29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

[書評]データベースの基礎を学ぶなら、この本がおすすめ!

      2016/04/23

はるるは後輩くんに、データベースを学ぶ上で何か良い本はありませんか、と聞かれると、いつもおすすめしている本があります。
そこで今回は、その本をご紹介したいと思います!

私、初心者なので…、営業なので…

データベースについては、簡単なものから、難しいものまで、非常に多くの解説本が出版されています。

そのため新米技術者の方の場合、どんな本を買えばいいの?
と悩んでしまうのも納得。

また最近では、営業さんも業務効率アップのためにAccessを使いたい!
なんて理由で、データベースの勉強を始める方も。

そんな方々に、はるるが自信を持っておすすめしたいのがこちら、これだけはおさえたい データベース基礎の基礎です。

まずはデータの保存方法についての解説から

これまでデータベースを使ってこなかった、という方の中には、データベースを使うことの意義や必要性が分からない、という方もいらっしゃるはず。
そこでこのデータベース 基礎の基礎では、まず最初にデータの保存方法についての説明から始まります。

それはたとえば、順編成ファイルや直接編成ファイル、索引別編成ファイルなどについて。

これらのファイルを使ったデータの保存方法には、それぞれどんな特徴があるのか。
そのメリット、デメリットは何なのか、という説明を皮切りに、大量のデータを扱う用途には、なぜ普通のファイルではダメなのか
Excelなどの表計算ソフトによる管理では、不適なのか

そしてそれらの抱える問題を解決できるのが、データベースである!
こう展開させ、序盤ではデータベースの必要性を説いています。

いきなりSQLの説明から始まる解説本もある中、こういった導入部は、データベースに触れたことがない方にとっては、とっつきやすいはず。
そのためいきなり英語で書かなければならないSQLと、それに必要な集合論の勉強で挫折してしまう、という心配は必要ありません。

特定製品に特化した内容ではない

現在データベースと言えば、Microsoft Access、Microsoft SQL Server、Oracle、DB2、PostgreSQL、MySQLなど、有償あるいは無償の多くのソフトウェアが存在します。

本書の内容は、このどれかに特化したものではなく、汎化された、どのデータベースでも使えるものがほとんど。(例としては、Microsoft AccessやMicrosoft SQL Serverが多く使われています。)

そのためデータベースを学びたいと考えた、すべての初心者の方に対応可能な1冊といえるでしょう。

DBMSの基本機能については、概要にふれるのみ

データベースを学ぶ上で、データベースを管理するDBMS(データベース管理システム)の基本機能の把握は、必要不可欠。
そこでDMBSの基本機能である、トランザクション管理、同時実行制御(共有・占有ロック)、障害復旧管理、セキュリティ管理については、その概要にふれています。

ただ、その詳細にはあまり踏み込まず、抽象化された概念部分に関する解説のみとなります。

これは先に挙げた、特定の製品に特化していない汎化された内容であるが故の弊害、と言えるでしょう。
ですがこの部分は、データベース製品による差異が多いところであるため、初心者向けの解説本であることを考慮すると、これが正解であろうと考えます。

主に解説されているのは、リレーショナル・データベースについて

データベースには、何種類かのデータ管理方式があります。
本書では、その中でも現在最も使われているであろう、リレーショナル・データベースについて解説しています。

テーブルとは何か、主キーとは何か、といった初歩的な内容から、制約とは、NULLとは、といった基本的な知識に。
そしてベン図による集合論の概要・論理式の理解、正規化へと徐々に発展させていきます。

そしてそれらの理解を助けるために、図がとても多く使われているのも大きな特徴でしょう。

たとえば正規化に関する説明は、24ページにわたって行われています。
この中に図はなんと29個も存在します。

つまり1ページに1個以上の図が使われている、ということです。
この事実からも、いかに図が多いのか、ご理解いただけることでしょう。

基本的なSQLの習得が可能!

本書ではSQLのうち、DMLとDDLについては、基本的なシステムの開発で必要となる範囲を、十分にカバーできる内容になっていると思います。
それに対してDCLについての解説はほとんどありません。
ですがDCLが必要になるレベル、ということであれば、それはこの本が習得を目指す、”基本の基本”の範囲ではない、ということでしょう。

では、簡単な内容ばかりで読み応えに欠けるのか、というとそうではありません。

たとえばDMLでは、単純なSELECT文だけではなく、サブクエリーやGROUP BY HAVING句など、他にはCOMMITやROLLBACK文などの、トランザクション管理についてもふれています。
こういった一歩踏み込んだ内容もあるので、理解をしていく楽しさも十分に味わえる内容となっています。

セキュリティ対策についての言及も

さらにSQLインジェクションを例に、セキュリティ対策(シングルクォート、\のエスケープ)の必要性についても、書かれています。

これについては、データベースの入門書では、ふれられていないことも多い内容。
しかし実際の業務では、常に意識しておかなければならない、重要なポイントでしょう。

まさにタイトルどおりの良著

この本はタイトルどおり、データベースの基礎の基礎を学ぶのに、ピッタリの1冊
そのためデータベースの基礎を学びたい、ということであれば、おすすめ度大!

とっても勉強になると思いますよ~!

 - Windows, デジタル・家電, 書評

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク