29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

Alt+F4キー操作で『Windowsのシャットダウン』画面が表示されず、サインアウトしてしまう場合の対処法

   

Windows Server 2016以前のバージョンのWindows Serverを使い慣れていた方が、Windows Server 2019を使い始めると、こんな点を不便に感じるかもしれません。

『Alt』+『F4』キー操作で、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されず、いきなりサインアウトしてしまう!?

Windows Server 2016など、以前のバージョンのWindows Server、またはWindows 10などのクライアント向けのWindows※では、管理者権限を持ったユーザーでログインし、デスクトップなどを表示中にキーボードの『Alt』キーを押しながら、『F4』キーを押下することで、以下のような『Windowsのシャットダウン』画面が表示されていました。

Windowsのシャットダウンや再起動の確認・選択画面

※Windows 10では、Administratorsグループのメンバーではない(管理者権限を持っていない)ユーザーでログインしている場合にも、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されます。

この、『Alt』+『F4』ショートカットキーを使ったWindowsのシャットダウン操作(『Windowsのシャットダウン』画面の表示操作)は、各バージョンのOSで共通して利用できるシャットダウン・再起動の操作方法であるため、好んで利用していた方も多いでしょう。

参考:
Windows パソコンをキーボード操作でシャットダウンや再起動する方法
Windows PCをリモートシャットダウンする方法やエラー時の対処方法

そしてWindows Server 2019でも、シャットダウンや再起動をしようと『Alt』+『F4』ショートカットキーを使用したところ、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されず、いきなりサインアウト操作が実行されてしまい、驚いた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

Windows Server 2019では、『Windowsのシャットダウン』画面の表示操作(『Alt』+『F4』ショートカットキー)に関する条件や権限関連の変更があったようで、Windows Server 2016以前のOSとは、動作条件が異なるパターンがあるようです。

そこで今回は、管理者権限でログインしたWindows Server 2019にて、Windows Server 2016以前のOSと同じように『Alt』+『F4』ショートカットキー操作時に、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されるようにする設定方法をご紹介します!

はじめに

本エントリーに記載されている情報は、以下バージョン(本エントリー執筆時点の最新バージョン)のWindows Server 2019 Standardエディションで確実に動作することを確認しています。

ですが『Alt』+『F4』ショートカットキーを使った『Windowsのシャットダウン』画面の表示動作は、将来的に変更される可能性がありますこと、あらかじめご了承ください。

Windows Server 2019では、管理者権限を持っているユーザーであっても『Windowsのシャットダウン』画面は表示されない!

初期設定状態のWindows Server 2016では、デスクトップなどを表示している最中に『Alt』+『F4』ショートカットキーを押下すると、Administratorsグループのメンバーではない(管理者権限を持っていない)ユーザーでログインしているときは、ただちにサインアウト操作が実行されます。
またAdministratorsグループのメンバーである(管理者権限を持っている)ユーザーでは、ただちにサインアウト操作が実行されず、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されます。

そして初期設定状態のWindows Server 2019では、Administratorsグループのメンバーではないユーザーでログインしているときは、ただちにサインアウト操作が実行される点は2016と同様です。
しかしAdministratorsグループのメンバーであるユーザーでログインしているときの挙動に違いがあり、特定のユーザーを除いては、Administratorsグループのメンバーではないユーザーでログインしているときと同じように、ただちにサインアウト操作が実行されます。

ここで言っている特定のユーザーとは、ビルトインAdministratorです。

つまり初期設定状態のWindows Server 2019では、ビルトインAdministratorでログインしているときのみ、『Alt』+『F4』ショートカットキー押下時に『Windowsのシャットダウン』画面が表示される
そしてその他のユーザーでは、たとえ管理者権限を持っていたとしても、『Alt』+『F4』ショートカットキー押下時にただちにサインアウト操作が実行される、というわけです。

したがって『Alt』+『F4』ショートカットキー押下時に『Windowsのシャットダウン』画面を表示したいのであれば、ビルトインAdministratorを使って操作する、というのも一つの手です。

尚、初期設定状態のWindows 10では、Administratorsグループのメンバーである(管理者権限を持っている)ユーザーと、Administratorsグループのメンバーではない(管理者権限を持っていない)ユーザーは、どちらも『Alt』+『F4』ショートカットキー押下時に『Windowsのシャットダウン』画面が表示されます。

ビルトインAdministrator以外の管理者権限を持ったユーザーでログイン中に、『Alt』+『F4』キー操作で『Windowsのシャットダウン』画面を表示する方法

ここまでに書いてきたとおりWindows Server 2019では、ビルトインAdministratorではないAdministratorsグループのメンバーである(管理者権限を持っている)ユーザーでログイン中に、『Alt』+『F4』キー操作を行った際、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されず、ただちにサインアウト操作が実行されます。

これを変更し、ビルトインAdministratorではないAdministratorsグループのメンバーであるユーザーでも、『Alt』+『F4』キー操作を行った際に『Windowsのシャットダウン』画面を表示したい場合には、以下のような方法で対応可能です。

UACを無効化する

Windows Server 2019では、どうやらUAC(User Account Control)関連のポリシー(セキュリティに関する要件など?)がより厳しく制限・変更されているようで、これにより『Alt』+『F4』ショートカットキーの挙動が変わっているようです。

そのためUACを無効化することで、Windows Server 2016と同じように、『Alt』+『F4』キー操作を行った際に『Windowsのシャットダウン』画面が表示されるようになります。

UACを無効化する設定方法

UACの無効化設定は、グループポリシーを使って行います。
特定のPCに対して設定を行いたい場合には、設定対象のPCの『ローカルグループポリシーエディター』を使って設定すると良いでしょう。

『ローカルグループポリシーエディター』は、デスクトップなど任意の画面を表示した状態で、『Windows』キーを押しながら『R』キーを押下。

ファイル名を指定して実行の画面

『ファイル名を指定して実行』画面を表示し、『名前』のテキストボックスに『gpedit.msc』と入力してから『Enter』キーを押下することで起動します。

『ローカルグループポリシーエディター』を起動したら、以下のように展開・操作を実行してください。

[コンピューターの構成] – [Windowsの設定] – [セキュリティの設定] – [ローカルポリシー] – [セキュリティオプション] – [ユーザーアカウント制御:管理者承認モードですべての管理者を実行する]

[ユーザーアカウント制御:管理者承認モードですべての管理者を実行する]ポリシーは初期設定では、『有効』となっているはずです。
これを『無効』に変更してからPCを再起動することで、UACが無効化されます。

[システムのシャットダウン]ポリシーに、ユーザーを明示的に追加する

先にご紹介したUACを無効化する方法は、セキュリティポリシーの観点から望ましくないため使用できない、というケースも多いでしょう。
こういった場合には、[システムのシャットダウン]ポリシーに、ユーザーを明示的に追加する方法がおすすめです。

この方法では、UACを無効化する設定方法を参考に、『ローカルグループポリシーエディター』を開き、以下のように展開・操作を実行します。

[コンピューターの構成] – [Windowsの設定] – [セキュリティの設定] – [ローカルポリシー] – [ユーザー権利の割り当て] – [システムのシャットダウン]

そして[システムのシャットダウン]ポリシーで、『ユーザーまたはグループの追加』ボタンをクリックし、対象のユーザーまたは対象のユーザーをメンバーとしているグループを明示的に追加してから、対象のユーザーでログインしなおしてください。

※変更はただちに反映されるわけではなく、設定を行った後に対象のユーザーでログインしたタイミングで適用されます。

たとえば、Administratorsグループ及びtest-usersグループのメンバーであるユーザーtestが、ログイン中に『Alt』+『F4』キー操作を行った際、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されるようにしたいときは、[システムのシャットダウン]ポリシーの設定画面でtestユーザーか、test-usersグループを明示的に追加します。

この設定により『Alt』+『F4』キー操作を行った際、以下のような『Windowsのシャットダウン』画面が表示されるようになります。

Windows Server 2019の『Windowsのシャットダウン』画面

初期設定状態の[システムのシャットダウン]ポリシーでは、AdministratorsグループとBackup Operatorsグループが設定されています。
そのため、Administratorsグループのメンバーであるtestユーザーは明示的に追加せずとも、同様の動作をしそうなものではあります。

ですが本エントリー執筆時点の最新バージョンのWindows Server 2019(内部バージョン:10.0.17763)では、明示的に追加する必要がありました。

またBackup Operatorsグループにtestユーザーを追加しても動作に変化はなく、『Windowsのシャットダウン』画面が表示されるようにはなりませんでした。
したがって現状では、対象のユーザーか、そのユーザーを含むグループを、[システムのシャットダウン]ポリシーに明示的に追加する必要があるようです。

以上、参考になさってくださーい!

 - Windows, デジタル・家電

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク