29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

マウスやキーボードのベタベタ、ヌルヌル掃除にはエタノール!

      2016/04/26

昨日のお昼ごろのこと。

今日もおいしくできたなぁ、なんて思いながら、大好きなペペロンチーノを食べていると、一本のお電話が。

もしもーし!
と電話にでると、親しい友人からの悲痛な叫び。

マウスが動かない!

話を聞いてみると、どうも午前中にパソコンデスクの周りを掃除した後から、マウスが動かなくなったそう。

そこで、USBケーブルがちゃんと刺さっている?
USBケーブルを抜き差ししてみて!
など、電話サポートによる軽いトラブルシューティングを試みたのですが、一向に改善せず。

急きょペペロンチーノを食べ終えてから、友人の自宅にうかがうことに。

スポンサーリンク

たしかに動かない…

そして友人宅に到着し、マウスを動かしてみると、たしかに動きません。
試しに同じUSBポートにキーボードを差し替えてみると、キーボードは正常に動作します。

ふむふむ。
となると、USBポートの不具合ではなさそうだ。

そこでマウスのドライバなんかの確認をしていたんですが、途中でだんだんイライラしてきたんです。

なぜかっていうとね。

マウスがすごいヌルヌル、ベタベタでとにかく脂っぽいんです!

まだマウスを数分間触っただけなのに、手がすごいヌルヌルに…。

しかもキーボードには、ポテトチップやチョコレート菓子の破片と思しき食べこぼし…。

別にそれぐらいでイライラするなよ~、と思われるかもしれません。
ですが、これだけは本当にゴメンナサイ!

ベタベタ、ヌルヌルマウスが大嫌い!

はるるはベタベタしているマウスやキーボードが大嫌い。
そして、ヌルヌルしているマウスやキーボードも大嫌いです。

食べこぼしで汚れているキーボードなんてもっての外!

マウスやキーボードは、常にキュキュっとしていないとイヤなんです!!

自宅や会社のマウスやキーボードは、毎日掃除しています!
常にキュキュっとしていないとイヤなんです!

こういうこだわりがあるのって、珍しいんでしょうか…。

電池!!

とはいえ最優先すべきは、友人のマウス不調の原因を突き止めること。

そこでいろいろ調べていると、なんとなくマウスが軽いことに気付きました。

この友人が使用しているマウスは無線タイプ。
そのため電池(もしくはバッテリー)を内蔵しているので、有線タイプに比べ少し重いはず。

にも関わらず、かなり軽い。
もしや…と思い確認してみると、やはり…。

はるる『掃除の時に電池を外したでしょ?』

友人『うん。あっ!…』

はるる『それが原因じゃない?』

というわけで、電池を入れてみると、案の定正常に動作しました。

これにて一件落着!なわけなんですが、どうしても我慢できず、言ってしまいました。

デスクの掃除をするなら、一緒にマウスやキーボードも掃除しようよ!

はるる『このマウスとキーボードのベタベタ、ヌルヌル感!これ、気にならないの?』

友人『あぁこれね。気になってたんだけど、掃除の仕方が分からなかったんだよね~。』

はるる『えっ!そうなの?ゴメンね。』

友人『いや、一応、ウェットティッシュで拭いてはみたんだけど、あまりキレイにならなかったんだよね…。だからあきらめてた。』

はるる『そっか。それならしっかりとキュキュっとさせる方法があるよ~!』

友人『ホントに!それすごいな!教えて!』

といったことがあったんです。

そしてこの友人に、近所のドラッグストアで掃除に必要なグッズを買ってもらい、実際に掃除をしてもらったところ、見事にキュキュッとなった!と喜ばれたわけ。

そこで今回は、はるるおすすめのマウスやキーボードのベタベタ(ベタつき)、ヌルヌルを掃除する方法をご紹介します!

はじめに

今回ご紹介する、ベタベタ、ヌルヌルの掃除にはエタノールを使用します。

掃除対象となるマウスやキーボードの材質によっては、表面が傷んでしまう、印字がとれてしまう、といった問題が起こる可能性があります。
また拭き掃除の過程で、傷がついてしまう可能性もあります。

そのため事前に目立たない箇所で試して、問題がないことを確認してから掃除を行ってください。

掃除を始める前に

掃除を始める前に、まずパソコンを終了してください。
そうしないと掃除の最中に、キーボードやマウスが反応していしまい、とんでもないことに…。

安くお手軽に掃除をする方法

まずは掃除に必要な物が、安く手に入る掃除方法をご紹介します。

掃除に必要なもの

必要な物は、どこのドラッグストアでも置いてあるキッチン用アルコール除菌スプレーキッチンペーパーだけ。

これなら自宅のキッチンにある!という方もいらっしゃると思います。

またなかったとしても、それぞれ数百円で購入できるものなので、買いやすいんじゃないかと。

掃除の仕方

これはとっても簡単。

キッチンペーパーに、キッチン用アルコールを少量含ませて、拭き掃除をするだけです。
掃除が終わったら、後は自然に乾燥するのを待ちます。
これだけで見違えるほどに、マウスやキーボードがキュキュっとするんです!

ちなみにうちわで扇ぐ、扇風機の風にあてるなどすれば、キッチン用アルコールが乾くのが早くなります。

マウスの細い溝の部分にたまった汚れは、爪楊枝にキッチンペーパーを巻いて、ほじくり出して掃除しましょう。

キーボードのキーとキーの間は掃除が面倒ですが、定規などの薄いものにキッチンペーパーを巻くと掃除がしやすいです。

また、この時には一点だけポイントがあります。
それは、キッチンペーパーがボロボロになる前に、こまめにキッチンペーパーを交換すること。
そうしないと、ボロボロとちぎれたキッチンペーパーの紙片が、キーボードの奥に落ちてしまい、取るのが大変になるからです。

こうなると、場合によっては、キートップ(キーの上側の、指が主に当たる部分)をはずさなければ紙片が取れなくなるので、ご注意を。

ただキーとキーの間は、キートップほど指が頻繁に触れるわけではありません。
そのため、キーとキーの間については、時々の掃除でもOKでしょう。

ティッシュじゃダメなの?

キッチンペーパーの代わりにティッシュペーパーじゃダメなの?
と思われるかもしれませんね。

ダメではありません。

ただティッシュペーパーは、キッチンペーパーよりもさらにボロボロになりやすく、掃除がしづらいです。
そのため自宅にキッチンペーパーがあるのであれば、そちらを使うことをおすすめします。

無水エタノールとキムワイプを使う方法

キッチン用アルコールはエタノールの濃度が45~60%弱の製品が多く、速乾性がありません。
また、キッチンペーパーは掃除をしている過程でボロボロになりやすく、紙片や繊維ゴミがマウスの表面についてしまうこともしばしば。

そしてこれらの問題を解決するのが、無水エタノールとキムワイプを使う方法
掃除に必要なものの調達費用が多少上がってしまいますが、はるるのオススメはこちらです。

掃除に必要なもの

掃除に必要な物は、無水エタノールキムワイプ

無水エタノールは、ドラッグストアで1,000円前後で販売されています。

キムワイプは一見ティッシュのように見えますが、繊維ゴミが出にくいという特徴があります。

掃除の仕方

これは、先にご紹介したキッチン用アルコールとキッチンペーパーを使った掃除方法とまったく一緒。
無水エタノールを適量キムワイプに含ませ、拭き掃除をするだけです。

尚、無水エタノールに長時間触れていると、脱脂(油分を除去する)作用により肌が荒れてしまうことが。
そのためお肌が弱い方は、ゴム手袋の着用をおすすめします。

消毒用エタノールじゃダメなの?

無水エタノールに似たものとして、消毒用のエタノールがあります。

無水エタノールと消毒用エタノールの違いは、エタノールの濃度だけ。
そして意外に思われるかもしれませんが、消毒用の方が濃度が低いのです。

双方の脱脂能力はあまり変わらない印象ですが、消毒用の方は水分が多いため、掃除後にその水分が白い斑点となって残ることがあります。

また、もしエタノールを含ませすぎてしまい、マウスの内部にエタノールが付着してしまった場合、消毒用エタノールでは残ってしまった水分が原因で、ショートしてしまう可能性もゼロではありません。(可能性は低いとは思いますが…。)

こういった理由から、はるるのおすすめは無水エタノール
ですがマウスやキーボードのベタベタ(ベタつき)、ヌルヌルを掃除する分には、消毒用エタノールでも十分。
そのため白い斑点が気にならないのであれば、消毒用エタノールでもOKです。

掃除の際の注意点

キッチン用アルコール、無水エタノール、消毒用エタノールを使った掃除を行う際は、共通して以下の点にご注意ください。

火気厳禁!

大小はあれど、上記のいずれも引火性があります。
そのため火の近くで掃除を行うと、引火してしまう可能性があり、大変危険です。

掃除の際は火気厳禁!

換気を行う

掃除中は成分が気化するため、換気をしっかりと行ってください。
そうしないと、気分が悪くなってしまうことがあります。

含ませるのは少量!

掃除に使用するアルコール類(エタノール)を、多量に拭き取り用のキッチンペーパーやキムワイプに含ませると、ふき取りの際に、マウスやキーボードの内部にまでアルコール類が入ってしまいます。

こうなると、最悪の場合、機材が壊れてしまうことも。
そのためアルコール類を含ませすぎて、拭き取ったら機材がビチョビチョ、なんてことにならないようにご注意を!

ゲームのコントローラーにも使えます!

今回ご紹介した掃除方法は、ベタベタ・ヌルヌルのマウスやキーボードには効果絶大!
しかもそれだけではなく、同じくベタベタ・ヌルヌルになったゲームのコントローラーにも使えます!

そのためベタベタ・ヌルヌルのマウスやキーボード、コントローラーにお悩みの方は、ぜひ試してみてくださーい!

スポンサーリンク

 - Windows, デジタル・家電, 掃除, 生活

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク

関連記事