29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

一度食べてみてほしいキムチ鍋に入れるとおいしいおすすめ食材

      2018/04/22

暑い時こそ熱い食べ物を食べよ!

なんてよく言いますよね。

これ、なんでそうなのか、知らなかったんですが、ふと気になったんですよ。
そこで少し調べてみたところ、どうもこんな理由があるそうです。

  • 熱い時には冷たいものを食べてしまいがち。
    だからといって、冷たい食べ物(キンキンに冷えたスイカやアイスなど)ばかりをとっていると、体温が下がりすぎてしまい、身体機能が低下したり、体調不良になる
  • ゴクゴクと冷たい飲み物を飲むことで、胃液が薄まり、食べ物を消化する能力が弱まって、栄養がしっかりと吸収できない、または消化に時間がかかるようになる。
  • 腸の動きが鈍って便秘がちになる。
  • これらの問題を防ぐために、暑い時こそ熱い食べ物を食べるのだ!

暖かい地方の国の人は温かいものをよく食べるらしい

さらに調べてみると、一年中熱い国、例えばインドは、カレーなどの熱くて辛いものがよく食べられている。
またタイやベトナムなど、日本以上の高温多湿となる東南アジアの国でも、香辛料がたくさん入った、これもまた熱くて辛い料理が日常的に食べられているらしいのです。

ふむふむ、なるほど。

先に挙げた科学的な理由はもちろんのこと、日本に比べ、より熱い地域の方々も長年の生活の知恵からそうしている、というわけですから、暑い時こそ熱いものを食べよ!
という言葉には、かなりの説得力がある気がします。

とまぁ、こんな感じで導入部分を書いてみたわけなので、今回のテーマは暑い時こそ熱い食べ物を食べよ!
だと思いますよね…。

でも違うんですヨ。

今回、はるるがお伝えしたいのは、ズバリこちら!

一度食べてみてほしい、キムチ鍋に入れるとおいしい(と思う)おすすめ食材

キムチ鍋っておいしいですよね。

一年中おいしいけれど、暑い夏に汗をダラダラかきながら食べると、特においしい気がするのは、はるるだけでしょうか。
まさに暑い時こそ熱い食べ物を食べよ!ですね。

そして先日スーパーマーケットに行った時に、キムチ鍋の特設コーナーがあって、こう思ったんです。

そういえば、今年はまだキムチ鍋を食べてないなぁ

そこで、キムチ鍋の素を買おうか迷ったんですが、あまり安売りしていなかったので、延期することに。
でも、ふと昨年はるるの家で開催した、キムチ鍋パーティーでのとあるエピソードを思い出しました。

それがどんなものかというと。

え!?キムチ鍋にそれを入れるの?

両手にネギを持っている若い男性

キムチ鍋に入れる定番の食材といえば、豚バラ肉、白菜、しらたき、舞茸、人参、豆腐、えのきたけあたりなんじゃないかと思います。
他には、ニラや長ネギ、しいたけ、もやし、鱈(たら)、牛モツ、肉団子なんかを入れても、とってもおいしいですね。

ですがはるる的には、キムチ鍋に欠かせない食材が他に3つあります。

でね、その3つを昨年のキムチ鍋パーティーで、鍋に投入しようとしたところ、他の参加者3名全員が3つのうち、2つの食材についてNGを出したんですよ。

え!?それを鍋に入れる気?
ないわ~って感じの反応でした。

確信がありました!

ですがはるるには、確信があったんです。

絶対においしい!と言ってもらえる、という確信が。

だから、だまされたと思って試してみて!!
といった感じで、やや強引に投入。

主催者ははるる!
そして今日の鍋奉行は、はるるだ!というやや強引なノリです。

これ、いける!というか普通にうまい!

さて、そんなこんなでグツグツとおいしそうに煮えた問題(NG)の2品を、食べてもらったわけなんですが、これが予想通りの大好評

これ!おいしいわ!
キムチ鍋の汁の味に合って、最高だ!

というように先ほどの、え…それ本当に入れるの…?
という雰囲気とは打って変わって、もっと入れよう!
足りないなら追加で買ってくる?
なんて状況になったんです。

まさに ( ̄ー ̄)ニヤリ、ですよ。

キムチ鍋には、おいしいので欠かせないと思う3つの食材

まず1つ目がこちら。

うどん

はるるのおすすめは冷凍うどんですが、生タイプでもOK!
これを鍋にドボンと投入し、火が通ったら、キムチ鍋の汁と一緒にズルズル~と食べると、ホントにおいしい!

冷凍うどんの場合、2~3分ほど茹でた状態がコシがあって一番おいしいです。

うどんの代わりにラーメンを入れてもおいしいですが、はるるのおすすめは、やっぱりうどんかなぁと。

ちなみにキムチ鍋にうどんを入れる、というアイデアははるる独自のもの、というわけでありません。
元々は高校時代にはるるがアルバイトをしていた、有名和食ファミリーレストランのメニューにセットでうどんが付けられ、これを従食(従業員の食事補助制度)で食べておいしかった、というのが元ネタです。

このうどんだけは、NGが出ませんでした。
味がなんとなく想像できて、おいしそうだったから、でしょうかね。

ウィンナー

これ、おいしいんですよ、本当に。
特にアルトバイエルンとかシャウエッセンなんかの皮がパリッとしている、高級ウィンナーを入れると最高です!

え~ホントに!?信じられない!
という気持ちはよく分かります。

なにしろ、おすすめしているはるる自身、このウィンナーがキムチ鍋に合う、というのは最初は信じられませんでしたから。

これもネタ元ははるるではなく、大学時代にお付き合いしていて、一時期同棲をしていた、当時の彼女さんの発案。

餃子

これもキムチ鍋には外せません。
いわゆる鉄板(間違いない)ってやつですね。

おすすめは、チルドのくっつき防止&羽をつけるための片栗粉( or 小麦粉)がまぶされていない、10個入り100円前後の安い餃子
片栗粉がまぶされているとダメ、というわけではないのですが、キムチ鍋に粉ごと入れると、キムチ鍋の汁にとろみが付いてしまい、味や食感が変わってしまいます。

また水餃子のような感じになるため、高級な餃子でも安い餃子でも、キムチ鍋の汁の味に変わります。
そのため、安い餃子を2パック(餃子20個分)買って、投入する方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

これもネタ元は、大学時代の彼女さんです。

というわけで、だまされたと思って。

キムチ鍋をする時にぜひ試してみてくださーい!

はるるはとってもおいしいと思うんです!
だから自信を持っておすすめします!

でも念のため。
おいしくなかったらごめんなさい。

 - 料理

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク