29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

ラーメンにライス(ご飯)は邪道?食べ方が分からない?おいしいのにもったいない!

      2018/04/22

今日の主役は、ズバリこれ。

山盛りのご飯茶碗を持っている若い男性

そう!ご飯です!
つまりライスですよ!ライス!

ラーメンを食べに行きました!

先週末、高校の頃からの付き合いの女性と、ラーメン屋さんにご飯を食べに行く機会があった、はるる。

その女性とラーメン屋さんに行くのは初めてだったんですが、店員さんに注文を伝えた後に、こんなことを言われました。

ラーメンにライスって邪道だよね

よくラーメン屋さんでライスを頼めるところがあるけど、そこでご飯を頼むのは邪道だと思わない?

これにはドキッとしましたよ~。

その日は偶然、あまりお腹が減っていなかったので、そのお店の一番人気の味噌ラーメンだけを頼んでおりました。
でもね、普段はほぼ100%ラーメンにご飯を付けていたわけですよ。

つまり、その方に言わせると。

私は邪道なことをする男!?

というわけ。

ですがはるるは、ラーメン屋さんでライスを頼むのは邪道だ!
なんて思わないんです、今は、ですけどね。

だからその女性に、ラーメンとライスは一緒に食べるとおいしいんだよー!
とラーメンを食べながら、語ったんです。

その日はライスを頼んでいないのに(笑)

というわけで今回は、ラーメンにライス(ご飯)は邪道?食べ方が分からない?おいしいのにもったいない!と題してお送りします。

ラーメンにライス!? 何それ?

こう感じる方も、もしかしたらいらっしゃるのかもしれません。

はるるの住んでいる地域のラーメン屋さんでは、ラーメンだけでなく、サイドメニューとしてご飯を注文できるお店が多いのです。
またラーメンを頼めば、小ライス(または半ライス = 小さい茶碗に盛られたご飯)1杯無料、なんてお店も。

場合によってはランチタイムは、ご飯のおかわり自由!
なんて太っ腹なお店もあるんです。

ただこのサイドメニューのご飯、以前仕事の出張で行った、とある地域のラーメン屋さんだと頼めなかった(出張中に4軒行って、全店で取り扱いなしだった)ので、全国的な文化ではない…?のかもしれません。

また、ラーメンの味をしっかりと味わって欲しい!
という理由で、ご飯をおいていないお店もきっとあると思います。(ご飯をおいているお店は、ラーメンの味に自信がないとか、おいしくないとか、そういうことじゃないですよ。ご飯をおく、おかないというのは、お店の店主の方の考え方次第だと思うので。)

そのためラーメンにライス!? 何それ?そんなの知らないんだけど?
という方は、そういう注文ができるお店があるんだ、へぇ~!ぐらいに思ってくださいな。

さて、いよいよ本題。

ラーメンにライス!? そんなの邪道だよ! そんなふうに考えていた時期がはるるにもありました

まず、邪道という言葉なんですが、よく正当でない、というような意味合いで使うことが多いと思います。
ですがこれが正しい意味なのか、心配になったので念のため。

邪道(じゃどう)とは、仏教用語で、仏道に外れた不正な教えのこと。
転じて、一般に、本筋に沿わない不当なやり方を評していうのに用いられる。

(Wikipedia – 邪道より引用)

ふむふむ、本来は仏教用語だったんですね。
これは知りませんでした。

ただ、今どきは正当でない、不当である、という意味合いで使ってOK!
ということのようです。

そして先の女性によると、ラーメン屋さんでラーメンと一緒にライスを頼むのは、正当な注文方法ではないのだ!
というわけ。

こう言われると、はるるを含めた全国の、ラーメン屋さんでラーメンと一緒にライスを頼む派の方は、ちょっとイラッとするかもしれません。
でも、はるるはこの女性の気持ちが分からなくもないのです。

というのも。

以前はラーメンにライス!? そんなの邪道だよ!と思っていました

5年ほど前までは、はるる自身、ラーメンにライス!?
そんなの邪道だよ!

こう思っていたのです。

だって、ラーメン屋さんにせっかく外食に来ているわけですよ。
それなのに、ラーメン + ご飯でお腹いっぱいに食べるなんて、どうなのよ、もったいないじゃない。
並盛りのラーメンじゃ、お腹がいっぱいにならないなら、大盛りのラーメンを頼むか、替え玉を注文すれば良いのに。

なんて、ラーメンとご飯を一緒に頼んでいる方を見かける度に、思っていました。

ところがそんなはるるの考えは、現在ではすっかり変わってしまったわけですね。

考え・好みが変わったのは、友人のすすめ

その日は友人に、豚骨醤油系のおいしいラーメン屋さんが近所にできたので食べに行こう、と誘われ、ついていくことに。

そして注文の際、友人はラーメン+ライスを頼んだわけ。

その時はるるは内心、え~ご飯じゃなくて大盛りにすれば良いのに~、と思ったんですが、個人の好みだし、と思って何も言わず。

自分は大盛りで!

と店員さんに告げたんです。

すると友人が間髪入れず、ダメだよ!ここは、ご飯と合うから、ご飯は必須!
あっ!店員さん、今のナシで、今の大盛りやめて、こっちも並盛り + ライスで。
と勝手に注文を変更。

さらに、それでいいよな!?と。

はるるは友人の勢いに負けて、ついつい、うん、と頷いてしまい…。

注文変更確定。

そんなこんなで、ラーメンができあがるまで待っていたわけなんですが、はるるのテンションはジェットコースターのように急降下。
せっかくラーメンをお腹いっぱい食べようと思ったのに…。

でもまぁ、(勢いに負けてしまったとはいえ、)OKしちゃったわけだし、しょうがない。

何事も食わず嫌いは良くないし、とりあえず食べてみよう、と無理やり前向きに考えることに。

そして届いたラーメン + (おまけの)ライスを、友人の食べ方を真似して食べてみると。

うまい!!!! そして、ご飯がすすむ!

もうね、一口目のご飯で衝撃。

2口目のご飯で再確認。

3口目のご飯で確信。

ラーメンにライス(ご飯)はとってもあう、そしてうまい! ご飯が進む!

これまでラーメンとライスを一緒に食べたことがない方は、にわかには信じ難いことかもしれません。
ですが、これは事実です。

そして、はるるのラーメン = 主食という固定概念は、見事に覆ったのです。

ご飯と共にあるラーメンは、主食ではなくなるのです。
つまりラーメンは、ご飯に合う最高のおかずになってしまうんです!

この一件以来はるるの中で、ラーメンにライス(ご飯)は邪道ではなく、王道になったのです!

王道とか邪道とか、物事にはたしかにそういうことは、大なり小なりあると思います。

世間一般的には、ラーメンにライス(ご飯)は王道なのか、邪道なのかは分かりません。
ですがはるるの心のなかでは、ラーメン単品よりも、ラーメンにライスをつけた方が二度おいしい!
だから、王道だ!と考えています。

もちろんラーメンによって、ご飯に合う合わないはあります。
だから常にご飯を頼むわけではないので、自分の中で常に王道である!
と言い切るのは、難しいですが…。(ご飯に合うのは、味噌や豚骨醤油などの濃い味のものが多い、という印象です。)

ただ食べたことがないのに、ラーメンにライス(ご飯)は邪道だ、とかおいしくない!
と決めつけるのは良くなかったことだ、と当時は反省。

というわけで。

ぜひ試してみてくださーい!

もし行きつけのラーメン屋さんで、店員さんに注文の際に、ライス(ご飯)をつけますか?
と聞かれたり、他のお客さんの多くがご飯を頼んでいるお店の場合、きっとご飯と相性が良い(おいしい)ラーメンなんだと思います。
それを売りにしているラーメン屋さんもあるくらいなので。

そういったお店では、ラーメンにライスは邪道だ!
なんて思わず、一度ライスを付けて、注文して食べてみてください!

もしかしたら、はるるのように考えが180度変わってしまうかもしれませんよ~。

ぜひ試してみてくださーい!

あっ!ちなみに余談ですが、はるる、ラーメンは好きな順番で言うと、味噌、とんこつ、塩、醤油の順番です。

ラーメン通の友人によると、『醤油や塩でこそスープの味が分かる』そうです。
それはそうなのかもしれませんが、こればかりは好みの問題ですし、味が分かるとか、そういうのはあまり良く分かりません。

はるるがおいしいと感じれば、それで良いじゃない、ということで。
はるるは、味噌ラーメンが一番好きでございます。

 補足:ラーメン + ライス(ご飯)の食べ方

好きに食べてください、というのが結論。

ですが、それでは初めてラーメン + ライス(ご飯)を頼んでみよう、という方の参考にはならないと思うので、はるるなりの食べ方をご紹介しておこうかと。

ご飯の食べ方を書いてあるお店の場合

ラーメン屋さんの中には、ラーメンとご飯を一緒に注文して食べるとおいしいですよー、というのをウリ文句にしているお店もあります。
そういったお店の場合、店内の壁などに、ご飯をどう食べると良いか、書かれている事があります。

例えばこんな感じ。

  1. ご飯にお店特製辛子を少量のせる
  2. のりをスープに浸す。
  3. ノリでご飯を巻いて、一緒に食べる

こういった場合は、素直にそれにしたがって、食べるのがよろしいかと。
はるるも初めて行くお店の場合は、それにしたがって食べるようにしています。

ご飯の食べ方が書いてない場合

食べ方はさまざまだと思いますが、はるるの場合、こんな感じで食べることが多いです。

  • ラーメンの麺を一口すする。
    その直後にご飯を一口、食べて、口内調味を楽しむ。
  • ご飯を一口食べる。
    その直後にラーメンのスープを飲み、口内調味を楽しむ。
  • チャーシューを箸で1/4ぐらいにちぎって、ご飯と食べる。
    いわゆる、ミニチャーシュー丼。
  • ご飯が少なくなってきたら、レンゲでご飯茶碗に適量のラーメンのスープをかけて、ラーメン雑炊のようにして食べる。

その他に見たことがある食べ方

  • ご飯の上にラーメンの麺をのせて、一緒に食べる。
  • ラーメンとご飯が届いた直後に、ご飯をラーメンの器に全量投入。
    これはかなり豪快でした。

別々に味を楽しむのではなく、味を混ぜて楽しむ方が多い印象です

他の方の食べ方を見ていると、ラーメンとライスを一緒に注文する場合、ラーメンをひとくち食べて、飲み込んでから、ご飯を食べる。
ご飯を飲み込んだら、またラーメンを食べる。
というような、交互に食べる方法で食べている方は少ない、という印象です。

はるるもそうですが、口の中でラーメンとご飯を混ぜる口内調味、もしくはご飯にスープをかけるなど、ラーメンとご飯の味を混ぜて食べる方が多い気がします。
これも個人の好みなので、他人がとやかく言うことじゃないですけどね。

というわけで興味がある方は、以上を参考に、おいしいラーメン・ライスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 - 生活

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク