29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

お風呂あがりの乾燥肌はニベアスキンミルクで肌しっとり!

      2018/04/21

毎日寒い日が続いていますね。

こんな寒い時期の楽しみの一つと言えば、温かいお風呂!
冷え切った体が温まって、本当に気持ちいいですよね!

はじめに

本エントリー中にはニベアスキンミルクに関する言及がありますが、それらはすべてはるる個人の感想であり、効果・効能を示すものではないことをあらかじめご了承ください。

最近、乾燥がひどい…

さて、そんな気持ちのいいお風呂ですが、一昨年の冬ぐらいから困ったことに。

お風呂上りに顔が痛い!

はるるが困っていたこと、それはお風呂から上がってしばらくすると、顔の皮膚がつっぱったり、痛みを感じる、というもの。
特に痛みの方が厄介で、ひげをそった際のカミソリ負けのようなヒリヒリとする痛みが、ずっと続くような感覚です。

試しにニベアクリームを塗ってみたら

この顔の皮膚のツッパリ感と痛みを何とかしたいと思い、試しにこのブログで以前ご紹介した、お肌しっとりグッズのニベア クリームを塗ってみました。

すると肌がしっとりして、かなりいい感じ。

これはもしや乾燥が原因では?

脱衣所の鏡でお風呂上りの顔の皮膚をよく見てみると、カサカサしている部分のところどころに、白い粉のようなものが…。

気になったはるるは、この白い粉の正体を調べてみると、なんと古い角質であることが判明。

古くなった角質は、本来であれば放っておいても自然にキレイに剥がれ落ちるはず。
ですが乾燥肌の場合、正常に剥がれ落ちることができず、中途半端に皮膚についたままになる。
そして中途半端に皮膚についたままとなっている角質が、白い粉のように見えるらしい。

というわけで、この肌のツッパリ感やヒリヒリとした痛みは、やはり肌の乾燥が原因だったんですね。

元々乾燥肌ではあったけれど

はるるは元々乾燥肌ではありました。

ですがこの数年、洗顔用の石鹸(といっても、ただの石鹸ですが…)を変えた、ということはありません。
これってもしかして、加齢によって乾燥肌がひどくなった、ということなんでしょうか…。

現在アラサーのはるる。
まだまだ若いつもりでいましたが、少しずつ加齢による体の変化が起こっているのかもしれませんね…。

ニベアクリームでいい感じだったけれど…

ニベアクリームのしっとりパワーで、すっかりいい感じになったはるるのお顔。
ですがこれにはある弊害があったんです!

顔がテカってしまう!

はるるは朝の出勤前にも、眠気覚ましのために朝風呂に入ります。
ニベアクリームのお顔しっとりパワーを知ってからは、朝のお風呂上りにも当然、ニベアクリームをお顔にしっかりと塗りこんで、会社に出勤。

ところがある日、同僚の女性社員からこんなことを言われてしまったのです。

はるるさん、顔テカりすぎ!洗顔シートを使ったら?

…え?えええ?本当ですか?

突然のことにビックリしたはるる。
急いでトイレの鏡で確認してみると、そこには脂ぎった顔のアラサーのおっさんが立っておりました…。

これは盲点でした。
乾燥させまいと塗りたくったニベアクリームがあだとなり、顔がテッカテカです。
これは外出のことを考えると、ちょっと困りますね。

塗った後の顔や手がベタベタする!

ニベアクリームは、その強力なお肌しっとりパワーがスゴイ反面、顔や手がベタベタになります。
特に手の指がベタベタになるのは問題です。

というのは、そのままではスマホやタブレット、パソコンのキーボードを触れないため。

スマホやタブレットは反応が悪くなるし、画面もベタベタに。
キーボードもヌルヌルになってしまい、タイピングしづらくなってしまいます。

そのためはるるは、出勤前に顔にニベアを塗った後は、手を石鹸でよく洗ってから出勤していたわけ。

そこでお肌のしっとり感とサラサラ感を同時に実現する、ナイスなお肌しっとりグッズはないかと探すことに。

ドラッグストアの薬剤師さんに相談してみた!

そんなこんなで行きつけの近所のドラッグストアの薬剤師さんに、これらの事情を相談し、何か他におすすめの肌しっとりグッズはありませんか?

こう聞いたところ、薬剤師さんからおすすめされたのが、こちらの商品。

その名はニベアスキンミルク!

ニベアスキンミルクは、はるるがこれまで使っていたニベアクリームと同じ、ニベアシリーズの1つで、このような商品です。

ニベアスキンミルク

ニベアクリームと違いクリーム状ではなく、スキンミルクという名前から想像できるように、乳液タイプの商品。

伸びが良くて、使いやすい!

さっそくニベアスキンミルクを使ってみたところ、ニベア クリームよりも伸びが良く、かなり使いやすい印象です。
ニベアクリームも伸びが悪い方ではないのですが、こちらは乳液タイプのため、抜群に伸びが良いです。

そのおかげで少量でも、お顔全体に塗り塗り可能です。

お肌のしっとり感は十分!

肝心のお肌のしっとり感は十分です!
使用直後は、ニベアクリームとほとんど変わらないしっとり感です。

ニベアクリームとの違いは?

実際にニベアクリームとニベアスキンミルクの両方を試したはるるが感じる、両者の違いは以下の2点。

しっとり感の持続時間

ニベアクリームでは数時間経っても、肌表面にクリームがついている感覚が少し残ります。
それに対してニベアスキンミルクの方は、塗布してから5分ほどで肌表面にクリームがついている感覚を感じなくなります

かといって、お肌のしっとり感がなくなるわけではありません
そのため塗布してから1時間ほど経ってから顔を触ってみても、確かに顔にニベアがついているのが分かります。

ただニベアクリームに比べると、肌をしっとりとさせる力の持続時間は短いように感じます。

ニベアクリームでは就寝前に顔に塗ると、朝までしっかりとしっとり感を実感できます。
ですがニベアスキンミルクでは、朝には肌のしっとり感はほとんどなくなっている印象です。

そのため、絶対的な肌のしっとりパワーはニベアクリームの方が高いと感じます。

ベタベタ感

ベタベタ間のなさでは、圧倒的にニベアスキンミルクに軍配が上がります。

先に書いたように、ニベアクリームではその圧倒的なお肌のしっとり感と引き換えに、使用後はかなりベタベタします。

それに対してニベアスキンミルクの方はどうかというと、塗布後数分でサラサラとした手触りに変わります。
そのため使用後に手を洗わずとも、スマホやタブレット、キーボードを触っても問題ありません!

しっとり感がスゴイのに、でもベタベタしない。

これはとても不思議な感覚なんですが、薬剤師さんのおすすめどおり、素晴らしい商品です!

サラサラ感を取るか、しっとりパワーを取るか、で使い分ける!

ニベアスキンミルクとニベアクリームにはそれぞれ、使用後のサラサラ感、強力なお肌しっとりパワーという特徴があります。
これらをシーンに応じて適宜使い分けることで、寒い季節に顕著になる乾燥肌の対策は、バッチリ!

ちなみにはるるの場合は、お風呂上りには今回ご紹介したニベアスキンミルクを顔と首に、就寝前は以前ご紹介したニベア クリームを手指に使用しています。

両製品共に、お肌の乾燥に悩んでいる方には、とってもおすすめなので、興味がある方はぜひ試してみてください!

補足:男性向けシリーズもあります!

はるるは普通のニベアシリーズを愛用していますが、男性向けにはNIVEA FOR MEN(ニベア フォー メン)というシリーズも販売されています。

NIVEA FOR MENでは、男性向けのスキンケア関連の商品が多数販売されているので、気になる方はニベアスキンミルクと併せて、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 - 生活, 購入・レビュー , ,

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク