29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

掃除用使い捨て手袋はサルバおむつとりかえ手袋がおすすめ!

      2018/04/22

炊事用のゴム手袋は高い!

排水溝などの雑菌が繁殖しやすく、ヌメヌメしているところのお掃除って面倒ですよね。

しかもそういう場所のお掃除に使用する掃除用の洗剤は、強力なものが多いため、素手で掃除をしていると皮膚が荒れてしまいます。

そのため以前のはるるは、こういった炊事用のゴム手袋を使っていたんです。
でも一度掃除に使ったゴム手袋を食器洗いに使うのは、しっかり洗っていたとしても、なんとなくイヤ~な気分。
そこでそのゴム手袋は、掃除専用にしていたわけ。

意外に破れやすい…

ですがこの炊事用のゴム手袋、耐薬品能力はあまり高くないのか、数回掃除に使うと硬くなってしまい、穴が開いてしまうことが多いのです。

炊事用のゴム手袋は安いモノでも、1双100円から250円前後と結構高価
そこで、もっと掃除に適した安い手袋はないものかと探していると、ありました!

というわけで今回は、掃除にピッタリの使い捨て手袋をご紹介します!

掃除用手袋には、サルバ おむつとりかえ手袋がおすすめ!

はるるおすすめの掃除用手袋がこちら、サルバ おむつとりかえ手袋です!

サルバ おむつとりかえ手袋のパッケージ

商品名のとおり、元々はおむつの取り替えなど、介護の用途向けに開発された商品です。

ですが開発元の白十字株式会社さんも以下のように書いており、掃除などのその他の用途にも使える、ナイス手袋です!

耐久性に優れているため、介護以外の用途にもご使用いただけます。

(サルバ おむつとりかえ手袋 – 白十字株式会社商品説明サイトより引用)

サルバ おむつとりかえ手袋の良いところ!

サルバ おむつとりかえ手袋には、以下のように素晴らしい点がたくさんあります!

伸縮するのでフィット感抜群!

サルバ おむつとりかえ手袋は炊事用ゴム手袋とは異なり、かなり伸び縮みするため、フィット感抜群

ちなみにはるるが装着すると、こんな感じ。

サルバ おむつとりかえ手袋を左手に装着している様子

伸び縮みしやすそうな材質だ、ということが、この画像を見ていただけるとよく分かるはず。

薄手なので物をつかみやすく、作業性が高い!

普通の炊事用ゴム手袋は、薄手の製品でも結構厚みがあることが多いです。
ところがこの手袋は、先の画像を見れば分かるとおり、本当に薄いので、物をつかんでいる感覚がしっかりと手に伝わってきます。

そのため、細かい作業も難なくこなせます!

薄手なのに頑丈!

これは使っていて本当に不思議なんですが、薄手なのにとても頑丈です。

これまでに使用中に破れたのは、たった1回だけ。
その時は浴室の鏡を掃除している際に、先端が尖った金具に手袋が引っかかってしまい、裂けてしまった、というもの。

掃除用の薬品に手袋が侵されて、ボロボロになって破けてしまう、ということは今のところ起きていません。
使い捨てにしているので、そこまでボロボロになる前に新しい手袋になっているから、という理由もあるかもしれませんが、手袋自体もかなり頑丈なんじゃないかと思います。

片方だけ使うといった使い方もOK!

この手袋は先にご紹介した画像のとおり、ティッシュ箱のような容器に、無造作に100枚の手袋が入っています。
そして左右共用のため、片方だけ使うといった使い方も可能です!

使い捨てタイプなので、衛生的!

サルバ おむつとりかえ手袋は使い捨てタイプの手袋なので、使用後はごみ箱に捨てるだけ。
いちいち洗って再利用などと考えなくていいので、手間がなく、そしてとっても衛生的です!

使い捨てはもったいないのでは?

この商品は、現在の実売価格が700~900円前後。
100枚入りなので、1枚当たり8円前後となります。
一双(左右1セット)でも16円前後なので、炊事用ゴム手袋に比べれば大分安価

もちろん炊事用ゴム手袋は使い捨てではないので、一概に比較はできませんが、大幅なコスト増ということはないはず。
むしろ衛生的で扱いが楽なので、コスト増があったとしても、多少であれば許容範囲かと。

パウダー付きなので、着脱が簡単!

手袋の内側には、着脱しやすくするために白い粉がまぶしてあるため、着脱がとても簡単。
特に外す際は、裏返しになるように引っ張って外してしまえば、汚れた面が外に露出せず、より衛生的!

ただ手袋を外した後は、白い粉が手についたままになるので、手を水で洗って落とさないといけないのが、やや面倒かもしれません。

天然ゴムアレルギーの方でも使用可能!

はるるは今のところ、ゴム製品でアレルギー症状が出た、ということはないのですが、ゴムアレルギーをお持ちの方もいらっしゃると思います。
そのため、この点も結構重要なんじゃないかと。

天然ゴムによるアレルギーの発症がありません。

(サルバ おむつとりかえ手袋 – 白十字株式会社商品説明サイトより引用)

材質が塩化ビニールのため、ゴムを使っていないから安全、ということのようですね。

サルバ おむつとりかえ手袋のダメなところ

はるるが実際に購入し、使っていて感じるサルバ おむつとりかえ手袋のダメなところは、以下の2点です。

熱に弱い

ビニル製品は60℃以上の熱に弱いので、火のそばでの使用や熱湯をかけたり熱いものに触れないでください。

(サルバ おむつとりかえ手袋 – パッケージ裏面の注意書きより引用)

ということでこの製品の弱点は熱に弱い、ということ。

はるるは、この手袋を浴室掃除などにも使っているため、シャワーのお湯(55~60℃前後)を使うことがあります。
この程度の温度のお湯では、強度の低下や穴が開くといった問題は起こっていません。
そのため、実用上大きな問題になる弱点ではない気がします。

ただ家庭用給湯器は、最大65℃くらいまでは給湯可能なので、使用の際はあまり熱いお湯を使わない方が良いでしょう。

サイズが2種類しかない

一般的なゴム手袋ではS、M、Lの3種類のサイズがあることがほとんど。(製品によっては、LLを含めて4種類。)

ところがサルバ おむつとりかえ手袋は、小さめフリーの2種類しかありません。

小さめ

フリー

そのため手のサイズによっては、ピッタリとサイズが合わない、という場合もあるかもしれません。

掃除用使い捨て手袋としてはとてもおすすめ!

今回ご紹介したサルバ おむつとりかえ手袋は、掃除の際の強い味方。
特に手荒れがひどい方には、とってもおすすめです!

ぜひ使ってみてください!

- 豆知識 -

手袋の数え方は、一組のことを一双といいます。
双(そう)と読み、セットという意味となります。

そのため手袋3双というと右手用が3つ、左手用が3つのセットの手袋という意味になります。
また左右共用の手袋が6つ入っている場合は、6枚入りと書かれていることがほとんどでしょう。

 - 掃除, 生活 ,

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク