29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

離婚後の一人暮らし 不安だ、どうやって生活していけば良いのか

      2015/10/24

離婚後はとても不安でした

はるるは、このブログのサブタイトルにもなっているように、結婚生活中は家事を元妻にまかせっきりでした。
そのため離婚直後は一切家事ができず。
だからどうやって生活していったら良いのかと、不安でたまりませんでした

この離婚に際しての不安感にどうやって対処していったかについては、どうすればいい? 離婚の不安感をご覧いただくとして。
今回は離婚後の一人暮らしに焦点を当てて、お話をしたいと思います。

離婚後、初めての一人暮らし

はるるは離婚後も、離婚前に住宅ローンを組んで購入した一戸建てに一人で住んでいます。
これは元妻と子供が元妻の実家に帰った、という形です。

広い一戸建てに男が一人暮らしとは、なんともさびしい話だ、という意見もあるでしょう。

しかしこれは、はるるの住宅ローンの月々の返済が周辺の1DKの駐車場なしのアパートやマンションの賃料とあまり変わらないこと、住宅ローンは完済すれば、自分の財産になるといった判断によるもの。

あとは引っ越すのが面倒だ、ということもあるんですが…。

これについては別途、離婚後の持家はどうする?住み続けるという選択肢も!にて詳細を書いているので、興味がある方は併せてご覧ください。

一番つらかったのは孤独

はるるは離婚するまで、一人暮らしをしたことがありませんでした。
そのため離婚(正確には離婚直前の別居)と同時に一人暮らしを開始した、というわけ。

だから初めての一人暮らしに戸惑い、最初はどうしたら良いのか、と途方に暮れていました。

それまでは子供と遊んだり、元妻とたわいない話をしたりすることができたわけです。
それがある日を堺に突然孤独になったわけですから、途方に暮れてしまうのも当然ですよね。

今でこそ慣れてしまいしたが、一人暮らし未経験だった当時のはるるにはこの孤独、とりわけ話す人がいない、というのが精神的にきつかったと記憶しています。

この孤独感について、はるるがどう解決していったのか、気になるところだと思いますが、実は特に何もしていません。
ただ強いて挙げるとすれば、時間の経過が解決してくれた、ということでしょうか。

離婚後のはるるは、とりあえず日々を当たり前に生活することで、手一杯
初めての一人暮らしで慣れないことばかりでしたから、これも当然です。

そこでとにかく何とか今まで通りの生活を取り戻そうと、仕事に家事にと頑張っているうちに、あれほど強く感じていた孤独感が、いつの間にか感じなくなっていたのです。

こういう意味で時間の経過が解決してくれたのかな、なんて思っています。

最大の味方はネットと頼れる人!

いつかは時間が解決してくれる、こうは言われても離婚後の心細い時期には、頼れる味方が欲しいですよね!

はるるが離婚直後に実際に心強い味方だと感じたのは、ズバリネットと頼れる人

ネットって本当にすごい!

一人暮らしを開始した直後だと、これってどうしたら、そういう疑問が多くわきます。
こんな時はネットで調べてみると、多くの場合かなり的確な回答が見つかるはず。

だから分からないことがあった場合、とりあえずネットで検索してみると良いのではないかと。

はるるの場合はネットがなければ、ここまで自立できなかったと思います。
そのためネット様様なんです。

“とは”をつける

ネットで検索する際の検索のコツとして、○○○について調べたい時は、“とは”を付けて検索をする、という方法があります。
このキーワードで検索を行うと、それに対する回答が掲載されたサイトが見つかりやすいため。

たとえば以前からCMでよく聞く言葉で、カテキンというのがありますよね。
これについて調べたい時は、『カテキンとは』で調べてみてください。

するとカテキンとは何なのか、という回答が書かれたサイトがすぐに見つかることでしょう。

“方法”を付ける

何かのやり方を調べる時は、『○○ 方法』または『○○ 仕方』あるいは『○○ やり方』と検索します。

たとえば裁縫の玉留めのやり方が分からない場合は、『玉留め 方法』と検索すると、玉留めの方法を図や動画で解説したサイトが見つかります。

ネットでも分からないことは、頼れる人に聞く!

たくさんの情報が溢れているネットでも、すべての完全な情報が手に入るわけではありません。

だから場合によっては、ネットで検索しても分からないことも。
たとえばはるるの場合では、自宅の固定資産税の引き落とし金融機関種別が、これに該当しました。

これは、はるるのメインバンクが固定資産税の引き落とし金融機関に対応しているかをネットで調べたところ、他の自治体であれば対応していることが分かったんですが、はるるの居住している自治体では、引き落とし金融機関の一覧がなく、対応しているか不明でした。

そこで母に聞いてみたところ、すぐに非対応であるということが分かりました。

この例のように、ネットで調べても分からないことがある場合は、頼れる人に聞いて教えてもらいましょう!

ただ何でもかんでも聞くのはよくありませんから、程々に。
まずはネットで調べてみて、それで分からなければ聞く、という姿勢が良いでしょう。

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

初めての一人暮らしは、覚えることも多く、不安感も大きいです。
ですが家事が全くできなかったはるるでさえも、ネットや頼れる人の助けにより、何とか生活してこれました。

そのため必要以上に不安にならず、人生勉強だと思って頑張ってみてはどうでしょうか。

 - 離婚

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク