29歳、離婚しました。

家事は元妻にまかせっきり。そんな生活力ゼロ男の離婚後の生活を綴ったブログです。著者がその後の生活の中で見つけた生活術やお役立ち情報をお届けします。

XSERVERのX10プランに移転したら応答時間が6.2倍速くなった!

      2018/04/22

はるるはつい先日まで、このブログをロリポップさんのロリポ(現ライト)プランを使用して運営していました。(このブログの構成についての詳細はこちら。)
ですが後述する不満を解消するために、先週の木曜日に急きょXSERVERさんのX10プランに移転しました。

そこで今回は、1週間ほどXSERVERさんのX10プランを使ってみた感想をシェアしたいと思います。

レンタルサーバーを移転させようと思ったわけ

はるるがレンタルサーバーを移転させようと思ったのは、以下のような理由から。

ロリポップはとにかく重い!

このブログは先に書いたとおり、以前はロリポップさんのレンタルサーバーサービスである、ロリポ(現ライト)プラン(月額税抜250円)を使用していました。


月額税抜250円という激安価格のレンタルサーバーですが、WordPressを使用可能で、ドメインも最大50まで使用可能と、かなり使い勝手の良いレンタルサーバーです。

ですが1点だけ問題が。
それはとにかく重いということ。

このブログの運営開始当初からページの表示が重いとか、管理画面の応答速度が遅いなぁ
と感じてはいたんですが、ブログの更新を優先し、対応を後回しにしてきました。
でも、ふと思ったんです。

せっかく訪問していただいたユーザーさんを、ページの表示が遅いせいで待たせてしまっている。
もしかしたらそれによって、ページを見てもらえずに、ブラウザの戻るボタンでヒストリーバックされているのかもしれない。

これはユーザーさんにとっても申し訳ないことだ、と。

さらにWordPressの管理画面の応答速度が遅く、管理作業やブログ執筆の際に待たされてしまい、効率が悪かったので、これを改善したいとも。

転送量制限が心配!

ロリポップさんの転送量制限は、ロリポ(現ライト)プランでは1日5GBまで(2015年5月現在)と決められています。

これはたとえば、仮に1リクエストあたりの通信が3.0MBとすると、1707リクエストで達してしまう計算(≒ (1024 × 5) ÷ 3)。
実際には、mod_expiresなどでブラウザのキャッシュを設定するでしょうから、こんな単純計算にはならないと思います。
ですが転送量制限の限界値はあまり高くないのです。

GWだし、今がチャンス!と思いついた!

レンタルサーバーの移転には、トラブルがつきもの。
ダウンタイムは可能な限り、ゼロであることが望ましいですが、トラブルが発生してしまう可能性はゼロではありません。
そこで作業時間が多く取れる、連休前半の深夜がサーバー移転には最適。

ならば、GWが始まる今がチャンス!
と思いついて、当初は5月2日(土曜日)の深夜にやろうーっと。
なんて思っていたのです。

ところが…。

移転先をどこにしようかなぁなんて調べていたら、だんだんと今すぐに移転したい!
と思ってしまいまして…。

結局4月30日木曜日にレンタルサーバーの移転を実施してしまった、というわけ。

移転先をXSERVERさんに決めたわけ

これはとってもシンプル。

評判の良さそうなレンタルサーバーをネットで検索したところ、レンタルサーバーの各種比較サイトで、全体的に一番評価が高かったのがXSERVERさんだったため。



他に評判が良く、候補に挙がったのが、こちらのSIXCOREさんのS1プラン



SIXCOREさん(S1)は月額料金が、税抜1,800円と大分高いのがネックとなり、不採用。

もう一つはXSERVERさんのWordPress専用のレンタルサーバー、wpX



wpXはWordPress専用のレンタルサーバーという位置づけで、WordPressにしか使わない!
という方であれば最適なんでしょうが、htmlを配置できないなど、いろいろと制限が多いそう。

はるるの場合、もしかしたら他の用途にも使うかも、という理由でこれも不採用としました。

ちなみにXSERVERさんの正式な書き方はXserverなんでしょうか、XSERVERなんでしょうか…。
公式のwebサイトでも以下のように、トップロゴ(左上)と左下のロゴで表記がゆれています。

XSERVER公式ウェブサイトのトップ画面

(XSERVERさん公式webサイトより引用)

本エントリー中は、左上のトップロゴがXSERVERなので、それを採用したいと思います。

移転作業は30分ほどで完了!

移転作業の詳細については、とても丁寧に解説されているサイトが他に多数あるので、ここではふれません。

作業時間は大体30分ほどだったかと。

基本的な流れは、ロリポップのレンタルサーバーのデータをXSERVERに移動し、最後にドメインのDNSサーバーを、ロリポップからXSERVERのDNSに変更するだけです。

DNSサーバーの変更の反映は、キャッシュの影響などにより多少時間がかかります
そのため変更直後は、移転前のロリポップのレンタルサーバーにアクセスしてしまうこともありました。
ですがDNSサーバーの変更から1週間ほど経った現在では、すべてのアクセスが、移転後のXSERVERの方にアクセスするようになっています。

レンタルサーバーの移転を考えている方は、このような都合から契約期間終了の2~3週間前には、移転作業を開始しておいた方が良いでしょう。

XSERVERに移転したら、ページの表示がとても早くなりました!

XSERVERにこのブログを移転した結果、肝心の速度はどうなったのか、というと。

ページの表示がとても早くなりました!

これはもう明らかに早いです。
サクサク表示されます。

今まではアクセスしてから、数テンポ待たないと、ファーストビューのレンダリングが始まらなかったんですが、移転後はすぐに表示されるようになったため、待ち時間がほとんど発生しなくなりました。

とまぁ、はるるの主観では明らかに高速化されたわけなんですが、数字で客観的に見ないと説得力がないですよね。
というわけで。

PageSpeed Insightsによると、応答時間は約6.2倍!

webサイトのパフォーマンスを計測するツールとして、もっともお手軽なGoogleさんのPageSpeed Insightsで比較してみるとこのような感じ。

移転前(ロリポップ ロリポ(現ライト)プラン)

モバイル、パソコンのスコアはそれぞれ、43と54とかなり良くない数字…。

ロリポップのPageSpeed Insightsのモバイル計測結果

ロリポップのPageSpeed InsightsのPC計測結果

(Google – PageSpeed Insightsより引用)

でも何よりも致命的なのがこちら。

ロリポップのサーバー応答時間

(Google – PageSpeed Insightsより引用)

サーバー応答時間4.2秒って…。
それは体感でも遅く感じてしまいますよ…。

移転後(XSERVER X10プラン)

ではこれが、移転後にどうなったのかというと。

XSERVERのPageSpeed Insightsのモバイル計測結果

XSERVERのPageSpeed InsightsのPC計測結果

(Google – PageSpeed Insightsより引用)

なんとサーバーを移転させただけで、モバイル版のスコアが43→55に12ポイントアップ!
PC版にいたっては、54→72に18ポイントアップ!

これはスゴイ!

でもさらにすごいのが、サーバーの応答時間!

XSERVERのサーバー応答時間

(Google – PageSpeed Insightsより引用)

4.2秒→0.68秒と、まさかの約6.2倍という驚異の速度アップ!

これには本当にビックリ!
すごいです、XSERVER X10プラン!

とはいえ、まだまだスコアが低いので、ブログ更新の合間を見て、各部の最適化をはからなければいけないなあ、と反省…。

クロールの統計情報にも、明らかな変化が発生!

ウェブマスター ツールにも明らかな変化が起こりました。

こちらはクロールの統計情報の過去90日間のデータ。
反映が数日遅れるので、サーバー移転後4日分のデータしかありませんが、こちらにもえっ!?と驚くような変化が。

Google Search Consoleのダウンロードに関する情報

(Google – ウェブマスターツールより引用)

どこでサーバーを移転したのか一目瞭然ですよね。
右端の数日分が移転後のデータです。

移転前のサーバーをPageSpeed Insightsで、何度計測してもサーバー応答時間は4秒を切ることはありませんでした。
ですがこちらのページのダウンロード時間では、1.5秒前後で推移しています。
それが移転を境に0.6~0.9秒ほどに。

さらにそれと時を同じくして、1日にダウンロードされるキロバイト(KB)も2倍前後にまで増えています。(ちなみにクロールされたページ数はほとんど変わらずだったので、図は省略。)

これらの因果関係は不明ですが、ここまで露骨に同時に変化しているので、何らかの関連はあるんじゃないかと…。

レスポンスが早くなったことは、Googleのクローラーさんにも優しいwebサイトになった!
ということでしょうから、クロール頻度を上げてくれると嬉しいのですが。

そううまくはいかないでしょうね(笑)。

管理画面の表示スピードが格段に上がった!

はるるがXSERVERさんへの移転によって、最も体感したのがこれ。

間違いなく、WordPressの管理画面の表示スピードが向上しています。
段違いです。

そのおかげで、管理作業の効率がかなり上がったと感じています。

画像のアップロード速度が上がった!

このブログでは時々、画像を20個ぐらい使ったエントリーをアップロードするので、複数の画像を一度に管理画面上からアップロードすることがあります。

この時ロリポップさんのレンタルサーバーではかなり待たされていたんですが、XSERVERさんに移転してからはすこぶる快適。
1画像あたり、0.5秒もかからずにアップロードできるようになりました!

バックアップにかかる時間が1/3になった!

このブログでは、UpdraftPlus – WordPress Backup and RestorationというWordPressのプラグインを使い、Googleドライブにバックアップを定時に取得しています。

これが結構重い作業らしく、バックアップ中の約300秒間は、ブログへのアクセスが非常に重たくなっていました。
しかしサーバー移転後は、これが1/3の100秒弱で完了するようになり、さらにバックアップ中であっても通常時と変わらずに、アクセスをさばいてくれるようになりました。

これも素晴らしい!

転送量の目安はX10の場合、70GB/日

XSERVERさんのX10プランでは、転送量の目安は70GB/日(2015年5月現在)となっています。

これはロリポップさんの5GBと比べると、実に14倍!

これだけの転送量がOKということであれば、よほどのアクセス数があるか、画像をふんだんに使ったサイトでもないかぎり、そうそう転送量の目安を超えることはないはず。

唯一のデメリットはコストアップのみ!

XSERVER X10プランへの移転に伴うデメリットは、このブログでは月額料金が4倍になった(税抜250円→税抜1,000円)、という点以外はありませんでした。

料金と比例するものではないですが、料金が約4倍でサーバーの応答速度が約6.2倍になったわけですから、かなりお得だという気がします。

そのためサーバーが重くて困っている、ページの表示速度をもっと早くしたい!
という方は、ぜひXSERVERさんへのサーバー移転を検討してみてください!

ちなみにXSERVERさんでは、下記バナーから無料で最大10日間のお試し利用が可能です。



興味がある方は、まずは無料のお試し期間で、その速度を体験してみてはどうでしょうか。
きっとその速度にビックリすると思いますよ!

 - WordPress, ブログ運営

ピックアップ コンテンツ&スポンサーリンク