSB)タイプの外付け光学ドライブを購入することに。
そしてどうせ購入するなら、多少高額でもブルーレイディスクも扱えるドライブの方が便利だろう、なんて考えて光学ドライブを探すことに。

パイオニア(Pioneer)さんの光学ドライブのファンです!

はるるは、だいぶ昔に購入した激安の光学ドライブで、うまくディスクに書き込みができなかったことがあってからというもの、光学ドライブは高品質な製品を作ることで有名なパイオニア(Pioneer)さんの製品を必ず買うようにしています。

今回もパイオニアさんの光学ドライブで良さそうな製品はないか、と探していると、そのデザインと色に一目惚れしてしまうような製品を発見!
すぐさま購入ボタンを押してしまいました。

ポータブル(外付けUSB)ブルーレイドライブ BDR-XD05R-XL2を買いました!

こちらが、はるるがそのデザインと色に一目惚れしてしまい購入したポータブル(外付けUSB)ブルーレイドライブ、BDR-XD05R-XL2です!

赤が大好きなはるるには、たまらない一品です。

ポータブル(外付けUSB)ブルーレイドライブ BDR-XD05R-XL2は、こんな製品です!

BDR-XD05R-XL2の同梱品は以下のとおりです。

bdr-xd05r-xl2-1

製品付属のソフトウェアインストール用の光学メディア、本体、説明書、USBケーブルとなります。

付属のソフトウェアはPower2Go8 for PureRead、InstantBurn5、PowerDVD10、パイオニアBDドライブユーティリティ。
尚、一部のソフトウェアでは、ダウンロードや更新が必要です。

こちらがはるるが一目惚れした、美しい赤い色の本体。

bdr-xd05r-xl2-3

光の当たり具合によってその色が変わる、とてもキレイな赤色に塗装されています

本体のサイズは133mm ✕ 133mm ✕ 15mmと、これ以上は小さくはできないであろうギリギリのサイズです。
また重さはたったの240gということで、持ち運びの際も楽チン。

せっかく軽量なノートPCを購入しても、光学ドライブが重くては意味がありませんから、この軽さも素晴らしい点ですね!

ふたを開けるスイッチ部は、このようなデザイン。

bdr-xd05r-xl2-6

左下の『OPEN』ボタンを押すと、ふたが5mmほど持ち上がります。

bdr-xd05r-xl2-7

この状態になったら、ふたを手で持ち上げられるようになります。

bdr-xd05r-xl2-4

ちなみにこの『OPEN』ボタンは、BDR-XD05R-XL2に通電していないと、動作しません。
そのため持ち運びの最中に、かばんの中で不意に『OPEN』ボタンが押されてカバーが開いてしまう、といった問題は起こりません。

その反面、パソコンの電源を落としてしまうと、ディスクが取り出せないという弱点があります。
ただこの場合は、本体背面にある強制Eject(取り出し)ボタンを使用すれば、カバーを開けることが可能です。

そのため、PCのDVD再生ソフトなどがドライブをロックしたまま強制終了した場合でも、ディスクの取り出しは可能です。

尚、通電している場合は、以下のようにボタンが青く光ります。

bdr-xd05r-xl2-5

基本的には、USB3.0によるバスパワー駆動です!

BDR-XD05R-XL2はUSB2.0に比べ、給電能力が向上したUSB3.0に対応した製品です。
そのため、別途コンセントにACアダプターを接続しての電源供給は不要なので、扱いが楽です。

ただバスパワーが不足して速度が出ない、不安定である、といった場合のために、USBケーブルに追加の給電を行わせるための予備接続端子が付属しています。

bdr-xd05r-xl2-2

もし1箇所のUSBポートに接続しただけでは、給電が不足しているようであれば、もう一つのポートも接続することで、給電が追加され、安定動作するようになります。

またポートが1ポートしか開いておらず、給電が不足する場合は、以下のような別売のACアダプターを使用されると良いでしょう。

このドライブ一つで、さまざまな光学メディアに読み書き可能!

BDR-XD05R-XL2は以下のとおり、現在主流となっているほとんどの光学メディアの読み書きが可能です。

【BDXL対応】3層100GB、4層128GBもの大容量BDXL規格に対応。3層BD-Rで4倍速記録を実現。

中略

【書込みスペック】BD-R×6、BD-R DL×6、BD-R LTH×4、BD-R TL×4、BD-R QL×4 BD-RE/DL/TL×2、DVD-RAM×5、DVD±R×8、DVD±R DL×6、DVD-RW×6

(Amazon – BDR-XD05R-XL2商品紹介ページより引用)

そのため、このドライブを一つ持っておけば、読み書きできなくて困る!
といったことは、まず起こらないはず。

ちなみに読み書き中の音は、ディスクの回転速度によって変わりますが、内蔵型の光学ドライブで良く使用されるトレイローディング型に比べると、クラムシェル型の本機は密閉性が低いためか、大きめのブーンという音が聞こえます。

そのため小音量で映画のDVDなどを再生すると、その動作音が気になるかもしれません。

色は3種類あります!

本機には、はるるが今回購入した赤を含め、以下の3種類の色のラインナップがあります。
どれもオシャレですが、はるるはやっぱり赤がおすすめです!

黒(BDR-XD05BKXL2)

白(BDR-XD05W-XL2)

赤(BDR-XD05R-XL2)

一緒に衝撃吸収用キャリングケースも買うと、持ち運びも安心!

BDR-XD05R-XL2には、持ち運び用のキャリングケースなどは付属しません

これでは持ち運びの際にドライブの破損の危険性があるため、はるるは以下のサンワサプライさんの衝撃吸収キャリングケースを併せて購入しました。

in-me3bk-1

専用品ではないため多少大きめですが、付属のCDやUSBケーブルなども入れるとちょうどよいサイズ。

in-me3bk-2

実売価格が400~500円前後と買いやすい価格なので、光学ドライブを購入の際には、併せて購入されると良いのではないかと。

高性能軽量コンパクトなポータブル(外付けUSB)光学ドライブをお探しなら、おすすめです!

BDR-XD05シリーズは、実売価格が8,000円前後と決して安くはありません。

ですが現在主流となっているほぼすべての光学メディアの読み書きができる、軽量コンパクトで持ち運びが楽、バスパワー対応なのでコンセントやACアダプターが不要など、便利な点がたくさん。

そのため持ち運び用の便利なポータブル(外付けUSB)光学ドライブをお探しの方には、おすすめです!

スポンサーリンク

 - Windows, デジタル・家電, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ

関連記事