29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

ニトリのアジャスター(長さ調整可能な)カーテンフックが便利!

      2016/09/10

カーテンが汚れている!

2週間ほど前のこと。
ふと、窓の外を見ていると、カーテンが汚れていることが気になりました。

はるるは晴れている暖かい日には、なるべく家の窓を開けて換気をするようにしています。

ただカーテンを開けるとお隣さんから、部屋の中が丸見えに。
そのためレースのカーテンは閉じたまま、換気をしているわけ。

その弊害として、風が強い日には、レースのカーテンが網戸に張り付いて、網戸の汚れがついてしまうことがあるんです。

スポンサーリンク

こればっかりは仕方のないことなので、カーテンが汚れたら、洗濯機で洗うことにしています。

カーテンを洗濯!ところが…。

幸いなことに、はるるの自宅のレースのカーテンは、水洗いOKのもの。
洗濯ネットに入れて、手洗いモードを使用すれば、洗濯機で洗濯可能なわけ。

そこで今回もいつもどおり、カーテンをカーテンレールから外し、洗濯機で洗濯したまでは良かったんですが…。

あれ!?カーテンフックが足りない!!?

そうなんですよ!

せっかくカーテンを洗ってキレイになったのに、いざカーテンをレールに付けようとしたら、カーテンフックが1個足りないんです!

う~ん、どうやらカーテンからカーテンフックを外す際に、なくしてしまった模様です。
心当たりのある場所や洗濯ネットを探したんですが、結局見つからず…。

これじゃあ困る、というわけで、急きょ近所のニトリさんに、カーテンレールを買いに行くことに。

これ良いじゃない!

ニトリさんに到着した、はるる。
さっそく現在使用しているカーテンフックと同じ、金属製のカーテンフックを探すことに。

ちなみにはるるが探していたのは、こんな感じの金属製のカーテンフック。

いたって普通のカーテンフックです。

そしてニトリさんでも、このカーテンフックと同じような、金属製のカーテンフックを発見。
さっそくこれを買おうと、商品に手を伸ばそうとすると、その右隣に気になる商品名が。

その名もアジャスターフック!

アジャスター、つまり調整可能なカーテンフックということだよね、これ!

だったら、すごく良い!
よし、これにしよう!

というわけで、金属製のカーテンフックを買うのをやめ、こちらのアジャスターフックをお買い上げ。

とっても便利!ニトリのアジャスター(長さ調整可能な)カーテンフック!

こちらがはるるが購入してきた、ニトリさんのアジャスターフック

nitori-curtain-hooks-1

10個入りで税抜き190円と、かなりリーズナブル

材質はご覧のとおり、樹脂製です。

最大の特徴はアジャスタブル!

このアジャスターフック最大の特徴は、なんといってもアジャスタブル(調整可能)なところ。

何を調整可能なのかというと、カーテンの一番下の部分を床からどれぐらい浮かすか、というカーテンの丈の調整が可能になるんです!

たとえば既製品の(オーダーカーテンでない)少し長めのカーテンを買ってしまった場合、カーテンの丈が長すぎて、カーテンを引きずってしまうことがあります。

そんな時、このアジャスター機能付きのカーテンフックを使ってカーテンの丈の調整を行うことで、カーテンを引きずらなくなります。

具体的にはこんな感じで調整します!

こちらが購入直後の状態のカーテンフック。

nitori-curtain-hooks-2

仮に購入したカーテンの丈が長すぎた場合、このようにフックの位置を一番下まで伸ばせば、最大4cmほどカーテンの位置を上に上げることが可能です。

nitori-curtain-hooks-3

反対にカーテンが短かった場合、フックの位置を上に上げることで、カーテンの位置を下に下げられる、というわけ。

nitori-curtain-hooks-4

これは本当に便利!
よく考えられた商品だなぁ、と感心。

なぜこの商品を買おうと思ったのか

これにはしっかりとした理由があります。

はるるの自宅は、一戸建て。
と言っても格安の建売住宅だったので、入居当初には、網戸もカーテンレールも付いていない状態でした。

そこでインパクト水準器を使って、自分でカーテンレールを取り付けていたんです。
ところが今回カーテンフックをなくしてしまったカーテンを付けているカーテンレールのみ、取り付けに失敗してしまいまして…。
少しだけやや右下がりの状態だったわけ。

そのため以前使用していた金属製のカーテンフックだと、カーテンを閉めた際に、左右両端のカーテンのすその高さが、少し違っていたんです。

これを補正するために、アジャスターフックを買ったわけなんですが、これが結構良い感じ。
完全に補正できたわけではありませんが、アジャスターフックを使って、丈の調整をすることで、その違和感が大分マシになりました。

吊り方を調整することも可能!

今回ご紹介したニトリさんのアジャスターフックは、カーテンの吊り方を調整する意味でも使用可能です。

これはどういうことかというと、こんな感じ。

nitori-curtain-hooks-blockquote

(楽天市場 – ニトリアジャスターフック販売サイトより引用)

つまりダブルレールのカーテンレールの室外側と室内側のどちらにも使える、カーテンフックということ。

一本で二役に使用可能で本当に便利!

ちなみに上図Bタイプのように、カーテンレールを隠すようにカーテンを取り付ける場合は、室外側と室内側のカーテンの長さがかなり異なるので、オーダーカーテンを作る際はご注意ください。

楽天で購入すると便利!

ニトリさんの商品は楽天さんで購入可能なので、楽天さんのアカウントを持っている方であれば、以下から購入されると簡単です。

ニトリさんのアジャスターフックを楽天さんで購入する

カーテンの長さを調整したい方には、本当におすすめ!

はるるの自宅のように、カーテンレールが水平に設置されていない、というお宅は珍しいと思います。
ですがカーテンの長さが既製品だとうまく合わず調整したい!というケースは、結構あるはず。

そんな時には、ニトリさんのアジャスターフックがおすすめでーす!

スポンサーリンク

 - 生活, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク

関連コンテンツ