29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

30代男性へのプレゼントにおすすめ!ココマイスターの長財布 ブライドル・インペリアルウォレットはとっても高品質でオシャレです!

      2018/04/22

今回は、とても高品質な革製品をつくることで有名なココマイスターさんの長財布、ブライドル・インペリアルウォレットをご紹介します!

長年長財布を愛用しています!

以前、長財布はとっても便利で使いやすいのでおすすめです!で書いたとおり、男性20代では75%が二つ折り財布、15%が長財布。
30代の男性では87.5%が二つ折り財布で、長財布はわずか2.5%と、長財布を使用されている方は、二つ折り財布を使用されている方に比べ、かなり少ないです。

それでもはるるは15年以上もの間、長財布を使い続けています。

これは二つ折り財布に比べて、長財布の方がより便利で使いやすい!
と感じているからです。(あくまでもはるるの主観によると、ですが。)

また長財布を使い始めたきっかけは、はるるが高校生のころ、長財布を使っている = 大人の男というイメージがありまして。
そこで、はやく格好良い大人の男になりたい!
なんて思って、高校時代に長財布デビューをしたわけ。

具体的には、長財布のどこが使いやすくて便利なの?
という点については、長財布はとっても便利で使いやすいのでおすすめです!で書いているので、興味がある方はぜひ併せてご覧ください。

高級な長財布を使っていたわけではありません!

15年以上もの間、長財布を使い続けています!と書いたので、お財布に対して強いこだわりがあるのだろう。
そして、さぞ高級な長財布を使っているんだろう、なんて思われるかもしれません。

ですが、まったくそんなことはありません。

はるるが長らく長財布を愛用してきたのは、先にも書いたとおり、その形状によりもたらされる便利で使いやすい、という利点によるもの。
またルイ・ヴィトンなどのいわゆるブランド品には、こだわりや興味が一切ありません。
そのため5,000円ほどの合成皮革の長財布を買い、ダメになる度に買い換える形で長年使ってきました。

5,000円前後の長財布というと、おそらくはノーブランドの長財布の中でも、さほど高いものではありません。
だから決して高級な長財布を使っていたわけではないのです。

あまり長持ちしなかった!

またダメになる度に買い替えてきた、と書いていることからもお察しいただけるかもしれませんが、この5,000円前後の長財布は、あまり長持ちしないことが多かったです。

ラフに扱っているつもりはないのですが、早ければ1年も持たずに縫製がほつれてくる。
あるいは合成皮革の部分がこすれなどの摩擦によりはげてしまい、裏地が見えてきてしまったり。
といった感じで、あまり長持ちしなかったんです。

その中ではここ数年愛用してきた財布は、比較的長持ちでした。
ですがこれも大分くたびれてきてしまい、そろそろまた買い替えないとダメかなぁ。
なんて感じ始めたのが半年ほど前の話。

そしてこの時、短い周期で今後もお財布を何度も買い替え続けるのはなんだかもったいない、とも思ったわけ。

そこで今度買い換えるお財布は、多少高くても品質がしっかりとした、本革の長財布を買おう!と決めました。
ちなみになぜ合成皮革ではなく本革かというと、長期間使用する場合、本革の方が合成皮革に比べ長持ちする、というネット上の情報によるもの。

ココマイスター、ガンゾ、どちらかの高品質な本革の長財布が欲しい!

というわけで、高品質な本革の長財布に買い替えることを決意した、はるる。
さっそくネットで高品質な本革の長財布について調べていると、ココマイスター(COCOMEISTER)ガンゾ(GANZO)という2つのブランドの評判がとても良いことが分かりました。

どちらも日本の会社さんのブランドで、品質の良い革製品を海外から輸入し、日本の職人さんが手作りで製品に加工しているそう。

そして両ブランドとも『30代 お財布 おすすめ』や、『30代 男性 お財布 おすすめ』、『本革 お財布 おすすめ』、『本革 長財布 おすすめ』といったキーワードで検索すると表示されるサイトの多くで、高評価となっていました。

これなら長持ちしそうだ!ということで、この2つのブランドの製品の中から、長財布を購入することに。

実店舗が遠いので、ネット通販で選定・購入することに!

ココマイスターさん、ガンゾさんは共に実店舗があります。
ですがそれは一部の都会地域だけ。

ココマイスターさんの場合、こちらのページにあるとおり、銀座並木通り店、銀座一丁目店、自由が丘店、名古屋店、大阪心斎橋店、神戸店の6店舗。
それぞれで販売している製品が異なるようで、財布の取り扱いがあるのは、銀座並木通り店を除いた銀座一丁目店、自由が丘店、名古屋店、大阪心斎橋店、神戸店のようです。

対してガンゾさんの場合、東京、大阪などの主要都市のデパートや百貨店にも、お店があるようです。(ガンゾさんの店舗一覧情報ページ)

ただはるるの場合、どちらのブランドのお店も近くはなく…。
そこで両ブランドのネット通販サイトで購入する長財布を検討・選定、そして購入することに。

尚、それぞれの通販サイトは、以下のとおりです。

ブライドルという革の長財布が欲しい!

さて、ココマイスター(COCOMEISTER)さんか、ガンゾ(GANZO)さんの通販サイトで長財布を購入することとし、それぞれのサイトでどんな長財布が良いかと選び始めると、これがかなり悩ましくて。

といいますのも、どちらのブランドのどの財布も格好良いんですよ。
それに似たような形でも革の種類が違うと雰囲気が違って、どれも良い!
そしてもちろん値段も違います。

そこでまずは革の特徴を調べ、これを決めることに。

どちらのブランドでもコードバン、ブライドルといった同じ種類の革を使用した長財布を作っています。

そのなかでもはるるがこれ、欲しい!
と直感で思えたのが、ブライドルという革の製品。

ブライドルがどんな革かについては、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの通販サイトの説明や画像が分かりやすいと思うので、そちらを見ていただくと良いかと。

簡単に言うと、革をタンニンという物質でなめして、ロウや植物性油脂などのワックス剤を革に塗りこんで仕上げた革のことを、ブライドルレザーというらしい。
そしてその特徴は、現在も馬具で使用されていることから分かるとおり、とにかく頑丈であること。
表面に浮き出るロウを磨くことで得られる光沢が美しいこと、などが挙げられるそう。

ブライドルレザーの長財布が買えない!

そうなんです!

よし!ブライドルレザーの長財布を買おう!
こう思って両ブランドのサイトを見てみると、両ブランドとも全色売り切れという、超品薄状態
というか完全品切れ状態…。

品質が良く、とても評判だとは知っていました。
その評判を理由に、はるるも両ブランドを知ったわけですから。

しかしまさかここまでの人気とは、正直思っていませんでした。

ただ両ブランドとも、品切れ状態が解除され、通販サイトで購入できる状態になるとお知らせしてくれる便利な機能があるので、取り急ぎこれに登録して、とりあえずはしばらく待つことに。

この時、思わず以下のようなツイートをつぶやいてしまいました。

そしてこれがきっかけで、思いもしない素晴らしい申し出があるとは、この時のはるるはまったく考えていませんでした。

お財布をプレゼントしてあげるよ!

先のツイートをつぶやいた翌日のこと。
はるるの友人から、こんなメールが届いたんです。

昨日ツイートしていたお財布をプレゼントしてあげるよ!
どっちのメーカーのどの財布が良いの?

いや、もうビックリですよ。
とっても嬉しい申し出ですが、そもそも誕生日でもないし、どうしたんだ!?これ?
まさかドッキリ?的な何かですか…?

うん、たしかにこの人なら、やりかねないぞ…。
なんて思って、理由を聞いてみたんです。

それによると、これまではるるには、テレビや液晶モニター、無線のマウスやキーボードをもらったり、パソコンの設定を教えてもらったり、いろいろお世話になったからそのお礼だよ、とのこと。

たしかに不要になったテレビやモニターをあげてはいましたが、それはそもそも不要になったからで。
こちらとしても処分代がかからず助かった、くらいの気持ちだったわけ。

そのため最初は遠慮したんですが、本当に助かったからお財布くらい買ってあげる!
と何度も言われたので、お言葉に甘えることに。

Yさん、ホントにありがとうございます!

ココマイスター(COCOMEISTER)のブライドル・インペリアルウォレットを買ってもらうことに

友人に財布をプレゼントしてもらうにあたり、ココマイスター(COCOMEISTER)さんとガンゾ(GANZO)さんのどちらのブライドルレザーの長財布にするか、決めなければいけない、ということでさっそく両者の違いを検討しました。

そしてその結果、ココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレットを買ってもらうことに決めました。

これは以下の3つの理由から。

ガンゾ(GANZO)の長財布には、マチがない! = 小銭や紙幣をたくさん入れにくい!

