29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

泡切れ抜群で使いやすい!キレイキレイ 薬用泡 ハンドソープ

      2018/04/22

手を洗っている子どもの手

今回は、はるるおすすめのハンドソープをご紹介します!

以前は、100円ショップのハンドソープを使っていたけれど…

はるるの家では、洗面台とキッチンのシンクの2か所に、手洗い用のハンドソープを設置しています。

外出から帰ってきた時は風邪予防のために洗面台で、料理の合間には手についた油分をキレイにするために、シンクで手を洗っています。
以前はその際に、100円ショップで買ってきたハンドソープを使っていたのですが、これがかなりの困りモノ

とにかく、すすぎが終わらない!

ハンドソープを手にワンプッシュし、泡立てて洗うまでは良いのです。

問題はすすぎの時。
泡を水で洗い流すわけですが、なかなかすすぎが終わらないのです。

もちろん泡はすぐ落ちるのですが、問題はヌルヌル感

これがとにかく取れないんです!

水で洗えど洗えど、ヌルヌルが取れず…。
つまりすすぎに時間がかかるのです。

それでもめげずに洗っていると、少しずつヌルヌルは取れてきます。
そのため泡で洗っている時間よりも、ヌルヌルを落とすためのすすぎの時間の方が長いほど。

それだけ長時間流水で手を洗っていますから、しっかりと洗った感はスゴイです。

ですが料理の合間に手についた油分をサッと取りたい時なんかは、これだととっても不便。

しかも1回1回の手洗いの時間が長くなるので、水を触る時間が長くなり、手荒れが悪化してしまう始末。

そこでこれはなんとかしなければ、ということで調べてみると、評判の良いハンドソープを発見!
さっそく購入してみたのが、今から1年ほど前の話。

キレイキレイ薬用泡ハンドソープとは?

はるるがその評判の良さから購入したハンドソープがこちら、キレイキレイ薬用泡ハンドソープです!

キレイキレイ薬用泡ハンドソープ

キレイキレイ薬用泡ハンドソープは、その名前のとおり、薬液が泡で出てくるタイプのハンドソープ
出てくる泡は白いですが、薬液自体はピンク色と、ちょっと不思議なハンドソープです。

キレイキレイ薬用泡ハンドソープのスゴイところ

キレイキレイ薬用泡ハンドソープには、以下のようにスゴイところがたくさん!

泡立ちが良い!

とにかく泡立ちが良いです!
というか最初から泡立っていますからね…。

そのため泡立ては不要で、すぐに手洗いを開始できます!
これは液体タイプのハンドソープにはない、アドバンテージですね。

泡切れが良く、すすぎが早い!

はるるが感じる、このキレイキレイ薬用泡ハンドソープ、最大の魅力がこれ。

とにかく泡切れが良く、すすぎが早いです。
手洗いが終わった後の泡まみれの手であっても、5秒ほど水ですすぎを行えば、ヌルヌル感はゼロに!

このすすぎの早さは本当に素晴らしい!!!!

ちなみにこの泡切れの良さとすすぎの早さ。
以下のように、開発元のライオン株式会社さんでも、この製品の最大の売りとしています。

“泡切れがよく”、“すすぎが早い”ので、洗いあがりがぬるつきません

(キレイキレイシリーズ – 泡ハンドソープ商品紹介ページより引用)

ポンプが軽い!

手が汚れていると、ボトルやポンプを汚さないように、ハンドソープのポンプを手首でプッシュすることがあるはず。

キレイキレイ薬用泡ハンドソープは、液体のドロっとしたタイプのハンドソープに比べて、ポンプをプッシュするのに力が要りません
そのため手首でポンプをプッシュする際も、楽にプッシュが可能!

また弱い力でポンプが押せるので、小さいお子さんでもプッシュが可能なのも素晴らしいですね!

薬液の残量が見やすい!

キレイキレイ薬用泡ハンドソープのボトルには、薬液の残量を見るためののぞき窓がついています。
そのおかげで、薬液の残量は一目瞭然!

詰め替えが楽!

キレイキレイ薬用泡ハンドソープの泡になる前の薬液は、非常にさらっとした液体。
そのため詰め替えがとても楽チンです!

ドロっとした液体タイプのハンドソープの場合、薬液に粘度があるため、詰め替えに時間や手間がかかります。
ですがこの製品では、注ぎ口の広さと相まって、スムーズに薬液の詰め替えが可能となっています。

ボトルが満タンだと、250回の手洗いが可能!

キレイキレイ薬用泡ハンドソープは、1回のプッシュで約1mlの薬液が噴射されるそう。

ボトルが満タンの場合、250mlの薬液がボトルに入っているため、約250回の手洗いが可能です。

ただはるるの場合、ワンプッシュでは泡が足りない気がしてしまい、無意識のうちに2プッシュしてしまうことも。
そう考えると、150回程の手洗いでボトルが空になっているはず。

それでも1日2回の手洗いでは、2か月半くらいは使える計算です。
そのためランニングコストの面では、とても悪い(費用がかかる)、というわけではありません。

ただ以前使っていたのが、100円ショップのハンドソープなだけに、はるるの場合は多少のコスト増に。

キレイキレイ薬用泡ハンドソープのダメなところ

良いところばかりではなく、ダメなところももちろんあります。

脱脂能力が弱い

泡切れの良さやすすぎが早いこととの引き換えによるものなのか、キレイキレイ薬用泡ハンドソープの脱脂能力は、あまり強くありません。

たとえば、豚と牛の合い挽き肉を使ってハンバーグをコネコネすると、手が油まみれになりますよね。
でもそのまま包丁を持つと滑って危ないので、一度手を洗って油分をスッキリさせるはず。

こういった際の油分のスッキリ(手指をキュキュッとさせる)能力が、以前使っていた100円ショップのハンドソープに比べると、弱いです。
そのため1回では、肉の油分が取れず、2度洗いする必要がでてくることもしばしば。

というわけで、もう少しだけ脱脂能力が強いとうれしい、というのが本音。

ですが日常的に手洗いに使用するのが、ハンドソープ。
もしかしたら、頻繁に行われる手洗いによる手荒れを防ぐために、あえて脱脂能力を弱く設定しているのかもしれませんね…。

薬用という言葉が何に対してなのか、よく分からなかった…

さて、このキレイキレイ薬用泡ハンドソープ。
薬用とあるのですが、どういった薬が含まれているのか、最初はイマイチよく分かりませんでした。

一般的には薬用 = 医薬部外品です。

そのため確認してみたところ、キレイキレイ薬用泡ハンドソープはやはり医薬部外品でした。
そして医薬部外品ということは、当然何らかの効果があるはず。

というわけで、さらに調べてみると、その効果が判明。

「殺菌成分(IPMP*)」配合で、きちんと殺菌し、バイ菌から手肌を守ります
*イソプロピルメチルフェノール

(キレイキレイシリーズ – 泡ハンドソープ商品紹介ページより引用)

つまりキレイキレイ薬用泡ハンドソープでは、その殺菌成分により医薬部外品と認められているようです。

なんとなくパッケージの優しいイメージから、手肌を肌荒れから守る成分が入っている、こう思っていたのですが…。

これにはちょっとビックリ。

ただ今のところ、殺菌成分が効いてる効いてる!
こう実感したことはないんですけど…ね。
そして今後もおそらくは、それを実感することはないでしょう。

でもないよりは入っていた方が、きっと良い!…はず。

匂いは3種類!

キレイキレイ薬用泡ハンドソープでは、匂いの異なる3種類の製品が販売されています。
はるるは現在、シトラスフルーティの香りを使用していますが、その他の匂いも気になります。

特にオレンジ系の匂いが好きなので、次回はオレンジミックスの香りを買ってみようかなぁ、と考えています。

シトラスフルーティの香り

フローラルソープの香り

オレンジミックスの香り

詰め替えのサイズは2種類!

詰め替えのサイズは、200mlと450mlの2種類が販売されています。

200ml

ボトルは250mlなので、200mlだとボトルの8割分となります。

シトラスフルーティの香り

フローラルソープの香り

オレンジミックスの香り

450ml

450mlであれば、ボトルの9割分を2回詰め替えることができます。
こちらの方が、200mlのものよりも割安であることが多いので、はるるのおすすめは450ml。

ただドラッグストアでは200mlの方はよく見かけますが、450mlの方はあまり見ません。
ネット通販で買うと安いことも多いので、購入の際はネット通販で買うのがおすすめ!

シトラスフルーティの香り

フローラルソープの香り

オレンジミックスの香り

手洗い後のヌルヌルに困っている方におすすめ!

今使っているハンドソープは、ヌルヌルがなかなか取れなくて困っている!
という方には、キレイキレイ薬用泡ハンドソープはとってもおすすめ!

ぜひ一度試してみてください!

 - 生活, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク