29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

GPOを使って電源メニューにスリープや休止状態を表示したり非表示にする方法

   

電源メニューに、『スリープ』や『休止状態』を表示させたり、非表示にしたい!

Windows 10の電源メニューは、初期設定状態では『再起動』と『シャットダウン』、『スリープ』しか表示されず、『休止状態』は表示されません。
また環境によっては以下のように、『再起動』と『シャットダウン』しか表示されない場合もあります。

電源メニュー中の『シャットダウン』メニューと『再起動』メニューの位置を示した図

そのため、『スリープ』メニューや『休止状態』メニューを表示させたい!
と感じている方もいらっしゃるでしょう。

そしてこれとは逆に、表示されている『スリープ』メニューや『休止状態』メニューを非表示にしたい!
なんてケースもあるかもしれませんね。

そこで今回は、電源メニューの『スリープ』や『休止状態』の表示・非表示を個別設定する方法と、GPOを使って設定を一括配布・強制する方法をご紹介します!

電源メニューの『スリープ』や『休止状態』の表示・非表示を個別設定する方法

Windows 10の電源メニューの『スリープ』や『休止状態』の表示・非表示について、各クライアントPCで個別に設定をする場合は、コントロールパネルから設定を行います。

コントロールパネルは、デスクトップなど任意の画面を表示した状態で、『Windows』キーを押しながら『R』キーを押下。

ファイル名を指定して実行の画面

『ファイル名を指定して実行』画面が表示されるので、『名前』のテキストボックスに『control』と入力してから、『Enter』キーを押下することで起動します。

参考:Windows 10のコントロールパネルを表示する方法

コントロールパネルを表示したら、画面右上の『表示方法』を操作して『小さいアイコン』表示に変更し、『電源オプション』をクリックしてください。
『電源オプション』画面を表示したら、画面左上にある『電源ボタンの動作を選択する』をクリックします。

そして『シャットダウン設定』セクション内に、以下のような『スリープ』と『休止状態』の表示・非表示設定を行うチェックボックスがあるので、電源メニューに表示したいときはチェックを入れ、非表示としたいときはチェックを外してください。

コントロールパネルの『シャットダウン設定』にある、『スリープ』と『休止状態』の設定部

尚、『電源ボタンの動作を選択する』画面を表示した直後は、『シャットダウン設定』セクション内の設定値が変更できないようになっています。
これは、画面上部にある『現在利用可能ではない設定を変更します』をクリックすることで設定可能となります。

※後述のGPOで設定を強制している(ユーザー操作で設定を変更できない状態としている)場合には、『現在利用可能ではない設定を変更します』をクリック後も設定を変更できません。

GPOを使って電源メニューの『スリープ』や『休止状態』の表示・非表示の設定を、一括配布・強制する方法

電源メニューの『スリープ』や『休止状態』の表示・非表示を個別設定する方法は、設定対象のコンピューターそれぞれで設定操作が必要です。
そのため、特定の数台のコンピューターのみに設定を行う、というケースであれば問題ないですが、たくさんのPCに設定を行う場合には、かなりの手間がかかります。

これら設定は、Active Directoryを使用しているドメイン環境であれば、GPOを使うことで一括設定と強制(ユーザー操作で設定を変更できない状態とすること)が可能です。

したがって、たくさんのPCに対して電源メニューの設定を行いたい!
または、設定を強制したい!というケースでは、以下設定方法を参考に、GPOを使った設定の配布を検討すると良いでしょう。

GPOを使って電源メニューの『スリープ』の表示・非表示を設定する方法

GPOを使って、電源メニューの『スリープ』の表示・非表示を設定したいときは、グループポリシー管理エディター(gpmc.msc)を起動。
そして任意のGPOの編集画面を開き、以下のように展開操作を実行します。

[コンピューターの構成] – [ポリシー] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [エクスプローラー] – [電源オプション メニューにスリープを表示する]

[電源オプション メニューにスリープを表示する]ポリシーは、初期設定では『未構成』となっています。
電源メニューに『スリープ』メニューを表示したいときは、[電源オプション メニューにスリープを表示する]ポリシーを『有効』に。
そして非表示としたいときは、『無効』に設定してください。

設定が完了したら、対象のコンピューターが属するOUにリンクすることで設定が自動的に適用されます。

[電源オプション メニューにスリープを表示する]ポリシーを『未構成』以外に設定すると設定が強制されるため、電源メニューの『スリープ』や『休止状態』の表示・非表示を個別設定する方法では、設定を変更できなくなります。

GPOを使って電源メニューの『休止状態』の表示・非表示を設定する方法

GPOを使った電源メニューの『休止状態』の表示・非表示の設定は、『スリープ』の設定とほぼ同じ方法で対応可能です。
こちらも、グループポリシー管理エディター(gpmc.msc)を起動し、任意のGPOの編集画面で以下のように展開操作を実行します。

[コンピューターの構成] – [ポリシー] – [管理用テンプレート] – [Windows コンポーネント] – [エクスプローラー] – [電源オプション メニューに休止状態を表示する]

電源メニューに『休止状態』メニューを表示したいときは、[電源オプション メニューに休止状態を表示する]ポリシーを『有効』に設定。
そして非表示としたいときは、『無効』に設定してください。

設定が完了したら、対象のコンピューターが属するOUにリンクすることで設定が自動的に適用されます。

GPOを使って『スリープ』と『休止状態』の表示設定を行うことで、以下のように電源メニューにメニューボタンが追加されます。

電源メニュー中に表示されている『スリープ』メニューと『休止状態』メニュー

以上、参考になさってくださーい!

 - Windows, デジタル・家電

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク