29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

学生ならAmazon Studentを利用すれば、毎月1冊本が無料に!

      2016/09/10

今回は学生の方で本が好きなら、Amazon StudentというAmazonさんが展開している、会員制プログラムを利用すると、とってもお得だよ!というお話。

はじめに

本エントリーでは、年会費などの費用を掲載していますが、これは2015年5月現在のものとなります。

今後、値下げまたは値上がりが起こって、費用が変わってしまう可能性がありますこと、あらかじめご了承ください。

Amazon Studentとは

Amazon Studentとは、大手ネット通販サイトである、Amazonさんが展開している会員制プログラムで、以下のような特徴があります。

  • 急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題
    Amazonプライム(年会費3900円)の特典がAmazon Studentなら1,900円
  • 本 10%ポイント注文確定とともに付与
    Amazon.co.jpが販売する約1千万点の書籍が対象(コミック・雑誌を除く)
  • 対象のKindle本から毎月1冊読める
    有料会員なら毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリーが使える

(Amazon Studentより引用)

スポンサーリンク

つまりAmazonプライムの主な特典であった、お急ぎ便やお届け日時指定便が年会費1,900円と、Amazonプライムの半額以下で利用可能に。

さらにこちらの対象となる本であれば、購入の際に無条件で通常のポイントに加えて、注文金額の10%分のAmazonポイントが付与される、というわけ。
さすがに全部の本が対象、というわけではありませが、それでもかなりの数の本が対象となっています。

さらにKindle、またはFire端末を持っているなどの特定条件を満たせば、毎月1冊無料で読書が可能です!
これについての詳細は、こちらを確認ください。

というわけで、こんなに素晴らしい特典の数々を利用できるのが、Amazon Student。

利用できるのは学生だけ!

こんなに素晴らしいAmazon Studentですが、はるるは利用できないのです…。

Studentという単語からお察しの方も多いでしょうが、この会員制プログラムを利用できるのは、学生のみ
そのため、はるると同様に社会人の方は、残念なことにこのAmazon Studentを利用することはできません。

ただ、割高になってしまいますが、Amazon プライムを利用すれば、お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題、対象のKindle本から毎月1冊無料で本を読める、という特典については利用可能です。

学生と一口に言っても、どんな学生が利用可能なの?

学生だったら、小学生でもOKなのか、というとそうではありません。
これについては、Amazonさんのサイトによると、以下のとおり。

  • 日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生であること(当サイトの基準によります)
  • 学生用Eメールアドレス(「ac.jp」等で終わるEメールアドレス)を持っていること(学生用Eメールアドレスがない場合は、学生証の写しなど学生であることを確認できる書類をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)
  • Amazon.co.jpのアカウントを持っていること
  • 年会費をお支払いいただくためのクレジットカードまたはVisaデビットカードを持っていること
  • Amazon Student 会員限定の特典やキャンペーンなどのお得な情報をメールで送信することに同意いただけること
  • 未成年者の場合は、親権者または後見人の同意があること

(Amazon Student – ヘルプ&カスタマーサービスより引用)

一見、高校生もOK!というように感じられますが、それはNGみたい。
というのはよく見ると、高等専門学校と書いてあります。

つまり高等学校(3年生)の学生さんはダメで、高等専門学校(5年生)の学生さんのみOKということのようです。

これは少し残念。

高等学校の学生さんの場合は、大学入学までは我慢、ですね。

学生さんの場合は、自分のクレジットカードを持っていないことも多いでしょう。
そのため、両親名義のクレジットカード、もしくはその家族カードを使って支払いをする必要があります。

あるいはVisaデビットカードを作って支払う、という方法も可能なので、クレジットカードを使いたくない!
という方でも、問題ありません。

年会費1,900円(税込)の元が取れるの?

このAmazon Studentは、年会費が税込1,900円必要です。
となると、その元が取れるのか、という心配はごもっとも。

そこでどれぐらい利用すれば、元が取れるのか考えてみましょう。

現在、お急ぎ便とお届け日時指定便は360円、当日お急ぎ便は514円の追加料金が必要です。
そのため、前者では年間6回以上(5.28≒1,900÷360)、後者では年間4回以上(3.7≒1,900÷360)利用すれば、元が取れる計算に。

ただ、急いでないよ。
実家暮らしで家には必ず誰かいるから、いつ届いてもOK!
再配達してもらえばいいし…。
という方は、これらをまったく使わないでしょう。

つまりそういった方は、損をする可能性が…。

ですが本が大好き!
ということであれば、話は別。

毎月1冊、無料で読書が可能!

先に書いたとおり、Amazon Studentの会員は、Kindle、またはFire端末を持っているなどの特定条件を満たせば、毎月1冊無料で読書が可能です!(オーナーライブラリー)

そのため本が大好き!ということであれば、毎月この特典を利用するはず。

Kindle本は安いものであれば、500円前後のものがあります。
この価格帯の本であれば、年間4冊(3.8≒1,900÷500)の本を読めば、元が取れる計算に。

さらに毎月1冊ずつ欠かさず、読み続ければ、年間で6,000円分(=500×12)の本が読めることになります。
この場合、年会費との差額4,100円(=6,000-1,900)お得になる、というわけ。

しかも、これは安い500円前後の本の場合の試算。

これがもし、1冊1,000円前後の価格帯の本であれば、倍の8,200円お得になるのです!

これはとってもお得!

というわけで、本を読むのが大好き!という方であれば、Amazon Studentはとってもお得なのです!

最初の半年は無料なので、まずは試してみてはいかが?

今回ご紹介したAmazon Studentは、入会後最初の半年間(6か月)は年会費が無料です。

そのため、少しでも興味がわいたという方は、ぜひこちらから申し込んで試してみてください!
きっと便利でお得だと思いますよ~。

スポンサーリンク

 - 書評, 生活, 節約

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク

関連コンテンツ