29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

頭皮をしっかりと洗いたいなら、電動の頭皮エステブラシがおすすめ!

   

頭の油分や臭いが気になっていました

はるるは乾燥肌なので、顔や腕の皮膚を油っぽく感じることはあまりありません。
ですが少し前から、体の一部分について急に油っぽさを感じるようになっていたんです。

その場所がどこかと言うと、頭皮や髪の毛

またその油っぽさが原因なのか、独特の脂臭というか…、変なニオイがしていたんです。
いわゆる、おじさん臭というやつでしょうか。

はるるはもう若くはなく、若い方から見ればおっさん・おじさんと見られてもおかしくない年齢です。
加齢により、頭皮や髪の毛が脂っぽくなるというのはよく聞く話なので、ある程度は仕方がない部分もあるのかもしれません。

とは言ったものの、おじさん臭を発して周囲に迷惑をかけるのは申し訳ないですし、はるる自身、おっさん臭い自分が嫌でたまりません。

そこで先日、以前から気になっていたパナソニックさんの電動の頭皮エステブラシという製品を購入して試したところ、洗い上がりの頭皮や髪の毛がスッキリし、かなり良い感じ!

今回は、はるるが購入した電動の頭皮エステブラシをご紹介しますので、頭皮や髪の毛を洗ってスッキリしたい方はぜひ参考になさってください!

パナソニックの電動頭皮エステブラシを使えば、頭皮や髪の毛スッキリ!

はるるが購入した製品がこちら、パナソニックさんの電動頭皮エステブラシ EH-HE98-RPです!

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPのパッケージ

ネット通販サイトで偶然安売りしていたため、5,500円ほどで購入できましたが、現在の相場は6,000~9,000円前後の製品です。

さきほどから電動頭皮ブラシと書いているとおり、シャンプーのときに手洗いをする代わりにこの電動ブラシを頭皮に当てることで、頭皮や髪の毛を洗浄する家電製品となります。

製品パッケージ前面下部に『頭皮エステ サロンタッチタイプ』と書いてあり、エステサロンでプロの施術者の方が行う頭皮エステのようなタッチで、エステを行ってくれる商品ということなんだと思います。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPのパッケージ記載の頭皮エステという記述

本製品では頭皮の洗浄に使用するブラシが『ノーマルブラシ(普通)』と『かっさブラシ(硬め)』の2つ付属し、好みのかたさのブラシを選んで使うことができます。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPのパッケージ記載の2つのブラシに関する説明

またパッケージ背面の説明書きのとおり『トータルケアモード』、『頭頂部モード』、『側頭部モード』、『かっさモード』の4種類のモードが使用でき、実際に使用するときは、どれか一つを選んで使用します。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPのパッケージ背面の説明書き

以下が本製品の同梱物一覧です。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPの同梱物一覧

簡単クイックマニュアル、取り扱い説明書、充電ケーブル、製品本体、製品の置台、かっさブラシ(硬め)、ノーマルブラシ(普通)が入っています。

尚、簡単クイックマニュアルは防水加工が施されている特殊な紙で作られているため、濡らしても問題ありません
そのため浴室に持っていてマニュアルを見ながら、頭皮エステを行うことができます。

製品本体は片手で持つことができる小さめのサイズ。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP本体

購入前に想像していた大きさよりも少し小さかったですが、片手で持って使うことを考えると、これくらいのサイズ・重さ(ブラシ込みで約300g)がちょうど良いのでしょう。

本製品には、OFF/ON・モード切り替えのボタンが一つだけあり、これを押したり長押しすることでモードを切り替えて使用します。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP本体のスイッチ部

ボタンが一つだけですし、モード切り替え操作も簡単なので、使い方が分からない…。
なんてことは起こらないはず。

使用前の準備

電動頭皮エステブラシ EH-HE98-RPは、使用前に2つの準備作業が必要です。

ブラシを取り付ける

先にも書いたとおり、本製品には『ノーマルブラシ(普通)』と『かっさブラシ(硬め)』が付属します。
そして使用前に、好みのブラシを本体底部にセットしておく必要があります。

本体底部には以下のように、4本の突起物が設けられています。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP本体底部の様子

この突起と底部の上下左右にある固定用フックにブラシ側の爪の位置を合わせて押し込むことで、パチン!
という音とともに、ブラシを本体に固定することができます。

ブラシを装着した状態のパナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP本体底部の様子

ブラシ部は本体に爪で固定されているだけなので、少し力を加えて爪の部分を開いてあげるだけで、簡単に取り外すことができます。
そのため上記画像のノーマルブラシが気に入らなければ、すぐにかっさブラシと交換可能です。

充電する

本製品の動力は充電池(内蔵型で交換不可)のため、使用前に充電しておく必要があります。

ブラシを付けた状態では以下のように底部にブラシ部が露出しており、このまま置いてしまうと本体の重みでブラシの先端部が曲がってしまいます。

頭皮ブラシを装着した状態のパナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP

本製品では以下のような専用の置き台が付属しており、これを使うことでブラシの先端部が曲がらずに置くことができるようになっています。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPの置き台

充電を行うときや使わないときは、この置き台を使って置いておきましょう!

置き台にセットされたパナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP

本体側面に、以下のような独自形状の充電ケーブルの差込口が設けられています。

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPの充電プラグの差込口

ここに付属の充電ケーブルを接続することで、充電が行われます。

充電ケーブルを接続した状態のパナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP

充電にかかる時間は約1時間ほど。
そして一度満充電すると、1回4分※の使用で7~8日ほど動作するので、およそ30分ほど動作可能ということになります。

※1回の動作は4分で自動停止する仕組みとなっています。

頭皮エステブラシの使い方

頭皮エステブラシを使う際は、いきなり頭皮エステブラシを使ってブラッシングを始めるわけではありません。

まずは髪の毛にシャワーをかけて水ですすぎ洗いを行い、髪の毛に付着した汚れやゴミを洗い流します。
次にシャンプーを付け、手で髪の毛全体を泡立てましょう。

ここまでの手順が完了したら、頭皮エステブラシの本体上部の輪っか状の部分に指を通すようにして、本体を持ちます。

左手でパナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RP本体を持っている様子

この持ち方をすると、持っている腕の親指の部分にモード切り替えスイッチがあり、押しやすい位置となっているはずなので、モードスイッチを押して『トータルケアモード』、『頭頂部モード』、『側頭部モード』、『かっさモード』の4種類のモードの中から好みのモードに切り替えてブラッシングを開始します。

※上記画像では持ち方が逆となっておりボタンが親指の部分にありませんが、正しい持ち方をすれば、親指の部分にボタンがあります。

手が大きい方や指が太い型の場合は、上記画像のように4本の指をすべて輪っか状の部分に通すのが難しいかもしれません。
この場合には小指を外側に出し、3本の指で本体を支えるようにすると持ちやすいと思います。

モード切り替えボタンを操作して、本体底部のブラシ部がブラッシング動作を開始したら、製品のマニュアル記載の手順のとおりにブラッシングを行いましょう!

パナソニックの頭皮エステブラシ EH-HE98-RPのクイックマニュアルの内容

(パナソニック – EH-HE98-RP 頭皮エステ 簡単クイックマニュアルより引用)

ブラッシングを開始してから4分経過すると、本製品は自動的に動作を停止します。(モード切り替えボタンを操作することで、4分経つ前に手動停止することも可能。)

製品の動作が停止したら、頭部にシャワーをかけてシャンプーを洗い流し、コンディショナーなどを使って通常のお手入れを行います。

最後に本体底部にシャワーをかけてシャンプーを洗い流し、置き台に戻しておきましょう。

以上で、パナソニックさんの電動頭皮エステブラシ EH-HE98-RPを使った頭皮エステ(髪・頭皮の洗浄)は完了です!

パナソニックの電動頭皮エステブラシを使った感想・体感したこと

はるるが実際に、パナソニックさんの電動頭皮エステブラシ EH-HE98-RPを使った感想・体感したことは以下のとおりです。

最初はあれれ、弱い…?と思ったけれど、洗い上がりのスッキリ感がすごい!

はるるが本製品を使って感じた第一印象は、『あれれ、弱い…?イマイチかも…。』というもの。

このブログで以前にご紹介していますが、はるるは髪の毛や頭皮の洗浄を目的とし、手動のシャンプーブラシを既に使っていました。

シャンプーブラシのブラシ部

参考:頭皮をしっかりと洗いたいなら、シャンプーブラシがおすすめ!

ただ最近ではこのブラシを使っていても、頭皮や髪の毛の油っぽさ、脂臭(おじさん臭)を感じるようになったため、より高性能な頭皮ブラシであろう電動頭皮エステブラシ EH-HE98-RPを購入したわけ。

ところが実際に使ってみると、手動のシャンプーブラシに比べて頭皮に感じる刺激感が弱かったんですよね。
だから『あれれ、(頭皮への刺激が)弱い…?イマイチかも…。』と感じたのです。

そして今回の買い物は失敗だったかなぁ…なんて思いながら、4分間の頭皮エステ(髪・頭皮の洗浄)を終え、シャンプーをシャワーで洗い流していると、いつもより頭皮や髪の毛全体にキュキュッと感やスッキリ感を感じるんですよ!

その後浴室から出てドライヤーで髪の毛を乾かしていると、頭皮のあたりにスースー感とも言えるようなスッキリ感をたしかに感じました!

そこで、この頭皮エステブラシはスゴイと実感したのです!

4分間きっちりと洗え、利き手による力加減の違いがないから、しっかり洗えている!?

以前から使っていた手動のシャンプーブラシに比べ、明らかに頭皮に感じる刺激が弱いにも関わらず、よりしっかりと洗えており、スッキリ感がスゴイ電動頭皮エステブラシ。

その理由を自分なりに考えてみたんですが、思いつくのは『4分間きっちりと洗えること』と『利き手による力加減の違いがないこと』かなぁと感じています。

実際に頭皮エステブラシを使ってみると分かりますが、4分間の動作時間。
つまりシャンプーで頭を洗う時間が4分間ってかなり長いんですよ。

現在はるるは長髪よりというよりは短髪よりの髪型であり、男性としては標準的か少し長めくらいの髪型だと思います。
この髪の量でのいつもの洗髪時間は、長めに見ても1分30秒くらいでしょう。

だから頭皮エステブラシを使っているときの4分間の洗浄時間は、かなり長く感じます。

また利き手が右手のため、左手で手動のシャンプーブラシを使ったときはどうしても力が弱く、洗い残しがあったんじゃないかと思います。

こういった4分間のしっかりとした洗浄や利き手による力加減の違いが出にくいことから、頭皮エステブラシを使ったときの方が、しっかりと髪の毛や頭皮を洗うことができ、よりスッキリ感を感じたのだと考えています。

『かっさブラシ(硬め)』+『トータルケアモード』が気持ちいい!

本製品に付属する『ノーマルブラシ(普通)』と『かっさブラシ(硬め)』を数日間交互に使ってみて、個人的には『かっさブラシ(硬め)』の方がしっかりと頭皮を洗えている感を強く感じて気に入りました。

説明書には、力強く洗いたいときは『かっさブラシ(硬め)』+『かっさモード』の組み合わせが良いような旨、記載があります。
ですが『かっさモード』は『トータルケアモード』に比べてブラッシングスピードが下がり、緩慢とした動作となり、ガシガシと洗えている感が弱くなります。

その点『トータルケアモード』では『かっさモード』に比べて高速でブラッシングしてくれるため、しっかりと洗えている感を強く感じます。

こういった体感特性から、はるるは『かっさブラシ(硬め)』+『トータルケアモード』の組み合わせが最もしっかりと洗えている感が強く、適度な刺激が気持ちいい!と感じ、毎日この組み合わせで頭皮エステ(髪・頭皮の洗浄)を行っています。

電池残量表示がないのが少し不便

本製品には、電池の残量表示機能や電池残量が残り少ないことを警告するような機能は一切搭載されていません。
したがって電池残量がそろそろなくなりそうかなぁ、と感じたら早めに充電をしておかないと、使いたいと思ったときに充電切れで使えない…。
なんてことが起こります。

この点はちょっと不便だと感じています。

もちろんこの機能がなくても動作には支障はありませんが、あるとより便利だなぁ、なんて。

今から買うなら、最新の電動頭皮ブラシがおすすめ!

今回ご紹介した電動頭皮エステブラシ EH-HE98-RPは以前の製品であり、既に後継の製品が販売されています。

電動頭皮エステブラシを使って頭皮エステ(髪・頭皮の洗浄)を行い、頭皮や髪の毛をスッキリ洗いたい方は、ぜひ購入を検討してみてくださーい!

 - デジタル・家電, ファッション・小物, 健康, 生活, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク