29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

電気使用量 照会webサービスを使おう 楽しい節約生活

      2018/12/19

光っている電球

3か月前の電気料金や電気使用量がどれくらいだったか、分かりますか?

う~ん、3か月くらいまでならなんとか、という方もいらっしゃるかも。
では今月と同じ月の昨年の電気使用量は?
と聞かれると、まず覚えている方はいらっしゃらないはず。

ですが節約をする上では、実際にどれくらい電気を使っているのか、昨年と比べてどうか。
といった内容をしっかりと把握しておくのはとっても大切

そうしないと節約をした効果が見えず、モチベーションが維持できません
また前月に実施した節約は効果的だったのかどうか、その成果さえも分かりません

え~、でももう明細を捨てちゃったよ~。

そんな場合におすすめなのが、こちらのサービス。

電気使用量 照会webサービス!

スイマセン、勝手に名前を付けました。
といいますのも、日本では地域により電気を購入できる電力会社が違いまして、電力会社によってこのサービスの名前が違うんです。

どんなサービス?

電力会社によって、そのサービス内容は異なります。
ですが各社とも、メールアドレスとパスワードでアカウントを作成してログインを行うと、過去数年間の電気料金や電気使用量を確認できる、という点はほぼ一緒。

登録時には、毎月ポストに届く使用明細記載の顧客番号が必要になる場合があるので、事前に用意しておくと良いでしょう。

また電力会社によっては引っ越し手続きや、支払方法の変更、契約アンペアの変更なども、webサイトから手続きが可能です。
そのため昼間は仕事で電話ができないという方にも、うってつけのサービス。

中には他の似ている家庭の平均との、電気使用量の比較ができる電力会社さんもあるそうです。
これは節約のモチベーションが上がりそうですね!

電力会社別サービス一覧

以下は日本の電力会社さん各社の電気使用量 照会webサービスの一覧。

ご自身のお住まいの地域のサービスをぜひ使ってみてください!

他のインフラの料金照会webサービスは?

電気だけでなくその他のインフラでも、料金照会webサービスを展開している会社さんが全国に存在します。

ガス

ガスは大小合わせると日本で数十社あり、全部を調べきれませんでした。
ですがwebサービスを展開している会社さんももちろんありました。

ちなみにはるるが契約しているガス会社さんは、webサービスを展開していました。
そのため利用したい方は、ご自身の契約中のガス会社さんでサービスが展開されているかどうかを確認してみてください。

水道

こちらに関してもガス同様で、料金照会サービスを展開している事業者とそうでない事業者がありますので、ご自身で確認してみてください。

重要なのは対策です!

こういったサービスは、登録するだけで満足してしまいがち

ですが節約をする上で重要なのは、使用量の結果や傾向を把握して、節約に向けた対策をたてて実行すること。
たとえば電気代であれば、昼はほとんど家にいないのであれば、夜の電気料金を安くするプランにすることで、節約が可能かもしれません。

電気・ガスは値上がり傾向

はるるの自宅の過去の料金データを見てみると、ここ数年の値上がり傾向に驚きます。

特に電気代が顕著ですが、ガス代も値上がりしています。(使用量はほぼ同じなのに、料金が500円以上も上がっているといった時期も…。)

今後も消費税増税が議論されており、料金は増える一方と考えられます。
そのため日々の節約を心がけ、料金を少しでも安くおさえたいものですね!

 - 生活, 節約

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク