29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

Windows 10のパソコン(PC)をすばやくロックしてロック画面を表示する方法

   

パソコン(PC)をすばやくロックしたい!

勤務先でPCを使った業務を行っているときに、会議に出席したりトイレにいくために、離席することがありますよね。
このときセキュリティー上の理由から、パソコン(PC)をすばやくロック※したいと思うことがあります。

また自宅でPCを使っていて席を外す際にも同様に、家族(特に小さいお子さん)にPCの画面を見られたり、データを編集されないように、PCをロックしたいと思うことがあるでしょう。

そこで今回は、Windowsのパソコン(PC)をすばやくロックする方法をご紹介します!

※PCの操作・画面をロックし、正規のログオンパスワードや指紋情報(指紋認証使用時)を入力しないかぎり、操作可能状態とならない画面を表示すること。

スポンサーリンク

PCをすばやくロックする方法

PCをすばやくロックする方法はいくつかあるので、下記手順の中からお好みの方法を使ってください。

ご紹介している方法はWindows 10 Pro 1709で正常に動作することを確認していますが、以前のWindows OSでは一部の方法が使用できません。(GUIにボタンがないなど。)
その場合には使用可能な方法を使うよう、お願いします。

アカウントのアイコンからPCをロックする方法

Windows 10のPCは、スタートボタンをクリックすると表示されるスタートメニュー上のアカウントのアイコンから、PCのロック操作が可能です。

この方法では、マウスで画面左下の『Windows』ボタンをクリックするか、キーボードの『Windows』キーを押下して、スタートメニューを表示します。

スタートメニューが表示されたら、メニューの左側、設定ボタンの上にあるアカウントのアイコンをクリックします。
すると以下のようなメニューが表示されるので、『ロック』ボタンをクリックしてください。

この操作によりPCがただちにロックされます。

※アカウントに画像を設定している場合は、アカウントのアイコンにその画像が表示されています。
また上記画像では存在しませんが、通常は『サインアウト』ボタンの下に『アカウントの切り替え』ボタンが表示されています。

『サインアウト』ボタンをクリックしないように注意!

アカウントのアイコンからPCをロックする方法で使用する『ロック』ボタンのすぐ下には、『サインアウト』というボタンが配置されています。

誤ってこのボタンをクリックしてしまうと、確認画面などは表示されず、即時にサインアウト(ログオフ、またはログアウトとも)処理が実行されてしまいます。
そのためくれぐれも『サインアウト』ボタンをクリックしないよう、ご注意ください。

この方法はマウス操作だけでもPCのロックが可能でとても分かりやすいのですが、『ロック』ボタンと『サインアウト』ボタンをクリックし間違え、誤ってサインアウトしてしまうことがある、というリスクがあります。

ショートカットを作成、使用してPCをロックする方法

ショートカットを作成し、それをダブルクリックする方法でPCをロックすることもできます。
今回は、現在ログオン中のユーザーのデスクトップに、PCをロックするショートカットを作成する手順を例に、その方法をご紹介しましょう!

まずはデスクトップ上の任意の場所でマウスを右クリックし、コンテキストメニューを表示させます。
そしてメニュー上の『新規作成』→『ショートカット』とクリックしてください。

ショートカットの作成ウィザードが起動するので、『項目の場所を入力してください』という入力ボックスに、以下文字列を入力。

※上記文字列はPCをロックするための処理を呼び出す命令文の記述であり、怪しいプログラムなどではないので安心して使用してください。

その後『次へ』ボタンをクリックします。

ショートカットの名前(表示名)の入力を促されるので、任意の文字列を入力し、『完了』ボタンをクリックしてください。
下記例では『LockPC』という名称を指定しています。

するとデスクトップ上に、以下のようなアイコン画像、指定した名前のショートカットが作成されます。

PCをロックしたいときは、このショートカットをダブルクリックして実行してください。

一度ショートカットを作ってしまえば、あとはダブルクリックするだけでOKなので、この方法も使いやすいでしょう。

『Ctrl』+『Alt』+『Delete』キーを使ってPCをロックする方法

タスクマネージャーを起動するときに使用することが多い『Ctrl』+『Alt』+『Delete』キーの同時押しによるショートカットキーを使っても、PCをロック可能です。

キーボードの『Ctrl』キーと『Alt』キーを押した状態で『Delete』キーを押下すると、操作選択画面が表示されるので、一番上に表示されている『ロック』ボタンをクリックしてください。

するとPCがすぐにロックされます。

上記画面が表示された直後は、見た目では分かりませんが、内部的には『ロック』ボタンが選択された状態です。
そのためキーボードの『Ctrl』キーと『Alt』キーを押した状態で『Delete』キーを押下し、そのまま『Space』キー、または『Enter』キーを押下すれば、キーボード操作だけでPCをスピーディーにロックできます。

『Windows』+『L』 ショートカットキーを使ってPCをロックする方法

Windowsには、すばやく操作を行うことができるようにするキーボード操作(ショートカットキー)が用意されています。
この中にはPCをロックする機能を持ったショートカットキーも含まれており、『Windows』キーを押しながら『L』キーを押下することで、PCをすばやくロックできます。

この方法は『Ctrl』+『Alt』+『Delete』キーを使ってPCをロックする方法と同じく、キーボード操作だけでよく、より短い手順でPCをロックできるため、マウス操作よりもキーボード操作を好む方には、特におすすめしたい方法です。

そして個人的には一番おすすめの方法でもあります。

ただ『Ctrl』+『Alt』+『Delete』キーを使った手順の方が、押し慣れていて操作しやすい場合は、もちろんそちらを使ってください!

『Windows』+『L』 ショートカットキーがなかなか覚えられない方は、“W”indowsを”L”ockするので『Windows』+『L』 だ!
と考えれば、覚えやすいと思います。

Windowsには、『Windows』+『L』 以外にもたくさんの便利なショートカットキーがあるので、興味がある方は以下も併せてご覧ください!

Windowsのショートカットキーで仕事効率アップ!

『離席・使用しないときはパソコン(PC)のロック』を習慣化しましょう!

せっかくPCにパスワードをかけてログオンできるユーザーを制限していても、そのユーザーが離席・使用していないときに、ロック解除状態のままPCが放置されていたら、悪意のある第三者にPCを使用されてしまうかもしれません。

そしてその結果、機密性の高い情報を見られてしまった!?
どうしよう…なんて困らずに済むよう、パスワードで保護しているPCから離れるときは、必ずPCをロックしてから離れることを習慣化すると良いでしょう。

この機会にぜひ習慣化にチャレンジしてみてくださーい!

スポンサーリンク

 - Windows, デジタル・家電, 生活

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク

関連コンテンツ