29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

無料懐中電灯アプリはこれがおすすめ!TeslaLED Flashlight

      2018/04/21

暗い所でちょっとした明かりが欲しい!
こんな時は、携帯電話の画面の明かりを懐中電灯の代わりにしている、という方が多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、はるるおすすめのAndroid用懐中電灯アプリ、TeslaLED Flashlightをご紹介します!

TeslaLED Flashlightとは?

TeslaLED Flashlight(以下、TeslaLEDと表記)は、Androidスマホを懐中電灯のように使用できるようにする、いわゆる懐中電灯アプリの1つ。

そしてその主な機能は、スマホの背面にあるカメラのフラッシュ用の高輝度LEDを任意に光らせることで、懐中電灯のように辺りを照らすこと。

本当に懐中電灯として使えるの?

実際に使ってみていただければよく分かると思いますが、このTeslaLEDによって点灯させた高輝度LEDは非常に明るく、十分に懐中電灯として使えます!

そして昔ながらの豆電球の懐中電灯よりは、断然明るいです!

スマホに搭載されたカメラのフラッシュ用の高輝度LEDには、最近量販店でよく売られているのを見かけるLED懐中電灯と同じような高輝度LEDが使われています。

だからその明るさも納得。

ただ、LED懐中電灯が複数の高輝度LEDを搭載しているのに比べ、スマホのカメラのフラッシュ用LEDは1つ。
そのためさすがに懐中電灯として専用に作られたLED懐中電灯よりは、明るさが劣ります。

TeslaLEDの使い方

TeslaLEDは以下のように使用します。

まずはインストール!

まずはTeslaLEDをインストールしましょう!

尚、TeslaLEDは無料のアプリなので、課金される心配はありません。
そのためご安心ください。

通常の使用方法

TeslaLEDを起動すると、このような画面が表示されます。

TeslaLEDの画面

この画面の状態で、画面をタップするとLEDが点灯し、もう一度タップすると消灯。
といった、非常にシンプルな操作で点灯と消灯が可能です。

この簡単な操作で使えるところは、TeslaLEDの本当に素晴らしいところ。

自動消灯モード

通常の使用状態から、左方向に画面をスワイプすると、自動消灯モードになります。

自動消灯モードのTeslaLEDの画面

このモードでは、画面上部で設定した時間が経過すると、自動でLEDを消灯します。
自動で消灯されるので、消し忘れによるバッテリーの消耗を防ぐことが可能です。

尚、自動消灯までの時間は1分、2分、5分、10分、15分、30分から選択します。

ストロボ点灯モード

自動消灯モードから、さらに左方向に画面をスワイプすると、ストロボ点灯モードになります。

ストロボ点灯モードのTeslaLEDの画面

こちらはLEDをストロボのように点滅させる機能です。
点滅の間隔は画面上部で設定可能で、0~20回(秒間?)の間で選択します。

使いどころがいまいちよく分かりませんが、ぱっと思いつくのは、遠方の人に光で何かを知らせるなどでしょうか…。

点滅自体はかなり目立つので、交通事故を後続車に伝えたりするのに使えるかもしれませんね。

押している間だけ点灯モード

ストロボ点灯モードから、さらに左方向に画面をスワイプすると、押している間だけ点灯モードになります。

押している間だけ点灯モードのTeslaLEDの画面

これは読んで字のごとくで、画面を触っている間だけ、LEDが点灯されるモード。
バッテリーの消耗を防ぐという意味では、自動消灯モードよりも有効でしょう。

ただ画面に触りっぱなしというのは、なかなかに不便。
そして疲れます。

このモードはこまめに点灯と消灯をしたい時に、使うと良いのでしょう。
ですがこれもまた使うシチュエーションがパッとは思いつきませんね…。

TeslaLEDにはこれらのモードだけではなく、さらに他にもモールス信号を送るモードなどが用意されています。
そのためアイデア次第で、さまざまな用途に使えることでしょう!

ウィジェットを使うのが、最もおすすめ!

TeslaLEDでは以下のように、ホーム画面に1×1サイズのウィジェットを配置することが可能です。

TeslaLEDのウィジェットの消灯・点灯状態

左が消灯中、右が点灯中で、タップする度に切り替わります。
そのためホーム画面上にウィジェットを配置しておくと、使いたいと思った時にサッと使えるのでとっても便利!

フラッシュ用の高輝度LEDが非搭載の端末でも大丈夫!

TeslaLEDには、フラッシュ用の高輝度LEDが非搭載の端末でも、懐中電灯としての機能を使えるように、画面を白背景に点灯させるモードがあります

実際に白背景に点灯させると、画面がこのような状態になります。

画面を白背景に点灯させるモードのTeslaLEDの画面

…真っ白ですね…。

実際に使ってみると、フラッシュ用の高輝度LEDほどの明るさはありませんが、照らしたい物の近くで点灯させれば、十分に視認できる明るさです。

そのためカメラのフラッシュ用の高輝度LEDが搭載されていないスマホやタブレット端末でも、簡易的な懐中電灯として使用可能になります。

いざという時のために、ぜひ入れておきたいアプリです!

TeslaLEDは、普段から日常的に使うことはあまりないアプリでしょう。
ですが災害時など、いざという時にはとっても役に立つアプリ。

そのため災害対策の一環として、スマホやタブレット端末にインストールしておいてはどうでしょうか。

 - Android, デジタル・家電

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク