29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

Android iPhone この2つの違いとは①

      2015/10/11

先日はるるの友人の中で、唯一ガラケーを使い続けている友人が、スマホにすることを決意したようで、はるるに相談がありました。

その時に何度も聞かれたのが、このAndroidとiPhoneの違いは何か、どっちが良いのか?という点。
そこで今回から3回にわたって、この点についてはるるの見解を書きたいと思います。

AndroidとiPhoneでは比較対象が違う

いきなりですが、AndroidとiPhoneでは比較対象が違います

AndroidはOS

AndroidはOS(Operating System)と呼ばれるものの一つ。

OSとは、ハードウェア全体の動作を制御する基本ソフトウェアのことです。

説明が難しいのですが簡単にいうと、スマートフォンを構成するタッチディスプレイや物理ボタンなどの機械(ハードウェア)と、OS上で動作するメールアプリなどの各種アプリ(ソフトウェア)が相互に連携しあうために必要な、基幹となるソフトウェア、これをOSと呼びます。

たとえばメールアプリ上であなたがキーボードをタッチし、文字がメールアプリに表示されるのは、キーボードの”あ”という文字をタッチしたよ!
OSがメールアプリに教えることで実現されています。

そういったさまざまな処理の仲立ちをするのがOSである。
ここではこう理解してください。

ちなみに世界で最も有名なOSは、あのWindows。
2014年9月時点でのデスクトップPCのシェアは、およそ92%と圧倒的です。

つまりWindowsとAndroidは同じようなことをするソフトウェアである、ということです。

Androidには、LINEという有名なコミュニケーションアプリ(アプリ=アプリケーションソフトウェア)があります。
同じように、Windowsでは有名なアプリケーションソフトウェアとして、ExcelやWordがあります。

LINEとExcelでは、まったく趣きの異なるアプリですが、OS上で動作するアプリケーションソフトウェアである、という点はまったく同じ。

そしてこれらのアプリは、OSの機能を利用して、初めて動作できるのです!

iPhoneは製品名

iPhoneは2014年11月現在では、iPhone 5sやiPhone 5c、iPhone 6、iPhone 6 Plusなどの製品が販売されています。

ここでポイントなのが、上記はいずれも製品名であるということ。

iPhoneは製品名ですが、スマートフォンですから当然、OSを搭載しています。

iPhone 5s、iPhone 5cでは、初期搭載はiOS 7です。
iPhone 6、iPhone 6 Plusでは、初期搭載はiOS 8です。

そしてそれぞれ時間が経つと、より新しいiOSに更新できるようになっています。

OSと製品では比較対象が異なるため、比べるのは難しい

先に書いたとおり、AndroidはOSですが、iPhoneはiOSを搭載した個別の製品名です。

つまり比較対象が違うため、比較が難しい、というのが正直なところです。

AndroidとiPhoneの比較をパソコンに置き換えると、WindowsとVAIO(VAIO株式会社製のパソコン)はどっちが良いの、と言っているようなもの。
この例であれば比較対象が違うということが、ご理解いただけるのではないかと思います。

そのため比べるとすれば、厳密には以下のどれかになるでしょう。

  • AndroidとiOS、どっちが良いの?
  • GALAXY S5、Xperia Z3、iPhone 6、iPhone 6 Plusのどれが良いの?
    ※GALAXY S5、Xperia Z3はAndroidOSを搭載した製品です。

このようにOSは他のOSと、個別の製品は別の製品と比べる必要があるでしょう。

そのため冒頭のAndroidとiPhoneの違いは何か、どっちが良いのか?
という質問には、正確に答えるのは難しいのです。

しかし冒頭の質問はあながち間違いでもないのです。
というのも、実にややこしい話なのですが、現状ではiOSのスマホ = iPhoneと考えて差し支えがないからです。

それはなぜか、これについては次回に説明したいと思います。

Android iPhone この2つの違いとは②に続く

 - Android, デジタル・家電 ,

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク