29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

トレーニンググローブ ハービンジャー 155 購入レビュー

      2018/04/22

今回は、はるるがウェイトトレーニングの際に使用している、トレーニンググローブをご紹介します!

以前は素手でトレーニングを行っていました!

はるるはラバーダンベル腹筋ローラーによる筋トレを、日々の日課としています。

以前は素手で、これらのトレーニングを行っていたのですが、負荷を上げるにつれて困ったことが…。

手が痛い…

そう!手が痛いんです…。

ダンベルの重量を12kgに上げたころから、素手でトレーニングを行っていると、とにかく手が痛いんです。

金属製のダンベルのグリップ部分と皮膚がこすれ、マメができてはつぶれを繰り返し、痛みでトレーニングに集中できないほど。

トレーニンググローブを買ってみたけれど…

この困った状況を打開しようと、ネットで検索してみると、トレーニンググローブを付けてトレーニングを行うようにすると改善する、とのこと。

そこでさっそく某有名メーカーの布製のトレーニンググローブを買ってみたところ…。
これがなんと大失敗。

布製で生地が薄く、手を保護する効果をほとんど感じませんでした。

トレーニンググローブ初体験のはるる。

有名メーカーの販売している製品だし、きっとこれなら良い製品だ!
そう思って購入しただけに、かなりガッカリ。

でも使わないよりはマシだよね。
ということで、2カ月ほど使っていると、なんと手の平の縫製部分が破れてしまう始末。

え!?ちょっと耐久性が低すぎでは!!?
と思わずにはいられなかった、はるる。

次に買う時は評判をよく調べてから購入しよう、と心に決めました。

ハービンジャー(Harbinger) 155

そこで次に購入したのが、今回ご紹介するトレーニンググローブ、ハービンジャー(Harbinger) 155です!

メーカー名のHarbingerは、ハービンジャーなのか、ハービンガーなのか、正しい読み方が分かりません…。
ただ、ハービンジャーとしているネット通販サイトが多いようなので、本エントリーではこちらを採用します。

ハービンジャー(Harbinger) 155は、以下のように手の指先を覆わないタイプのトレーニンググローブです。

ハービンジャー(Harbinger) 155トレーニンググローブを装着している様子

ハービンジャー(Harbinger) 155を購入した理由

前回と同じ失敗をしないように、ネットでの評判の調査をしっかりと行い、お手頃価格の割には評判が良さそうだ!
ということで、購入しました。

ハービンジャー(Harbinger) 155のスゴイところ

ハービンジャー(Harbinger) 155を実際に着用して、筋トレを行ってスゴイと感じた点は、以下のとおり。

夏でも汗をかきにくい!

Harbinger 155の背面(手の甲の部分)はメッシュ構造となっているため、夏のトレーニング中でも手に汗をかきにくいです!

ちなみに背面はこんな感じ。

ハービンジャー(Harbinger) 155トレーニンググローブ

使用感がすごい…。

それだけしっかりと使い込んでからのレビューだよ~!
ということでご了承を。

ハービンジャー(Harbinger) 155トレーニンググローブを装着している手の甲の側

固定は、手首の部分の面ファスナー(マジックテープ)を使用して行います。

手の平側はとても頑丈!

Harbinger 155の手の平側は、その一部が革製?のようで、とても頑丈!

以前のトレーニンググローブは、この部分の耐久性が全然ダメでした。
そのためこの耐久性は、はるるの中でかなり重要だったんですが、その点は大満足

既に半年ほど使っていますが、ご覧のとおり、まだまだ使えそうです!

ハービンジャー(Harbinger) 155トレーニンググローブの手の平の補強部分

力が集中し、グローブにストレスがかかりやすい親指の付け根付近は、こんな感じ

ハービンジャー(Harbinger) 155トレーニンググローブの親指の付け根の補強部分

革製?の素材で、親指の付け根周辺に補強が施されているのが、よく分かると思います。

また、その他の指の付け根付近もご覧のように、分厚い布で補強されています。

ハービンジャー(Harbinger) 155トレーニンググローブの指の付け根の補強部分

手が痛くない!

Harbinger 155は先ほどの画像のとおり、手の平側が分厚い布で補強されています。
そのためウェイトトレーニング中に感じる、手のひらとダンベルのグリップ部のこすれによる痛みが、かなり軽減されます。

ちなみに現在はるるは、15kgのダンベルでトレーニングを行っていますが、こすれによる痛みはほとんど感じません

すべりにくい!

トレーニングをしている際にグリップがすべってしまうと、トレーニング器具を落としてしまうなど、大変危険です。
Harbinger 155では、手の平部に滑りにくい素材を使っているので、とっても安心!

お手頃価格!

他社のトレーニンググローブで評判の良い製品は、3,000円を超える製品が多いです。
そんな中、Harbinger 155は2,000円前後で購入可能です。

それにも関わらず、十分な手の保護能力があります。

はるるの扱う重量の範囲(10~20kgのダンベル)では、その性能に不満はまったく感じません。

これも素晴らしい!

ハービンジャー(Harbinger) 155のダメなところ

Harbinger 155のここがダメだ!
というところはほとんどないのですが、強いて挙げるとすれば、最初は少しかたい、という点でしょうか。

半年ほど使い込んだ今でこそ、グローブにかなりの柔軟性が出てきています。
ですが購入当初は、かなりかたい印象を受けました。

特に人差し指、中指、くすり指、小指を出す穴の周辺がかたく、手を曲げる際に違和感を感じました。

ただこれは1か月ほど使い込んでいれば、柔らかくなり(くせがつく?)、気にならなくなるはずです。

サイズは3種類!

このハービンジャー(Harbinger) 155は、手の大きさにあわせて3種類の製品が販売されています。
はるるは手が大きめなので、Lサイズを買ってピッタリでした。

ですが他の方の購入レビューを見ると、大きめなのでワンサイズ小さい方が良い!
という意見が多いようです。

もし迷ったら、小さめを選んだ方が良いのかもしれませんね。

Sサイズ

Mサイズ

Lサイズ

高重量を扱うと、すべるという情報も!

他の購入者の方のレビューを見ていると、高重量を扱うとすべりやすい、という意見もありました。

はるるの扱う重量の範囲(10~20kgのダンベル)では、すべりやすいと感じたことはありません。
ですが高重量を扱う方は多少高価でも、より高性能を売りにしている製品を使用した方が良いのかも。

 - 健康, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク