29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

生クリーム泡洗顔 モイスチャーの濃密な泡でお肌しっとり!

      2016/04/22

先日、行きつけの美容室に行った時のこと。

お会計を済ませ、帰ろうとしていると、10年近くお世話になっている美容師さんから、『これよかったら、使ってみて!』と試供品の洗顔フォームのスプレーをいただきました。

そこで今回は、そのいただいたスプレーを使ってみた感想をご紹介します!

GATSBY 生クリーム泡洗顔 モイスチャー

はるるがいただいたのはこちら、GATSBYさんの生クリーム泡洗顔 モイスチャー

nama-cream-awa-sengan-rich-whip-moisture-1

これは試供品なので30gの商品ですが、実際は180gで400~600円程度で販売されているようです。

はるるはこの商品をいただくまで、スプレータイプの洗顔料があるということを知りませんでした。

それだけにかなり新鮮。

スポンサーリンク

さっそく使ってみた!

スプレータイプの洗顔料を、これまで使ったことがなかった、はるる。

おそらくはスプレーして出てきた薬剤で、顔をゴシゴシすれば良いのだろうことは分かるのですが、念のため使い方をしっかりと確認すると。

  • 手のひらに適量(ピンポン玉大程度)を取り、顔全体を数秒~30秒程度洗い、その後十分にすすいでください。
  • 低温下、泡になりにくいときは、缶をぬるま湯につけてからお使いください。

(GATSBY – 生クリーム泡洗顔 モイスチャーより引用)

ふむふむ、なるほど。

まずは缶を温めた方が良さそうだ、ということで、とりあえずお風呂の湯船に缶をポイッと沈め、しばらく温めてから使うことに。

あまり温め過ぎると、缶が爆発するかもしれないので、程々に。
ただお風呂での使用は、メーカーも想定しているはずなので、そんなに神経質にならなくてもいいのかもしれませんね…。

そして1分ほど放置しておくと、冷たかった缶がすっかり温かくなったので、取り出してさっそく使うことに。

濃密な泡にビックリ!

温めた缶から薬液を手の上にスプレーすると、こんな感じ。
説明のとおりに、ピンポン玉大程度をスプレーしてみました。

nama-cream-awa-sengan-rich-whip-moisture-2

とにかくビックリしたのが、この

生クリーム泡洗顔という商品名そのままの、濃密かつクリーミーでキメの細かい泡

普通の洗顔フォームや洗顔用石鹸では、このような濃密かつクリーミーでキメの細かい泡を作る、というのは難しいと思います。
これはスプレータイプならではの泡、ということなんだろうと思います。

この泡を見ると、ものすごく汚れ落ちが良さそう!
という期待感が高まります。

顔を洗ってみた!

左手にスプレーした、生クリーム泡洗顔 モイスチャーの泡を、両手でよく伸ばし、いざ顔を洗ってみると。

おお!
スゴイ!

濃密な泡に顔が包まれている感がスゴイ!
という驚きと共に、顔を洗っていると。

あれれ…。
泡が消えてきた

それになんだか臭いがする。

というわけで序盤は、その濃密な泡のきめ細かい肌触りに感動していた、はるる。
ですがだんだんと、その感動は薄れていきます。

というのは、泡が洗顔を続けるにしたがって、消えてしまい、最後はほとんどなくなってしまったんです。

そして最終的にはまったく泡はなくなり、白い液体のような泡の残骸で、顔を洗っていた感じ。

これはちょっと期待外れでした。

泡のきめ細かさに感動し、期待をし過ぎたのかもしれませんね。
それだけに泡の耐久力(持久力?)への期待外れ感は、すさまじい…。

お肌のしっとり感がスゴイ!

はるるは、全身を石鹸で洗う派。
そのため普段は洗顔フォームや洗顔用石鹸の類は、一切使っていません。

もちろん、顔も石鹸で洗います。
そのためお風呂上りは、顔のツッパリ感や乾燥がひどいです。

そこで以前ご紹介したとおり、お風呂上りにはニベアスキンミルクを顔に塗るようにしています。(お風呂上りの乾燥にはニベアスキンミルクで肌しっとり!)

ですが今回、生クリーム泡洗顔 モイスチャーで洗った後は、すっかりニベアスキンミルクを顔に塗るのを忘れていました。

そして入浴後しばらく経ってから、歯磨きをしている際に、そういえば今日はニベアスキンミルクを顔に塗ってないなぁ、なんて思って気付いたわけ。

この時、さらにこうも思ったんです。

これってもしかして、生クリーム泡洗顔 モイスチャーで洗ったから、なのでは?
たしかにお風呂上りの顔のツッパリ感や乾燥している感じがなかったかも。
だとしたら、生クリーム泡洗顔 モイスチャーってスゴイのかも!

というわけで、その効果が気になった、はるる。
さっそくもう一度、生クリーム泡洗顔 モイスチャーのwebサイト見てみると。

  • ヒアルロン酸配合(保湿)。
    肌にうるおいを与えつっぱらない。
  • スキンケア成分、浸透性アミノ酸誘導体(保湿)※配合。
    ※ アセチルヒドロキシプロリン

(GATSBY – 生クリーム泡洗顔 モイスチャーより引用)

おお!
お肌のしっとりのための成分がしっかり入っています

だから、お風呂上りの顔のツッパリ感や乾燥している感じがなかったんですね!

なるほど!
これで納得できました!

臭いがちょっと…

さて、このお肌のしっとり感がスゴイ生クリーム泡洗顔 モイスチャーですが、1点気になるところが。

それはズバリ、臭いです。

  • ほんのり甘くやさしさを感じる、リラックスアクアの香り。

(GATSBY – 生クリーム泡洗顔 モイスチャーより引用)

とのことですが、どうもこれが気になるのです。
不快な臭い、というわけではないのですが、はるるはあまり好みではない臭いでした。

ただネット上の他の方の評価を見ていると、匂いがすごく良い!
という意見もあるので、これに関しては意見が分かれるところなんじゃないかと。

脱脂力は石鹸ほどではないにしろ、結構ある!

はるるの中では脱脂力(油を取り除いて、キュキュッとさせる力)は、とっても重要。
1日の終わりにお風呂で顔を洗い、顔の脂分をキュキュッとスッキリさせたいんです!
お肌の健康を考えると、あまり良くないそうですが…。

これが、はるるが石鹸で全身を洗っている理由でもあるのですが。

そしてこの生クリーム泡洗顔 モイスチャーはどうかというと、石鹸ほどではないですが、結構脱脂力はあると思います。
この点については、素晴らしいと感じます。

スースーする(メントール感を感じる)!

生クリーム泡洗顔 モイスチャーを実際に使ってみると、洗顔中はスースー感を感じます。(メントール感を感じる。)

ですが、これについては公式サイトによると、以下のとおり。

‐シリーズ比‐

クール感:メントールゼロ

(GATSBY – 生クリーム泡洗顔 モイスチャーより引用)

う~ん、はるるが敏感すぎるだけなんでしょうか。
そんなつもりはないのですが…。

というわけで、敏感な方の場合、もしかしたら少しスースー感を感じるのかもしれませんね。

結構な回数使えると思う

はるるがいただいた試供品は30gの商品ですが、実際に使ってみたところ、約11回分でした。

そのため180gの商品であれば、65~70回分ぐらいは使えるはず。
それがだいたい400~600円で販売されているので、500円で購入したとすると、1回当たり7.7円程度かと。

そう考えると、コストパフォーマンスは悪くはないと思います。

ちなみに製品版には、以下の3種類があります。(今回はるるが試したのは、モイスチャータイプ。)

生クリーム泡洗顔 モイスチャー

生クリーム泡洗顔 スムース

生クリーム泡洗顔 オイルクリア

きめ細かい泡でしっかりと洗いたい方には、おすすめかも

生クリーム泡洗顔 モイスチャーの名前の由来となっている、きめ細かい泡は本当にスゴイです!
きっとこれで洗ったらお肌にやさしいんだろうなぁ、と素直に思えるくらいのスゴさ。

またお肌のしっとり成分も入っていることから、お肌の健康を気にされている方には、うってつけの商品だと思います。

この泡を体験したい!という方は、ぜひ試してみてくださーい!

スポンサーリンク

 - 健康, 生活, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ

関連記事