はるるが、ココマイスター(COCOMEISTER)さんとガンゾ(GANZO)さんのブライドルレザーで作られた長財布のうち、購入候補・比較対象に選んだのが、ブライドル・インペリアルウォレットBRIDLE CASUAL (ブライドルカジュアル)ファスナー付き長財布です。

それぞれの詳細は、リンク先を見ていただくとして。
両者は同じブライドルという種類の革を使用した長財布で、非常によく似た形をしています。

ただ、もちろん違う部分も存在します。
そしてその中で、一番の大きな違いだと感じたのが、マチの有無

これについては、ブライドル・インペリアルウォレットBRIDLE CASUAL (ブライドルカジュアル)ファスナー付き長財布、それぞれの長財布の側面部を見てもらえれば分かりやすいと思います。

まずココマイスター(COCOMEISTER)さんの長財布では、札入れの側面にマチと呼ばれる厚みを持たせる工夫がしてあります
それに対してガンゾ(GANZO)さんのそれには、マチのようなものは見あたりません。

これにより前者では財布自体が分厚いのに対し、後者では非常に薄くなっています。

これは好みの問題といえますが、ブライドル・インペリアルウォレットには紙幣や小銭がたくさん入り、そして探しやすい、という特徴が。
ブライドルカジュアルでは、紙幣や小銭はたくさん入らないが、薄いシルエットが大変美しい、という特徴があると言えるでしょう。

はるるの場合、紙幣をたくさん入れることはありませんが、買い物をした際の領収書やレシートは必ずもらうことにしています。
そしてそれらをしばらくは札入れ部分に入れておくため、この部分の収納力も重要というわけ。

このマチが、ブライドル・インペリアルウォレットに決めた一番の理由です。

ココマイスター(COCOMEISTER)さんの長財布の内側には、ヌメ革が使用されている!

ココマイスター(COCOMEISTER)さんの長財布の内側部分には、肌色のヌメ革が使用されています
ガンゾ(GANZO)さんの長財布ではこの部分にもブライドルレザーを使っており、ここも両者の決定的な違いの一つでしょう。

ヌメ革は財布を使い込むにつれて起こるこすれなどの摩擦や、日光にあたるなどすることで、徐々に茶色、そしてゆくゆくはとても濃い茶色に色が変わっていくそうで、この経年及びそれにより発生する変化のことを、エイジングと呼びます。

このエイジングによる色の変化を楽しめるのも、本革の財布の良さなんだとか。

そしてこれはもちろんブライドルレザーでも起こるようですが、ヌメ革に比べると変化に乏しいらしく。
どうせならガラッと色が変わるヌメ革の方が、どれくらい色が変わるのか楽しめるんじゃないかと思った次第です。

これも好みの問題ですかね。

ココマイスター(COCOMEISTER)さんの長財布の方が安い!

今回のお財布の選定にあたっては、高品質な本革の長財布が欲しい!というのが、はるるの考え。
そのため安いから良い!というわけではありません。

ただネットで調べたかぎり、どちらの製品も同様に素晴らしい品質だ、という意見が多く見受けられました。

品質がほとんど変わらず、両者とも高品質であるならば、もちろん安いに越したことはありません。

ちなみに2016年3月時点で、ココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレットは税込み28,000円。
ガンゾ(GANZO)さんのBRIDLE CASUAL (ブライドルカジュアル)ファスナー付き長財布は、税込み45,360円ということで、ブライドル・インペリアルウォレットの方が1.7万円以上安いです。

というわけで、友人にココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレットが欲しい!とお願いしてからしばらく経ったある日!
友人からのプレゼント、待望のブライドル・インペリアルウォレットが届きましたよ~!!!!!

ココマイスター(COCOMEISTER)のブライドル・インペリアルウォレットは、こんな長財布!

こちらが友人からプレゼントしてもらったココマイスター(COCOMEISTER)さんの長財布、ブライドル・インペリアルウォレットが入った紙袋。

左手で持っているココマイスターの紙袋

ただのシンプルな紙袋、ではあるんですが、ものすごい高級感
この紙袋を見ているだけで、否応なしに期待感が高まります

紙袋にはデカデカとココマイスター(COCOMEISTER)さんのロゴマーク。

紙袋に印刷されているココマイスターのロゴマーク

さて、紙袋のご紹介はこれくらいにして、次は同梱物について。

ココマイスターさんの長財布の同梱物一覧

ココマイスターさんの長財布に同梱されていたものは、以下のとおり。

お財布本体

まずはこちら、もっとも重要なお財布本体が入った箱。

ラッピングされている財布が入った箱

紙袋同様に大変高級感のある箱です。
それと同時に重厚感というか、荘厳な印象をうけ、ドキドキ・ワクワクしてきます。

こちらは箱に印字されたロゴ部分の拡大図。

ラッピングされている財布が入った箱に印字されているココマイスターのロコマーク

この画像を見ていただくと分かるとおり、なんとリボンにまでココマイスター(COCOMEISTER)さんのロゴマーク!
包装用の紙袋や箱、リボンからもココマイスターさんの品質への強いこだわりを感じます。

尚、ココマイスターさんでは無料でギフト用のリボンラッピングをしていただけるそうで、友人もこのサービスを利用したとのこと。
これについての詳細は、ココマイスターさんのギフトをお考えの方へをご覧ください。

そのため今回ご紹介する長財布製品の同梱品の一部は、ギフト用のラッピングをお願いした時にだけ、付属するものもあるかもしれません。
ギフトラッピングを依頼しない場合、付属しない同梱品があるかもしれないこと、あらかじめご了承ください。

ちなみに先の画像の箱にラッピングされていたリボンは、この無料のギフトサービスによるもののようです。

ココマイスターさんの商品カタログ

カタログは厚さ5mmほどある、フルカラーのしっかりとしたもの。

ココマイスターの製品カタログ

今回はるるがいただいた長財布、ブライドル・インペリアルウォレットが掲載されているページはこんな感じ。

カタログ内のブライドル・インペリアルウォレットが掲載されているページ

ブライドル・インペリアルウォレットは、左側のページの上から2段目の左端に紹介されています。

右側のイケメンの英国紳士っぽい方が、ココマイスター(COCOMEISTER)さんのお財布を持っている姿は、バッチリ決まっていますね!

メッセージカード

こちらもリボンと同様に、ギフト用に購入した場合にのみ付属するものかもしれませんが、メッセージカードが付属しています。

付属のメッセージカード

カードをおさめる封筒は、箱と同じ高級感のある茶色のもの。
その背面にもCOCOMEISTERというロゴマーク。

付属のメッセージカードに印字されているCOCOMEISTERというロゴマーク

中にはメッセージを書き込むための白いカード。
そしてそれをセットするための茶色のカバー。

メッセージカードに入っていたもの

実際にカードをセットすると、こんな感じになります。

メッセージカードをセットしている様子

天然皮革の取り扱い方の説明書

はるるもそうですが、ココマイスターさんの製品で初めて天然皮革のお財布やバッグを使う、という方もいらっしゃると思います
そんな方にはとっても助かる天然皮革の取り扱い方をまとめた説明書が付属しています。

付属している天然皮革の取り扱い方をまとめた説明書

天然皮革は水分にとても弱いため、もし水分が付着した場合はすぐに拭き取った方が良いなど、他の素材とは異なる取り扱い上の注意点があります。
そのため初めて天然皮革の製品を使う方は、一通り見ておいた方が良いかと。

生徒必携革手帳 生徒手帳

こちらは生徒手帳を模した、革製品取り扱い上の心得をまとめたもの。

付属の生徒必携革手帳 生徒手帳

色移りやカビ予防などに関する心得が書かれており、一部天然皮革の取り扱い方の説明書と内容が重複しますが、こちらもしっかりと読んでおくと良いでしょう。

皮に関する知識がたくさん書かれた6年生の革講座

こちらはサブタイトルに『必ず知りたい天然皮革の基礎知識』とあるように、天然皮革の製品を使用される方が、最低限知っておきたい天然皮革に関する基礎知識がまとめられています。

付属の6年生の革講座

こちらもカタログ同様、しっかりと製本された小冊子となります。

以上の6点が紙袋の中に入っていたもの。

ブライドル・インペリアルウォレットの同梱物一覧

尚、プレゼントをいただいた時に、きっとブログで紹介するだろうから。
と友人が教えてくれたんですが、他に返品に関する案内書と納品書が各1ずつ入っていたそうで、実際には計8点 + 紙袋が送られてきたそうです。

いよいよ開封!ココマイスターさんの長財布 ブライドル・インペリアルウォレット

さて、同梱物のご紹介も終わったので、いよいよ長財布本体が入っている箱を開封しますよ~!

さっそくリボンを外して箱を開けてみましょう!
まずはギフトラッピングのリボンを外して。

ブライドル・インペリアルウォレットの箱

そして箱を開けます!

ブライドル・インペリアルウォレットの箱を開けた様子

お!箱のなかにはさらに高級感あふれる布製の袋。
ホントに丁寧な包装ですね!

はるるがこれまで購入してきたお財布では、こんなに高級そうな袋に入っていたことはなく。
さらにココマイスター(COCOMEISTER)さんの長財布に対する期待感が高まります。

ちなみに箱の中には、以下のような注意書きが入っていました。

ブライドル・インペリアルウォレットの箱に入っていた注意書き

天然素材なので、シワや色の濃淡が起こるのはたしかに仕方がありませんよね。

さて、箱からお財布の入った袋を取り出してみると、このように高級感のある袋は意外に大きいもの。

箱に入っていた袋

この袋、お財布を取り出した後は、小物を入れるための袋として使うなど、何か他のことにも使えそうだなぁと感じます。

そして高まる期待感を抑えつつ、いよいよお財布を取り出します!

ブライドル・インペリアルウォレット

おお!
格好良い!

はるるが友人に買ってもらったブライドル・インペリアルウォレットの色は、ブラウン。
実物は、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの商品紹介ページに掲載されていた商品画像に比べ、より明るいブラウンという印象。
そして想像していたよりも落ち着いた色で、かなり良い感じ

ちなみに左下を手で押さえているのは、お財布自体に閉じた状態の型がしっかりとついておらず、勝手に開いてしまうため。

表面に白いクリームや粉のような、そして一見汚れのようにも見える物体が付着していますが、これはもちろん汚れではありません。
そしてこれがブライドル・インペリアルウォレットに使用されているブライドルレザーの最大の特徴です。

先にも書いたとおりブライドルレザーは、革をタンニンという物質でなめして、ロウや植物性油脂などのワックス剤を革に塗りこんで仕上げて作られています。
そしてこの革に塗りこまれているロウや植物性油脂などが表面に浮き出ているのが、先の白いクリーム状・粉状の物質で、ブルームと呼ぶそうです。

このブルームは手で触ってもベトついたり、指に粉がついたりはしません。
また使用しているうちに少しづつ薄くなっていき、強い光沢が出るんだとか。

そのためこのまま使っていけばOKのようですが、ブルームが気になるので取ってしまいたい!
という方は、柔らかい綿の布などで拭き取ってから磨いてあげることで、すぐに光沢を出せるとのこと。

はるるの場合は、内装に使用されているヌメ革と同じく、革の色や風合いが少しづつ変化していくのを楽しみたいと思い、このままブルームを拭き取らずに使用することに。

このブルームに、以下のように光をあてて別の角度から見ると、革の表面に付着・浮き出ている白いクリーム・粉状の物質がよく見えるはず。

左手で持っているブライドル・インペリアルウォレット

この画像を見ていただくと分かるとおり、ブライドル・インペリアルウォレットは長財布の中でも、長さ(横幅)が長め。
各部の寸法は、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの商品紹介ページによると、縦19cm、横19.1cm、厚さ2.6cm、折りたたんだ状態の縦は9.3cmです。

ただ職人さんによる手作りで作られているお財布のため、各部の寸法は多少前後するかもしれません。
実際はるるのお財布では、厚さが紹介ページの寸法よりも少し大きかったです。

その他ポケットの数などの詳細は、以下のとおり。

ブライドル・インペリアルウォレットの寸法図

(ココマイスター – 商品紹介ページより引用)

カードポケットが13個もあり、たくさんのカード類が入れられるため、カードを入れる場所がなくて困る!
といったことは、そうそう起こらないのではないかと。

尚、ここからご紹介する画像では、多少のピンぼけが起こってしまっていること、あらかじめご了承ください。

どうもはるるが使用しているスマホのカメラでは、革の光沢によるものか、接写の際にピントがうまく合ってくれず。
このエントリーのために合計500枚ほど写真をとったのですが、どれもピントがブレブレだったり、暗い感じの画像だったり…。
その中でも、比較的しっかりと撮れた写真を使ってご紹介します。

それではまずは、お財布の中を見ていきましょう!

ブライドル・インペリアルウォレットの内装部について

こちらがお財布の中を開けた直後の状態。

新品のブライドル・インペリアルウォレットの内側

ファスナーの金具で革が傷まないように、金具近辺の場所や札入れの部分が紙やスポンジで保護されています。
こういった商品の品質を高める(お客様に届くまでは傷がつかないようにする)ための細かい気づかいもスゴイですね!

保護用の紙やスポンジを取り出した状態がこちら。

新品のブライドル・インペリアルウォレットの内側

先の画像は暗めに写ってしまったので、もう1枚。

新品のブライドル・インペリアルウォレットの内側

内側は一面ヌメ革という革で作られており、鮮やかな肌色がとってもキレイ!
このヌメ革ですが、エイジング(使い込むことによる経年変化)により色が茶色に変わっていくそうで、今からどんな色に変わっていくのか楽しみです!

そして手前側には、カードポケットが2つあります。
こちらはカードが取り出しやすい位置なので、頻繁に使用するクレジットカードやポイントカード、銀行のキャッシュカードなんかを入れておくと便利そうですね!

実際にカードを入れてみると、以下のようになります。

ブライドル・インペリアルウォレットの内側にカードを入れている様子

カードポケットには適度な深さと抵抗感があるので、お財布を落としてしまった際にカードが勝手に飛び出てしまうことはないでしょう。

このカードポケット上部のお財布の中心部分には、ココマイスターさんのロゴマーク。
ただこのロゴマーク、カードをカードポケットに入れてしまうと、その一部が隠れちゃうんですけどね。

ブライドル・インペリアルウォレットの内側のココマイスターのロゴマーク

次にお財布のフタ側は、以下のようなデザインとなっています。

財布の内側のフタ側の様子

こちらにもカードが合計7枚入り、視認性が高いので、目的のカードを見つけやすいはず。
尚、こちらのカードポケットはかなり深く、奥までカードを押し込むと、取り出しの際にけっこう大変なので、ご注意を。
(以下の画像では、浅めにカードポケットにカードを入れています。)

財布の内側のフタ側のポケットにカードを入れている様子

こちらは紙幣を入れるための札入れ部。

札入れ部の様子

札入れ部には、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの商品紹介ページによると、100枚前後のお札を収納可能とのこと。
常にお財布に100枚以上の紙幣を入れて持ち歩く、という方はそうはいないと思うので、多くの方にとっては十分な収納能力でしょう。

実際に千円札を1枚入れてみると、このような感じになります。

札入れ部に1000円札を入れている様子

横幅、高さ共にある程度余裕を持った作りのため、より大きめな5千円札や1万円札を入れても、紙幣が入りきらずに端が折り曲がってしまうようなことは起こりません。

そして札入れの手前(フタ)側にはファスナー付きの小銭入れ。

小銭入れの内部

この小銭入れと札入れ部に設けられたマチが、はるるが友人からプレゼントしてもらうにあたり、ココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレット 長財布に決めた一番の理由。

またファスナーの開閉は非常にスムーズで、開け閉めがしやすく素晴らしいです。

開け閉めがしやすい金色のファスナー

ただファスナーは金色なので、人によってはもう少し落ち着いた色の方が良いと感じるかもしれませんね。
実ははるるもその一人。

そしてこの小銭入れに、実際に硬貨を入れた様子は以下のとおり。

小銭入れに硬貨を入れている様子

さらに硬貨を入れた状態でファスナーを閉めると、こんな感じ。

硬貨を入れた小銭入れのファスナーを閉めている状態

ヌメ革がふんだんに使われた内装のご紹介が終わったので、次はブライドルレザーで作られた外装部のご紹介。
といっても、内装部と違い機能的な特徴はあまりないので、その形状やブライドルレザーの色味、ブルームの風合いについて、異なる角度から撮った画像を使ってご紹介します!

ブライドル・インペリアルウォレットの外装部について

ココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレット最大の特徴は、外装に使用されたブライドルレザーとそれに発生・付着するブルームでしょう。

このブルームを分かりやすく撮影したのがこちらの画像。

ブライドルレザーに発生・付着しているブルーム

革表面の白いクリーム状・粉状のブルームが特徴的ですね。
またこの画像をご覧いただくと分かるとおり、かなり明る目のブラウンとなっています。
ただ自然素材なので、個体ごとに多少の色の濃い、薄いといった違いがあるのではないかと。

また外装を眺めていてはるるが驚いたのが、その丁寧な仕上げや縫製です。
こちらは外装部の縫い目を接写したもの。

外装部の縫い目の様子

キレイに直線で縫われており、とても丁寧な印象を受けます。

また角の整形にはコバ磨きという技術を使っているそうで、これもとても美しい!

角のコバ磨き仕上げ

札入れや小銭のマチの角の部分などにも、このコバ磨きが行われており、ホントに美しい!

財布の側面部のコバ磨き仕上げ

お財布の下側にあたる部分(下記画像では右側)の角の処理にも、コバ磨き。
コバ磨きは技術が必要で、さらに時間がかかる作業らしいので、かなりの手間をかけて作られているのでしょう。

左手で持っているブライドル・インペリアルウォレット

ブライドル・インペリアルウォレットのブラウンは、よく見ると明るめのブラウン。
ただ光の加減によっては、濃い黒色のようにも見えます。

左手で持っているブライドル・インペリアルウォレット

最後にブルームの風合いが良く分かるであろう画像を3点ご紹介します。

ブライドルレザーの外装部に付着しているブルームの様子

見る角度や光のあてかたで、色や風合いが大きく変わるのは、本当に不思議で魅力的。

ブライドルレザーの外装部に付着しているブルームの様子

光が強く反射するような角度から見ると、ブルームの風合いがよく分かります。

ブライドルレザーの外装部に付着しているブルームの様子

以上でココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレット 長財布のご紹介が終わったので、次は実際に数日使ってみた感想をご紹介しようかと。

ココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレット 長財布を使ってみて感じたこと

はるるが実際にココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレット 長財布を数日使ってみて感じたことは、以下のとおり。

革がかたい!

これはココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレットに限らず、本革製品共通の特徴なのかもしれませんが…。
本革製のお財布を初めて使ったはるるとしては、最も戸惑った点。
それはとにかく革がかたいこと。

それにより使いにくいと感じるケースがちらほら。

たとえばお財布のフタが閉まらないとか、小銭入れから小銭を取り出しづらいとか、札入れへの紙幣の出し入れがしづらいとか、ね。

お財布のフタが閉まらないのは、先ほどお財布の左下を手で押さえている画像を紹介した時にも軽くふれましたが、革がかたく、フタが閉じた状態の型がしっかりとついていないためか、勝手にフタが開いてしまい、以下の画像のような状態になってしまうこと。

新品のブライドル・インペリアルウォレットの内側

小銭入れへの硬貨の出し入れや札入れへの紙幣の出し入れがしづらいのも、革がかたいことにより、マチの部分がうまく可動しないことによるもの。

この革のかたさによっておこる問題は、お財布を使い込んでいくうちに革が柔らかくなっていく、折り目のくせや型がついていくことにより、徐々に解消されるそう。
とはいえ、革がかたい間はそれなりに難儀します。

早く革が柔らかくなってくれると良いのですが…。

水分に気を使う!

これもブライドルレザーにかぎらずですが、天然皮革全般の特徴として、水分に弱い点が挙げられます。
そのため小雨でもしっかりと傘をささないと、手に持っていた財布に水分が付着すると跡が残ってしまうなどの問題が起こります。

これまで使っていた合成皮革のお財布では、多少濡れても問題がなく、あまりに気にしていなかった点なだけに、気を使います。

革のニオイがする!

これは革ごとに異なるとは思いますが、布製や合成皮革のお財布からは感じない、革独特のニオイがします
それほど強いニオイではありませんし、短時間お財布を持っていただけで手に移るほどの強烈なニオイというわけではありません。

はるるは好きでも嫌いでもないニオイですが、人によっては苦手、という方もいらっしゃるかもしれません。

ニオイについては通販では調べようがないので、ニオイに敏感な方は通販で買うのではなく、実店舗に行ってニオイを嗅いでからにした方が良いのかも。

革が美しく、オシャレで素晴らしい!

これがココマイスター(COCOMEISTER)さんのブライドル・インペリアルウォレットの最大の魅力だと思いますが、革が美しく、オシャレで素晴らしいんです!

見る角度によって色や風合いが変わるブライドルレザーは、ホントにキレイ!

またシンプルな落ちついたデザインなので、20代以上の大人であれば男女を問わず、どの年齢層が持ってもおかしくはないと思います。(高価なお財布なので、高校生などは簡単には買えないでしょうけれど。)

総合的には大満足!

今はまだ使い始めたばかりなので革がかたく、正直に言うと、使いづらい場面も多々あります。
それでも革の美しさは素晴らしく、品質にも大満足!

革のかたさは、使い込むうちに自然に改善される。
またそれによる革の色・風合いの変化、いわゆるエイジングも楽しめるそうなので、それが今から楽しみです!

このエントリーを読んで、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの製品に興味が出てきたかも!という方は、ぜひ以下の公式のサイトをご覧になってみてください。

ブライドル・インペリアルウォレットなどのお財布製品以外にも、キーケースやバッグなどオシャレな商品がたくさんあるので、他にも欲しいものが見つかるかもしれませんよ~!

ココマイスター(COCOMEISTER)さんの製品は、ギフト(贈り物)にピッタリ!

先にもご紹介したとおり、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの製品を購入すると、無料でギフト用のリボンラッピングをしていただけます。(詳細はココマイスターさんのギフトをお考えの方へをご覧ください。)

またはるるが友人からプレゼントしてもらったブライドル・インペリアルウォレット 長財布をはじめとして、ココマイスターさんの製品はどれもシンプルで落ち着いた高級感のあるデザインのものばかり
そのため男女を問わずおすすめでき、ギフト(贈り物)にピッタリ

父の日や母の日、誕生日、そして結婚記念日などにギフトとして贈ったら、きっととても喜ばれるんじゃないでしょうか。

ちなみにココマイスター(COCOMEISTER)さんでは、注文の約半数がギフトだとか。
これはホントにスゴイですね!

注文から到着までわずか2日のスピード対応!

これからココマイスターさんの製品を購入される方の参考になるんじゃないかと思い、注文から商品の到着までどれくらいかかったのか友人に聞いたところ、注文した翌々日に届いたとのこと。

具体的には、注文日の21時2~3分前後に注文処理を確定。
その翌日に受注確認のメールが届き、その日のうちに発送。
さらに翌日の夕方ころに、自宅に届いたんだとか。

そのため注文確定後は、非常にスピーディーに対応していただけるようです。

だから、彼氏が来週誕生日。
プレゼントにココマイスター(COCOMEISTER)さんのお財布をプレゼントしたいけれど、今からの発注で間に合うかなぁ、なんて場合にもなんとかなるかも。

ただこれは、商品の在庫状況やお住いの地域の場所によっても変わるかもしれないので、絶対に間に合うとは言えませんが…。

ちなみに公式サイトのよくある質問ページによると、最短3日、最長7日程度で届く旨記載がありました。

商品を注文したいんですが、いつ届きますか?
ご注文後、最短で3日、最長で7日程度かかる場合があります。

(ココマイスター – ココQ&A よくあるご質問より引用)

これを見ると、はるるの友人のケースでは最短日数で届いたみたいですね。

ココマイスター(COCOMEISTER)のお財布が売り切れの場合は、販売お知らせメールに登録しておくべし!

最後になりましたが、今回ご紹介したブライドル・インペリアルウォレットをはじめとした、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの商品はとっても評判が良く、大変人気の商品ばかり。
そのため欲しいと思っても職人製造中と表示されていて、すぐには購入できない商品も多いです。

そんな時は各商品の紹介ページの下部に、販売お知らせメールに登録するフォームが用意されています。
これに登録しておけば、販売再開される少し前、前日や前々日に、いついつから○○○○という商品の販売を再開しますよー!
といったお知らせメールが届くようになります。

そのためココマイスターさんの商品が欲しい方は、販売お知らせメールの説明ページをご覧の上、販売お知らせメールに登録しておくと良いかと。

またココマイスターさんの商品を手に入れやすくするためには、事前にココクラブ会員に入会・会員登録しておくのもおすすめです。
これはココクラブ会員に登録し、ログイン状態のまま注文開始時間を待てば、購入の際に住所入力などが不要になり、商品を購入できる可能性が上がるため。(購入は早いもの順で、購入手続きを完了させた方が買える仕組みとのこと。)

ブライドル・インペリアルウォレットに限らず、ココマイスター(COCOMEISTER)さんの商品の購入を検討されている方は、次回の販売再開に備え、ぜひ登録してみてくださーい!

 - ファッション・小物, 購入・レビュー

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク