29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

夏におすすめ!冷たいホエイプロテインを飲む方法

      2018/04/22

暑い時期になると、こう思うことがありませんか?

冷たいプロテインが飲みたい!

はるるはプロテインを筋トレ後に飲むようにしています。
この時期の筋トレの後は、かなり体が熱くなり、とても喉が渇きます。

当然ゴクゴクとプロテインを飲みたいわけです。

ですが普通にプロテインを飲む準備をする場合、最近では常温の水に溶かしている方が多いんじゃないでしょうか。

もちろんはるるもその一人。

だから、プロテイン シェイカーにできあがったプロテイン水溶液は、とにかくぬるいのです。
そのため以前は、う~んぬるいなぁ、冷たければ、おいしくゴクゴクと飲めるのに、なんて思いながら、飲んでいました。

そこで、あっ!だったら冷やせばいいじゃん!
とひらめいた、はるる。

さっそく冷たいプロテインを試してみたところ、かなりおいしくて良い感じ。
というわけで今回は、冷たいプロテイン、名付けてアイスプロテインの飲み方をご紹介しまーす!

はじめに

今回ご紹介するアイスプロテインの飲み方は、こちらのプロテイン シェイカーと、はるるが愛飲しているDNS プロテインホエイ100 バニラで試した方法です。

これ以外のプロテインだと、もしかしたらおいしくないだとか、プロテインが溶け残る、シェイカーに傷が付く・破損といった問題が起こる可能性があります。

そのため実際に試す際は、少量で問題がないことを確認してから、通常の量を作ることをおすすめします。

アイスプロテインを作ろう!

作り方はとっても簡単。

用意するもの

まずは普通のプロテイン水溶液を作るためのプロテイン シェイカーとプロテイン、氷を用意します。

ちなみにこちらが、はるるおすすめのシェイカーとプロテイン。

プロテイン シェイカー

プロテイン

氷は冷凍庫で作ったものでOKです。

アイススコップの上にのっている氷

後はプロテインを溶かすのに使用する、水や牛乳を用意します。

つまり、普通のプロテインの材料 + 氷を用意すれば良いのです。

 アイスプロテインの作り方

まずはプロテインシェイカーに、水 or 牛乳とプロテインを投入します。

水とプロテインが入っているプロテインシェイカー

この時のポイントは氷を入れた分、水 or 牛乳の量を減らすこと。
こうすることで、濃度(味)が薄くなることを防ぐのです。

次に氷を投入します。

水とプロテインが入っているプロテインシェイカーに氷を入れる様子

氷が解けない新鮮なうちに、プロテインシェイカーに投入するのがポイント。

白い粉の上に浮く、氷。
何となくこれ、ホントに食べ物なの?という異質な感じがします。

水と氷とプロテインが入っているプロテインシェイカー

ですがホントにおいしいのでご安心を。

あとは普通にプロテインを作るのと同じようにシェイク!
と言いたいところですが、いきなりパワー全開でシェイクするのはNG

というのも、氷でシェイカー内部に傷が付いてしまうため。

ではどうするのか、というと、まずはシェイカー内部の液体を回すように、シェイカーを動かし、内部の氷を解かします。
10~30秒ほど回していると、キレイさっぱり解けて氷はなくなると思うので、気長に動かしてみてください。

そして氷が解け切ったら、フルパワーでシェイク!
気が済むまで振ってあげてください。

シェイクが終わったら、気泡が減るまで数分放置し、完成です!

こうしてできあがったアイスプロテインがこちら!

シェイクが終わったプロテインシェイカー

見た目は普通にプロテインを作った状態と、まったく変わりません。

ですが実際に飲んでみると、これがとってもおいしい
しかも冷たいので、ごくごく飲める

というわけで、冷たいプロテイン、夏場にはおすすめです!
興味がある方は、ぜひ試してみてください!

補足:氷は解ける?溶ける?

このエントリーを書いていて、氷は解けるのか、溶けるのか、迷ってしまい、ついでに調べてみました。

自然にとける場合は解かす、人工的にとかす場合は溶ける、という使い分けが一般的とのこと。
氷が解けて跡形も残らないように問題が解決することを、氷解するというので、これで覚えておけば良さそうな気がします。

ちなみに他に融けるという漢字もありますが、とけるという訓読みは常用外なので、一般的にはあまり使われないそう。

以上、補足でした。

 - 健康

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク